2019年11月03日

雅子皇后が選ばれた理由(を推理する)。

spontaは、「評価基準」を明確にすることで、昭和な「主観の時代」を払拭しようとしている。

「主観の時代」とは、「権力者の時代」。「弱きものが強きものを払拭する」などありえない。


萩本欽一氏のかつての番組では、

・めだかの兄妹が、鯉や鯨になろうとしても、所詮は、めだかにしかなれない。

と、諦観している。

だが、それでよいのか。

「評価基準が開かされない」なら、すべてのコンクールは、審査員の好き嫌いがものを言う「ビューティーコンテスト」と変わりない。

つか、ビューティーコンテストも「人気タレント(土屋太鳳)の姉」という「(秘された)評価基準」で優勝すると批判される。


人気俳優・水嶋ヒロ氏は「(某)文学賞」を受賞し、ヒット小説を生み出した。だが、次回作の不発などにより、「(某)文学賞」の審査の恣意性を証明してしまった。

一方、吉本芸人は「芥川賞」を受賞し、いまも文学者としての地位を崩していない。彼のサバイバルを許しているのは、「評価基準を明確にしない文学界」があるから。これにより、「出版社の強権」が保持されている。

−−−だが、「芥川賞」がツマラナい・理解できない、そして、それが業界関係者によって批判されないなら、「芥川賞」自体が地盤沈下を起こす。
つか、原因と結果は逆で、文学界・出版界が地盤沈下を起こしているから、吉本芸人の著作が「芥川賞」を受賞したに違いない。


「評価基準が明確になれば、妥当性のない主観は否定される」。

だが、それを「強権者たちは許さない」。

そういう構造がある。

続きを読む

2019年11月02日

講談師・神田松之丞氏の至芸。

独演会の連日公演が即日完売だという。

彼の人気は寄席に限らず、テレビ&ラジオ番組にも進出している。


彼曰く、落語と講談の違いは以下である。

・落語: 対話で物語がすすんでいく。

・講談: ナレーションで物事が進んでいく。

見た目でいうと、

落語は「座布団に座って、つかうのは扇子と手ぬぐい」。上方落語では、小机が使われる。

一方の講談。張り扇と扇子で小机を叩く。
続きを読む
posted by sponta at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | 芸術論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月01日

勘違い女優、吉永小百合嬢を指摘する。

【主旨】

吉永小百合嬢は、「没入」型演技を目指している。

だが、スタニスラフスキーも蜷川幸雄も「没入」型演技を否定している。

あるべきは、「セリフ・気持ち・動作を孤立的にコントロール」することである。


NHKの「プロフェッショナル〜仕事を流儀」が彼女に長期密着ドキュメントした。


この番組を観て、俳優および俳優を目指す人たちが「彼女の振る舞い」を真似たら、悲惨なことになる。
その理由は、以下に反するから。

・「没入」型の演技術は間違っている。(青山昌文・美学芸術学教授)

・優秀な俳優はいつも「覚醒」している。「没入」して役に成りきり、自分自身を失うことはない。(演出家・蜷川幸雄)

放送大学の青山教授は、スタニスラフスキーの「俳優修行」の本は没入を否定しているのに、誤訳されていると指摘する。

私か察するところ「心理至上主義に侵された翻訳者の仕業」。

希代の演出家・蜷川氏は、平幹二朗氏は「客席の私を感じると、熱演の抱擁シーンでさえ、私が最適な角度で見えるように身体をズラした」。
ロンドンの俳優と仕事をした時も、本場の名優は「没入などしない」。いつも「(高度に覚醒して)自らをコントロール」と告白する。


だが、吉永嬢は、

・役になり切る。

と、(恥ずかしげもなく)発言する。

続きを読む
posted by sponta at 00:00| 東京 ☀| Comment(4) | ドラマ・映画・演技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月31日

ベスト8敗戦のラグビー日本代表への賛辞。

なんとも悔しい敗戦だったが、ベスト8でこの大会を去ったチームの顔ぶれを見れば、納得できる。

・オーストラリア(イングランドに敗戦)
・アイルランド(オールブラックスに敗戦)
・フランス(ウェールズに敗戦)

つまりは、ワラビーズ、 (あえて6ネイションズではなく)5ネイションズ優勝世界ランキング一位のアイルランド、シャンパンラグビーのフランスと、日本代表は同じ立場で、この大会を終えたのである。
続きを読む
posted by sponta at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | メディアウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月30日

Misiaは、歌が下手。

と、専門家が言わないから、一般大衆が勘違いしてしまう。


サミー・ディビスJrが日本公演をした時、前座をしばたはつみ嬢がつとめた。

すると、舞台袖にやってきたサミーが「糞」とつぶやいたのだという。

(その場にいた代理店氏から、妻が聞いた話なので、流通していないはず)

私は、娘とともに彼女の「マイラグジュアリー・ナイト」大好きだから、彼女の歌を「糞」とは思っていない。

だが、シナトラ・ファミリーの彼が「糞」というのだから、「糞」だったのだろう。

その話を初めて聞いた20年以上前は分からなかったが、今なら「糞」の意味が分かる。

しばた譲の歌は以下が欠落している。

・ハーモニー感

・タイム感

続きを読む
posted by sponta at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月29日

替え歌「ビクトリーロード」をNHKは是認するのか?

公共放送なのだから、「法律を守っていない行為」を批判すべきである。

ラグビー日本代表の愛唱歌「ビクトリーロード」は、ジョン・デンバー氏の楽曲に無断に歌詞をつけたのであって、それを「個人的に楽しむ」なら、鼻歌と一緒だし、ロッカールームで選手たちが全員で歌うなら、許容される。

だが、その行為を「テレビでオンエア」したり、それを「(最終選考に選ばれなかった選手が行った)美談」としてとりあげるなら、「公共放送と

して、法律を守っていないことを是認する行為」であって、批判されるべきである。
続きを読む

2019年10月28日

インターネットの特性を久米さんにご教授。(その2)

インターネットの本質は、「即時性(起きたことをタイムラグなしに知れること)」ではない。

「ログ性(昔の情報でも、いつまでも知ることができる)」である。


情報の歴史において、インターネットは「グーテンベルグの活版印刷」以来の画期的な出来事・時代の変化だと言われている。
活版印刷は、大量印刷により、「多くの人たちに読まれること」を可能にしたと思われている。

だが、そうではない。

当時のヨーロッパの民衆の識字率は低かった。したがって、江戸時代の日本のように、瓦版や読本が流行したのではない。

キリスト教会の聖書の印刷に活版印刷が使われた。「一枚の版木から印刷する」のとは桁外れの印刷量が実現したに違いないが、それは「情報拡散」に寄与したのでなく、「情報保持」に貢献したのであろう。


インターネットで起きていることも、同様である。
続きを読む

2019年10月27日

インターネットの特性を久米さんにご教授。(その1)


長尾真(元京都大学総長)は、

・あるはずの情報がそこにないなら、真実を含んでいる。

と発言している。


今年、久米さんがNHKの朝ワイドに出演したのが選挙前だったので、久米さんは、躍進が予想される山本太郎氏(令和新撰組)の話ができなかった。

民間放送でも、提供スポンサーに毀損する情報は発してはならない。

とある日本テレビのアナウンサーの常套句「ジャストミート」にしても、予定してたものが「スポンサーの競合商品」だったので、急きょ差し替えたのだという。

先日、FM-NHKで三木鶏郎氏がテーマで、「長生きしたけりゃ、ちょっとおいで」とのコマーシャルソングが話題になったが、「特定企業の商業的利益につながる情報発信は禁止される」という規範から、ボヤかしたまま対話がつづけられた。・・・アホらしい。すでに船橋ヘルスセンターは廃業している。

不思議なのは、国民的番組の「笑点」では、レギュラー出演者の独演会の告知を「恥ずかしげもなく、行っている」。全国放送のスポンサー料に換算すると、何千万円にもなるのを、出演者の利益のために使っていいのか。

「映画の告知宣伝でゲスト出演」とは異なるが、許容されている。

ならば、「あたり前田のクラッカー」の番組中宣伝もいいのではないか・・・。と、思えてくる。

「あたり前田」は笑えたが、笑点メンバーの独演会告知は笑えないし、情報を知っても、「遠くて行けない」。


国営放送に限らず、メディアには「話題にしてはならぬこと」が多々ある。

続きを読む

2019年10月26日

久米宏さんが、インターネット活動を始める。とか。



ラジオを聴いていたら、久米さんがTBSラジオ「ラジオなんですけど」で、インターネットを始めると言っていた。
なんでも、11月の冒頭の土曜日3時にスタートする予定とか。

本人曰く、

・ラジオとインターネットの親和性

を感じており、それを確かめたい。

とのこと。
続きを読む
posted by sponta at 00:00| 東京 ☔| Comment(0) | メディアウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月25日

森元首相の北陸訛り。(切ない)



IOCのバッハ会長が「マラソンと競歩は、札幌で開催する」と、本番1年前を切った時点で発言し、東京オリンピック関係者を悩ませている。
「ドバイの世界陸上」のマラソン&競歩の「中途棄権選手の多さ」を思えば、当然の決断である。
そこで、JOCトップの森元首相。

・札幌開催に関連する追加費用を、日本の組織委員会に求められると「せつない」

と発言した。
続きを読む
posted by sponta at 00:00| 東京 ☔| Comment(0) | メディアウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ファン
 メッセージを送る
 このブログの読者になる
 更新情報をチェックする
 ブックマークする
 友達に教える
RDF Site Summary
RSS 2.0