2018年06月26日

(死者に鞭を打つ)ブロガー(Hagex)刺殺に思う。


NHKの記事は以下。

24日夜、福岡市で、IT関係のセミナーの講師がナイフで刺されて死亡した事件で、殺人などの疑いで逮捕された男は
講師の背中や胸などを何度も刺したことが警察への取材でわかりました。警察は、インターネット上のトラブルが動機と見て、
いきさつを調べています。

24日午後8時ごろ、福岡市中央区にある企業の創業支援施設で、IT関係のセミナーの講師を務めた東京・江東区の会社員、
 岡本顕一郎さん(41)が、セミナーの終了後、トイレで男にナイフで刺され死亡しました。
 警察は、交番に出頭した福岡市東区の無職、松本英光容疑者(42)を殺人などの疑いで逮捕しました。
 調べに対し容疑を認め、「ネット上で恨んでいた。死なせてやろうと思った」などと供述しているということです。
 警察によりますと、松本容疑者は会場の施設で岡本さんを待ち伏せし、背中や胸、首などを何度も刺したということです。

その後、松本容疑者が出頭した直前、インターネット上に、「俺を『低能先生です』の一言でゲラゲラ笑いながら通報&
 封殺してきたお前らへの返答だ。『こんなことになるとは思わなかった』なんてほざくなよ。これから近所の交番に自首して
俺自身の責任をとってくるわ」などと書き込まれているのが見つかりました。
 警察は、松本容疑者が書いたものか確認を急ぐとともに、インターネット上のトラブルが動機と見て、いきさつを調べています。
 岡本さんは、インターネットセキュリティーの専門家で、各地のセミナーなどで講師をしていました。


■「ネットウォッチャー」の1人

 岡本顕一郎さんは、インターネットで「Hagex」という名前でブログを運営し、この中でネットの匿名掲示板やソーシャルメディアでのトラブルなどをいち早く紹介したり、わかりやすく解説したりする、いわゆる「ネットウォッチャー」の1人として知られていました。
 事件について岡本さんのブログの読者だったという人たちからツイッターには、「インターネットの楽しみ方のほとんどはHagexさんの影響を受けているといっても過言ではないので今回の事件のことは本当に悲しい」とか「ユーモアがあって愛もあっていつも楽しみに読んでいた」
 「これからいろいろ予定していたろうに、無念でしょうね」といった惜しむコメントが相次いで寄せられていました。
また、投資家で、岡本さんの知人の山本一郎さんは自身のブログの中で岡本さんについて、「仕事やウォッチにおける彼の姿勢は
真摯(しんし)で、ひよることもなかったし、興味のあることとないことがはっきりとしていて、人づきあいも彼なりに絞っていたように感じます」
 「惜しい人を亡くしたという惜別の念より、痛恨の思いのほうが強い。やりたいことも、やり残したことも多かったろうに」と述べています。


5chのコメントに、こんなのがあった。

報道で初めてhagexを知って見てきた。
2ch/5chのまとめの転載ばかりでつまらん。
ごく少ない自分で書いた話でも、ネットのよくある論調に乗ってるだけで、オリジナルの意見とは言えない。
こんなつまらんブログ、本当に読者いるんか

------------------------------

>>1
>岡本顕一郎さんは、インターネットで「Hagex」という名前でブログを運営し、この中でネットの匿名掲示板やソーシャルメディアでの
>トラブルなどをいち早く紹介したり、わかりやすく解説したりする、いわゆる「ネットウォッチャー」の1人として知られていました。
こんなの自業自得じゃないか
 どんなにまともなことを言って味方が大勢いても、トラブルに足を突っ込んでる時点で恨みを買う
 このコメントを岡本さんの家族や関係者が読めば腹が立つだろう
 そゆことを岡本さんって人は続けてたわけだから

hagex氏のブログ



ブロガーである私の感想を言えば、

「話せば分かる」と言った犬養首相は殺されたんだよ。

ってこと。

「ペンは、剣よりも強し」というのは、負け犬の遠吠えだと思うが、時として「ペンは、剣の役割をする」のである。

そのことを察知していなかった被害者は短慮である。
続きを読む
posted by sponta at 07:12| 東京 ☁| Comment(0) | メディアウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「夢千代日記」をひさしぶりに観る。

最近の作品では、「ダメな演技」が目立つ吉永小百合嬢だが、この作品では何の問題もない。


小百合嬢の「ダメな演技」の理由は、「朗読の癖が出て、セリフに感情を込めてしまう」から。
「理想的な演技」とは、「セリフ・感情・動作」のそれぞれを「孤立的に扱うこと(アイソレーション)」である。

※ 朗読では、朗読者は「(すべてを知っている)神の立場」だから、「感情とセリフが同時に発生」しても、違和感はない。

だが、人間は、「感情が、セリフになる」。

または、「セリフが、感情を盛り上げる」。「感情とセリフが、ヨーイドンでスタートすること」はない。

だから、そういう演技を観ると、観客は違和感を感じる
続きを読む
posted by sponta at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | 芸術論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月25日

西城秀樹「ブルー・スカイ・ブルー」



青山葬儀場で、出棺時に流された曲が「ブルー・スカイ・ブルー」だという。

参列したファンたちが、YMCAの曲に合わせて、手を振る様子もオンエアされていたから、さまざまな曲が流されたのだろう。
だが、出棺時は、「ブルー・スカイ・ブルー」。この曲のスケールの大きさを改めて感じる。

西城秀樹氏は、アクション歌手ではなかった。
続きを読む
posted by sponta at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | メディアウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月24日

マービン・ミンスキーにおける「論理・類推・統計」


娘が入っている人工知能学会誌を読んでいる。

2018年5月号は、「コモンセンス(常識)」に関連した人工知能の考察が特集され、299ページには、マービン・ミンスキーの考えが示されている。

それは以下。
続きを読む
posted by sponta at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | スポンタと娘…。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月23日

日本は受信者責任型文化である。


日曜日の早朝、テレビ寺子屋(フジテレビ)を観た。

講師は、ジェフ・バーグランド京都外国語大学教授。
人の少ないアメリカの中部からやってきて、東京の通勤電車で、立ったまま寝る人がいるのに驚いた。
続きを読む
posted by sponta at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | スポンタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月22日

二世政治家は「悪」なのか。


生まれながらにして、「看板(知名度)・鞄(資産)・地盤(地元の支持)」を持つのが二世政治家。

それが「ずるい」。というのが、二世政治家批判だろう。

だが、「パーソナル形成論」的に言うと、悪いことではない。

「門前の小僧、習わぬ経を読む」の諺もあり、幼い頃から、政治を身近かに感じていることは、英才教育ともいえる。とはいえ、そのことが、「政治家」ではなく、「政治屋」という批判にもつながるのかもしれぬ。
続きを読む
posted by sponta at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | スポンタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月21日

ワールドカップの「ごみ拾い」と「もったいない」は同根。


日本人の根っこにあるのは、「多神教」「汎神論」である。

すべての物に「神が宿る」。だから、「物を粗末にしてはいけない」。→「もったいない」。

すべての場所に「神が存在する」。だから、「汚したままではいけない」。→「ごみ拾い」。

となる。
続きを読む
posted by sponta at 06:34| 東京 ☁| Comment(0) | スポンタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

娘の母校の100周年パーティー。


娘は、世代を越えた先輩のお誘いで、受付や進行役として参加した。

かつては名門校。

平凡パンチ誌にコラムを持ち、若者たちが憧れた植草甚一氏の母校でもある。植草氏の膨大なレコードコレクションは、散逸を逃れるためにタモリ氏が購入している。

植草氏はジャズ評論家でもあるが、娘と先輩をつなげたのもジャズ。

先輩は、新宿のライブスポットのオーナーである。
続きを読む
posted by sponta at 00:00| 東京 ☔| Comment(0) | スポンタと娘…。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月20日

試合後のスタンドのお掃除は、「運」を呼ぶため。


機能論的にしか分析されていないのが、マスコミの不備。
あるべき分析は、日本人の存在論・世界観である。

マスコミもウェブも、「日本の求心力を削ぐ」ことを目的に発信している人が多数存在するので、日本人の本質が語られない。

ファンの「お掃除という善行」は、自分たちに「幸運」が舞い込むためにやっている。

モラルの問題ではない。
続きを読む
posted by sponta at 09:08| 東京 ☔| Comment(0) | ネットウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サッカー日本代表の初戦勝利から読み解く。(戦術よりも兵站)


「素人は戦術を語り、プロは兵站(へいたん)を語る」。


兵站とは、「戦時の武器・食料の補給システム」。


サッカーでいえば、「コンディショニング」ということだろう。
それ以外は、「タレント」「戦術」ということか。

プロの重要度からいえば、

【情報戦】
        コンディショニング > 戦術 > タレント

【実力戦】
        コンディショニング > タレント > 戦術

ということか。


コロンビアは、ハメス・ロドリゲスのコンディション不良と、精神的な準備不足が、試合冒頭の躓きを生んだ。
続きを読む
posted by sponta at 07:45| 東京 ☁| Comment(0) | メディアウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ファン
 メッセージを送る
 このブログの読者になる
 更新情報をチェックする
 ブックマークする
 友達に教える
RDF Site Summary
RSS 2.0