2015年03月22日

得意料理があるような女の子じゃだめ。

と、娘が言う。

「何でも作れるようでなければ…」とか、「食べる人が食べたい料理」をつくるべきであって、「作りたい料理」をつくるべきではない。ということかと思う。

そして、友人がつくったミートローフで胸焼けしたことを鮮烈に憶えていると、父親に、こっそりと明かす…。
続きを読む
posted by スポンタ at 11:53| 東京 ☀| Comment(0) | スポンタと娘…。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月21日

教えて貰わないと、ワカラナイ。それは、大人も子供も…。

さらにいうと、環境がなければ、人間は育たない。それがすべてではないか。

勿論、ある程度の向き不向きはある。
当該才能が、小学校の時に、クラス(30人中)で、1番2番くらいなら、素養はある。
つまり、クラスで1番2番なら、よい指導者と環境があれば、スポーツなら、オリンピックも夢ではない。勉強でも、東大を筆頭にした最難関大学にも入学できるということ。

続きを読む
posted by スポンタ at 09:46| 東京 🌁| Comment(0) | スポンタと娘…。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月17日

車庫入れと座薬。

2月1日から運転免許の教習場に通い始め、一ヶ月とちょっとで免許取得。
追加一切なしだから、父親の私よりも優秀だった。

とはいえ、オートマチック免許だし、一ヶ月の練習では、運転の技量も、それほどでも…。ということになるか。続きを読む
posted by スポンタ at 06:44| 東京 ☀| Comment(0) | スポンタと娘…。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月16日

頭のよい人たちの音楽…。

昨日、娘の大学の学生バンドの演奏会があり、結構、楽しんだ。
練習量も申し分なく、イントネーション、アーティキュレーションともに不満のない演奏であり、逆にいえば、あとはグルーヴというだけということが、鮮明に分かる演奏会だったと思う。
続きを読む
posted by スポンタ at 06:28| 東京 ☀| Comment(0) | スポンタと娘…。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月14日

鋭い娘に脱帽…。

昨日、娘が、あるレコーディングの動画を見せ、ディレクターも、プロデューサーも、編曲家も、妥当性のある指示をしていないと、文句を言っていたので、観た。

そこで、私は、高度(複雑)なマイクセッティングをしているが、そういうことに気をとられると、「本質的なこと」、つまりは「音楽性」についての吟味が疎かになる。と、現場の論理を示した。
続きを読む
posted by スポンタ at 12:07| 東京 ☀| Comment(0) | スポンタと娘…。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月11日

東浩紀、茂木健一郎、ピケティー…。

娘の後輩が、東浩紀、茂木健一郎、ピケティーを絶賛しているというので、娘は呆れたのだが、具体的に反論ができなかった。というので、娘へのリマインドとして書く。
続きを読む
posted by スポンタ at 19:32| 東京 ☀| Comment(0) | スポンタと娘…。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月10日

社会のイノベーションは可能か…?

社会をイノベーションする企画を考えている。企画書は書いたものの、それを受け入れる人がいるのか…。
と思うと、ほとんど絶望的になる。



世の中の殆どの人は、アカデミズムが、フランス現代思想によって否定されたことを知らない。
脱構築とは、ギリシア以前に戻れと、諭す学問であり、それが、現在のアカデミズムを否定していることに、誰も気づかない。


記号論は、ロゴスを否定・相対化するために生まれたのに、最先端の学問であると勘違いする。
記号論さえ、ロゴスを操ることでしか学問できない。その虚構性を、記号論は指摘しているのに…。

そのようにして、「知」を疑わない人間が、大学で量産されている。
ソクラテスに従えば、「知を疑うこと」が「知」のはずなのに…。



法学部政治学科、法学部法律学科など、大学が「ガバナンスや法治で世の中が動いていること」に、何の疑問を持たない人たちが量産されている。

経済学では行動経済学なる学問も生まれている。それらは、既存の経済学が、有職故実に過ぎなかったことを指摘しているのだが、その批判精神に気づく人は少ない。



世の中の一番の保守勢力は、実は、大学教員・学者である。と、切に思う。
posted by スポンタ at 21:07| 東京 ☀| Comment(0) | スポンタと娘…。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月08日

海外旅行の訪問先を決定する際の評価基準。

娘へのリマインドも含めて、フランスに語学留学中の娘の友人に向けて、書き留めておきます。続きを読む
posted by スポンタ at 19:21| 東京 ☁| Comment(0) | スポンタと娘…。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月23日

大学生に必要な素養とは・・・。

娘のキャンパスの入学試験の小論文で、「統計学とデータマイニングの重要性」を論じる課題が出たという。これは、昨年から変更された学則を自賛するものである、との学生たちの噂。

昨年の入学者以降、データ処理の単位を取得しなければ、進級できなくなった。とのこと。

学生の学則に関するアンケートを見ると、高校の数学をマスターしている学生でなければ単位取得は極めて困難であり、高校数学のマスターを進級の条件にするなら、入学試験に、数学を必須にすべき。
・・・とか。


極めて論理的で、さすが頭のよい人達の集まりである。

学生の「主体的な学習」の妨げになっており、百害あって一利なし。

というか、学生の主体的な学習・研究を実現する制度がない・・・。(大学は、大学教員に最適化されたシステムであり、学生はそれに組み込まれるしかない。学生に「やりたい研究・学びたい学問」があっても、指導教員がいなければ、学べない・単位はもらえないのだから・・・)

続きを読む
posted by スポンタ at 00:59| 東京 🌁| Comment(0) | スポンタと娘…。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月18日

娘、魯山人の言葉を引用する。

J-POPのプロデューサのインタビュー記事を読んでいたら、「音楽が好きで・・・」と、自分のことを形容していた。

すると、娘が魯山人の言葉を引用した。魯山人曰く、

その食材を嫌いになるほど食べ続けた先に、ようやく本当のものが見えてくる


「スキ」などと言っているうちは、素人なのであろう。



グラミー賞の歌手たちと、日本の歌手を比べれば、その実力がまったく違うことを、J-POPのプロデューサーたちは、気づいているのだろうか。

演歌・民謡・歌謡曲など日本独自の文化を除けば、日本の商業音楽の殆どは、以下の点で、一流の西洋音楽に劣っている。


・倍音の豊かな発声法

・ハーモニー感

・タイム感&グルーヴ




問題は、「音楽が好き」なだけの素人が、日本のメジャー・レーベルのトップに君臨していること。

上記の資格を備えたアーティストは日本にも存在する。ただ、メジャーが彼らを見出さないだけ・・・。


AKBをけなす人たちの多くは「音楽が好きな人」だろう、でも、それだけでは、日本の音楽シーンは変らない。

てか。


*

情熱を語る人、好きだと言う人の言葉は、疑ってみる必要があるだろう。

「映画って本当にすばらしいですね」と語っていた映画評論家にとって、駄目な作品はないとでも言うのか。とすれば、批評家失格である。
posted by スポンタ at 06:08| 東京 ☔| Comment(0) | スポンタと娘…。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月10日

父親の言葉。

当然のように、娘は周囲から「ファザコン」と呼ばれているだろう。
一人娘であり、仕事が不振で、家にいることが多い私だから、仕方のないことかもしれない。しかし、だから、「父親の言葉」を、娘が鵜呑みにしないように、言葉に気をつけてきた。


つまりは、父親の圧倒的な立場を背景に、「断定的に述べる」ことを、極力避けてきた。

それは、森繁久弥・フランキー堺を「クサイ」とけなし、小沢征爾を「浪花節」を断じた私の父親への「遅すぎた反抗・代理行為」でもある。

私の解釈は、「クサイ」は演技過剰であり、下手は演技過少ということ。落語の箴言でいえば、
「落語家に下手も上手もなかりけり。行く先々の水に合わねば」ということだ。
「浪花節」とは、ロマン派的な音楽解釈であり、私の芸術論からいえば、「地に足がついた感情表現であるか」が問題である。私の現在の解釈は、小沢氏を評価しない。続きを読む
posted by スポンタ at 06:03| 東京 ☀| Comment(0) | スポンタと娘…。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月09日

「トイレに入ることを目標にする奴はいない」。

昨日、娘が参加したイベントに、ウェブで叩かれたAO入試専門の予備校の経営者と、その関係者が来たというので、次のように言った。
続きを読む
posted by スポンタ at 11:01| 東京 ☁| Comment(0) | スポンタと娘…。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月13日

娘の成人式

例によって私は記録係と、車両部でした。

続きを読む
posted by スポンタ at 00:03| 東京 ☀| Comment(0) | スポンタと娘…。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月11日

七五三の次のイベント。

明日は、娘の成人式ということで、記念写真の場所の下見を行った。

スタジオで撮影すれば、と薦めていたのに、「お金が勿体無い」とのこと。そこで急遽、冬枯れの風景でも、撮影に耐える場所を探した。

続きを読む
posted by スポンタ at 22:46| 東京 ☀| Comment(0) | スポンタと娘…。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月07日

読む本で測る「こどもの進路」。

このところ、マッキンゼー系の本を娘に薦めている。

「マッキンゼー流 入社一年目 問題解決の教科書」(ソフトバンククリエイティブ 大島祥誉)

そして、MBA。

「マンガ 日本最大のビジネススクールで教えているMBAの超基本」(東洋経済新報社)

「27歳からのMBA グロービス流ビジネス基礎力10 」(東洋経済新報社 田久保 善彦 村尾 佳子)

「外資系コンサルが実践する資料作成の基本」(日本能率協会マネジメントセンター 長谷川隆)


*

50代まっさかりの私が、ビジネスシーンで体得した事柄が「ほとんど網羅されている」「体系化されている」から、嬉しい。続きを読む
posted by スポンタ at 07:18| 東京 ☀| Comment(0) | スポンタと娘…。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月06日

英語の実力・・・。

自己評価というのは、なかなか難しい。

つまり、生半可にしか分かっていない人は、「自分はできる」と勘違いする。

とはいえ、ある程度できているのに、自己評価が低くて「やろうとしない」のも困りもの。
やらないことが悪循環になり、上達しない。

続きを読む
posted by スポンタ at 06:18| 東京 ☁| Comment(0) | スポンタと娘…。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月05日

著者近影。

昨日は、娘の成人式の記念撮影の場所の下見をした。

一箇所は、先日、亡くなられた国民的俳優の自宅のレンガ塀。ここは、娘が保育園の時に記念撮影をしてからの定番となっている。ちなみに、同じ場所で撮影するというのは、ビートルズの赤盤・青盤に習う・・・。

それと・・・、



続きを読む
posted by スポンタ at 06:10| 東京 ☀| Comment(0) | スポンタと娘…。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月04日

自己韜晦(じことうかい)を越える難しさ。

自己韜晦という言葉は、私が若い時代、心のどこかにずっとひっかかっていた。

自己韜晦とは、自分を隠すことである。

若い頃、私は表現者を目指していたが、表現の本質は、自己韜晦。

なのだが、それを越えなければ、自分なりの表現にはならぬ。そんな課題だった。

続きを読む
posted by スポンタ at 09:30| 東京 ☀| Comment(0) | スポンタと娘…。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月30日

ジョイ伊藤の後輩と長話・・・。

ちょっと興味があったので、娘の学部の後輩とミスドで話をした。

今年の春にも、ウェブサイトをやっている医学生とミスドで話をしたが、そのリターンマッチのような意味もあるだろう。
続きを読む
posted by スポンタ at 06:03| 東京 🌁| Comment(0) | スポンタと娘…。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月28日

娘のポジション

「社会イノベーション」を標榜する研究会に娘は所属しているが、今、「ゼミ長」を決めるやり方を、学生の幹事会で議論しているという。

娘は、その幹事会のメンバーではないが、その議論のオブザーバー。
議論には加わらないが、議論の後の感想を、参加メンバーだけの共有サイトに載せているのだという。

そして、先日、幹事会の指導的役割を果たしている先輩から、「○○ちゃん(娘の名前)の納得するようなやり方にしよう」という発言があった。…とか。
続きを読む
posted by スポンタ at 10:36| 東京 ☀| Comment(0) | スポンタと娘…。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ファン
 メッセージを送る
 このブログの読者になる
 更新情報をチェックする
 ブックマークする
 友達に教える
RDF Site Summary
RSS 2.0