2019年10月15日

日本ラグビーの躍進を思う。

ツイートした。
#ラグビー日本代表 #清宮副会長 #拡散希望

「外国人選手が過半」のため、日本代表ではないとの批判がある。
そこで、日本ラグビー協会はマスコミ報道各社に、「日本代表選手を紹介する時は、所属チームをテロップせよ」と要請すべき。
次回の南アフリカ戦まで。トップリーグの繁栄のために!


ラグビーの大躍進は、日本の高校ラグビー・大学ラグビー・社会人トップリーグの勝利だと思う。

なによりも、中心選手を年間240日間、代表合宿に貸し出した「日本トップリーグ」の所属チームたちの英断は、賞賛されてよい。

さらにいえば、日当1万円で1日4回の猛練習を許容し、耐えた選手たち。グラウンドの選手は同然だが、最終メンバーに残れなかった選手たちにも、惜しみない賞賛を贈るべきである。


「大会スポンサー、番組スポンサーへの配慮」もあるだろうが、選手紹介のテロップぐらい「なんとかなる」はず。

ラファエレティモシー選手にしたって、風貌は日本人とはかけ離れている(ニュージーランド出身・サモア生まれ)が、山梨学院大学、コカ・コーラ、現在は、神戸製鋼である。

われらがキャプテン・リーチマイケルは、札幌山の手高校、東海大学、東芝。

それら、高校・大学・社会人チームの関係者を賞賛するためにも、字幕での紹介は有効である。

ま、ちと、大相撲の力士紹介のアナウンスのようでもあるが・・・。

posted by sponta at 08:47| 東京 ☁| Comment(0) | ネットウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マスコミが報じないこと。「普通に勝ったラグビー日本代表」

テレビ・新聞は、センセーショナリズムである。

したがって、中継番組のスタンドの解説者・沢木氏が語った。

・ふつうに勝てましたね。

が報道されない。


スクラム番長こと、長谷川慎スクラムコーチは、

「スコットランドが、スクラムを押してくるのではなく、上下に揺さぶり、ペナルティーを狙ってきた」ので、スクラムでの優勢は明確で、まったく心配していなかったと語った。

スコットランド戦の「勝敗の潮目」がどこにあったかといえば、ファーストスクラムだったのかもしれない。

試合開始は、「戦術うんぬん」ではなく、「ベアナックで殴り合う」状態であって、そこで、スコットランドにトライを許したのは、まったく問題はなかった。
「ベアナックで殴り合う」状態で、「相手の戦術と実力を図り」、ゲームプランを再構築して、実行する。ここから、日本代表の連続トライが生まれた。


テレビ中継では、グラウンド全体が映されないから、判断できないが、解説者には見えているから、「普通に勝ちました」とのコメントは真実である。

だが、それは、マスコミのセンセーショナリズムに反するから、けっして報道されない。
続きを読む

代表強化と国内リーグ振興。「サッカーとラグビー」の違い。

Jリーグが発足する前、サッカーとラグビーの人気の差は歴然だった。

プロスポーツが誕生する前のスポーツ人気は、「早慶戦」の人気で計ると分かりやすいが、私の若い頃、1980年代あたりまでは、以下だろう。

1. 野球

2. ラグビー

3. サッカー

だろう。

サッカーで国立競技場が人であふれたのは、サッカーの神様・ペレが来日したぐらい。日本リーグのヤンマーディーゼル(釜本選手が在籍)と三菱重工の試合でも、満員という話を聞かなかった。

一方、大学ラグビーは、「早稲田vs.明治戦」では、秩父宮の観客席が少ないので、国立競技場で行われるといったことが起きた。
続きを読む

2019年10月14日

日本代表のラグビーを「武士道ラグビー」と名付けよう。(その4)

ブレイブブロッサム(勇敢なる桜の戦士)というのが、日本チームの別名だが、フランス代表の「シャンパンラグビー」にならって、日本チームの戦い方を「武士道ラグビー」と名付けたいと思う。

では、「武士道」とは何か?

簡潔にまとめたいと思う。
続きを読む

2019年10月13日

日本代表のラグビーを「武士道ラグビー」と名付けよう。(その3)


ブレイブブロッサム(勇敢なる桜の戦士)というのが、日本チームの別名だが、フランス代表の「シャンパンラグビー」にならって、日本チームの戦い方を「武士道ラグビー」と名付けたいと思う。

では、「武士道」とは何か?

簡潔にまとめたいと思う。
続きを読む

2019年10月12日

日本代表のラグビーを「武士道ラグビー」と名付けよう。(その2)


ブレイブブロッサム(勇敢なる桜の戦士)というのが、日本チームの別名だが、フランス代表の「シャンパンラグビー」にならって、日本チームの戦い方を「武士道ラグビー」と名付けたいと思う。

では、「武士道」とは何か?

簡潔にまとめたいと思う。
続きを読む

2019年10月11日

日本代表のラグビーを「武士道ラグビー」と名付けよう。(その1)

キャプション(タイトル)は重要である。


女子ゴルフの渋野日向子さんは、イギリスのゴルフジャーナリストから「スマイリング・シンデレラ」と形容され、世界中に広がった。

本人は「シンデレラなんて言い過ぎです」と謙遜するが、「彼女が試合中に、笑顔で周囲を楽しくさせる」ことが、全世界に周知された。
プレイの途中で、「お酒のつまみ系おかし」。たとえば、「タラタラしてるんじゃねーよ」という「鱈の擂り身のお菓子」を食べるのも話題になっていたから、「おやじつまみ系〜」なる形容も可能だったが、そういう別名はない。

好感度の高い彼女の笑顔は、たとえそのような「揶揄」があっても、一笑に伏してしまう。


かつてのフランス代表のラグビーチームのプレイは、「シャンパンラグビー」と賞された。

攻撃の時、シャンパンの泡のように「味方選手が現れる」華麗のプレイスタイルだったから。
私は、フルバックのブランコ選手のファイブネイションズでの華麗なプレイを忘れない。
続きを読む

2019年10月10日

ハズキルーペのコマーシャルの嘘。

といっても、大したことではない。だが、嘘は嘘。

ハズキルーペをかけた俳優諸氏が、「ハズキルーペ大好きッ」と発言しているが、ハズキルーペをかけた状態では、「虫眼鏡を目の前に当てている状態」なので、前がボヤケているはず。

なのに、俳優たちは不平も言わず、コマーシャルを続ける。


私は、その点が気になったので、折りたたみ式の「なんちゃってハズキルーペ(価格も半分以下)」を購入している。


「お尻で踏んづけても壊れない」とうたっているので、「折り畳み構造」を採用できないのが、ハズキルーペ社の辛いところだろう。
posted by sponta at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | メディアウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月09日

「凪のお暇」は、ドラマとして成立していたのか?

「映画・ドラマの評価」を考察し続けている。

ハヤシライスを「カレーライスの評価基準」で吟味してはならぬとの意から、「映画・ドラマの分類」が前提である。

そして、4つの分類をすでに提示しているが、4項目目を変更し、以下にしたい。


・「情熱」の対決。
Duel of Passion

・喪失した「情熱」。
Loss of Passion

・喪失した「感情」。
Loss of Emotion

・「性質」の露出。
Exposure os Nature


TBS演出家・鴨下信一氏は、「最近のドラマにはアンタゴニストが足りない」と文句を言っていたが、昭和のドラマ(向田邦子作品)にも、アンタゴニストは少なかった。

父と娘が対立していても、「大喧嘩」はしないし、ノラのように「出奔」しない。「立場の対立」はあるにしても、それが「対決」に昇華しないのである。
続きを読む
posted by sponta at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | ドラマ・映画・演技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月08日

メンタリスト・Daigo氏、テレビを拒否する。

Daigo氏が激怒しているのは、京都アニメーションの事件に関して、テレビ局が「被害者名を公表した」から。

彼は母親を亡くしており、近親者の感情に寄り添ったのである。

私は、Daigo氏が正しいのか、テレビ局が正しいのかは分からない。


昔、長野に住む両親が、野山で採集したキノコを食べ、中毒になった。

とても苦しい状況だったようだが、病院に行くと、テレビニュースになるので、自宅で我慢した。

詳しい人に見てもらい「食べられる種類のキノコ」だったらしいが、「茹でて、茹で汁を捨てる」という調理法を誤った。
続きを読む
ファン
 メッセージを送る
 このブログの読者になる
 更新情報をチェックする
 ブックマークする
 友達に教える
RDF Site Summary
RSS 2.0