2015年05月07日

スウィングしなければ、意味がない。

というジャズの名曲があるが、その背景は何だったのか。と考える。
私の結論は、スウィング(グルーヴ)しない音楽の否定であり、スウィングしない音楽が世の中にあふれていることへの警句である。

*

昨夜、娘が六本木の映画館で「セッション」を観た。

新人学生を、老教師が痛めつけるほどにレッスンする物語である。しかし、老教師は、スウィングを理解せず、速いテンポこそ、良い音楽と勘違いしている。結果、速いテンポでドラムを叩くための猛練習が、ドラマの大半。
結局のところ、脚本と演出をした監督が、音楽を理解していない。
さらにいうと、この作品に、お金を出した人たちも、音楽を理解していない。
さらに最悪なことに、この作品にアカデミー賞を与えたアメリカのエンターテインメント界も音楽を理解していない。
続きを読む
posted by スポンタ at 06:20| 東京 ☁| Comment(0) | スポンタと娘…。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月01日

子育ては、東大を諦めたところから始まる…。

という本を書きたい。

人生は、甲子園を諦めたところから始まる。

や、人生は、Jリーグを諦めたところから始まるでもいいと思う。

続きを読む
posted by スポンタ at 18:02| 東京 ☀| Comment(0) | スポンタと娘…。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月24日

時代に関わらない人物評価…。

私は、親から「何も教えられないで育った」ことが残念である。
というか、「コミュニケーション」の勘所を、親は子に伝えるべきである。続きを読む
posted by スポンタ at 19:39| 東京 ☀| Comment(0) | スポンタと娘…。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月21日

学生の起業ブームについて考える・・・。


娘のキャンパスは、第2位の東大を倍近く引き離して、起業家を輩出しているのだという。
だが、娘は「起業を目指す学生たちに、違和感を感じる」とか。所謂、「意識高い系」に近いのかもしれない。続きを読む
posted by スポンタ at 19:36| 東京 ☀| Comment(0) | スポンタと娘…。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月15日

総論賛成・各論反対。

娘が授業でグループワークをやるというので、立候補したが、参加希望者ゼロとなり、不発に終わった…。

グループワークで掲げたテーマは、娘が数年間暖め続けてきたものであり…。
続きを読む
posted by スポンタ at 23:04| 東京 ☁| Comment(0) | スポンタと娘…。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月03日

家庭的な…。

を謳っている研究会がある。

主宰するのは、女性教授であるが、勿論、肯定的な意味で「家族的」と言う言葉を使っている。

だが、どうだろう…。
続きを読む
posted by スポンタ at 22:04| 東京 ☀| Comment(0) | スポンタと娘…。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月01日

松岡正剛 批判 で本ブログにいらっしゃる方…。

が多いようだ。
Googleによれば、「松岡正剛 批判」で検索を書けると、なんとトップである。
続きを読む
posted by スポンタ at 17:12| 東京 ☀| Comment(0) | スポンタと娘…。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月31日

姓名判断…。

我が家は、神秘主義的な性向があり、つか、神秘主義を研究していって、突き抜けたところにあると言ってもよい。つまり、風水に惑わされることはない。

風水など、天気が良ければ、気分が晴れるというようなものであり、天気がよかろうが、悪かろうが、人生最悪の日は訪れるのである。

墓参りも同様であり、できればやるに越したことはないが、日常生活に支障を起してまで、する必要はない。
親孝行など、そんなものだろう。つか、親孝行に足る親が、世間にどれくらい存在するのか…。といえば、何割になるのか。東京人にはふるさとがない。というのを考えれば、理解できるかもしれぬ。
続きを読む
posted by スポンタ at 06:52| 東京 ☀| Comment(0) | スポンタと娘…。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月29日

バンドの評価基準。

近所の女の子が、この春、高校に進学する。彼女は、中学時代からドラムのレッスンに通っており、高校生になったらバンドをしたい。吹奏楽部しかないので、軽音楽部をつくりたいというので、バンドの評価基準をテキストにして渡した。

勿論、最終校正者は娘。高校時代、多くのグランプリを受賞している名門・軽音楽部を1ケ月で退部し、部外活動でもバンド活動に失敗している。
軽音楽部が理由で高校を決めたのに、その夢が入学後1か月で散った。・・・痛恨事である。
続きを読む
posted by スポンタ at 11:10| 東京 ☀| Comment(0) | スポンタと娘…。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月28日

バスケット部とバレー部の違い。

保育園のころから知っている利発な女の子。

娘が中学3年。女の子が小学4年。
「女の子に刺激を」とばかりに、娘が獲得した「区優勝のカップ、都代表のカップ」を、玄関先で見せびらかしたのだが、後に、英語スピーチコンテストに挑戦したと聞き、嬉しかった。
女の子は参加賞に終わったが、「○○ちゃん(娘の名)は凄いんだね」とお母さんと語りあったのだとか。

我が娘の「バンドで、ドラムをたたく様子」を見せてきたが、女の子も、中学生になるとプロのドラムレッスンを受けている。というので、またまたびっくり。

そして、スポーツに興味のない文化系の女の子が、背も高くないのに、中学生になると、バレー部に入部したというので、またまたまた、驚いた。
続きを読む
posted by スポンタ at 09:18| 東京 ☀| Comment(0) | スポンタと娘…。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月27日

メロンボールの素晴らしさ。

いただきもので、有名フルーツ店のパフェをごちそうになった。

幼いころ、母と姉と3人で立川にでかけたとき、銀座デパートでチョコレートパフェを食べるのが楽しみだった。
しかし、成長すると、せいぜいがクリームソーダであり、パフェを頼むことは、とんと減っている。


さらに言えば、誰でも知っている高級フルーツ店で、千円を越すような値段のパフェを頼むことはないので、生まれて初めての経験。感動的。

寒天ではなく、葛が入っていて、それが心地よかった。

かなり、昔のことになるが、一度、試しにとばかりに、一個600円のゼリーを、玉川高島屋の地下の高級フルーツ店の売店で買って、カミサンとふたりで食べたことがある。

あまりのおいしさに、「こんな高価なものを贈られたら、自分がもうじき死ぬことが分かる」と笑い話をしたことを憶えている。

そんなことを話すと、娘は、「じゃ、もうじき死ぬことが分かったら、パフェで教えてあげるね」・・・だって。続きを読む
posted by スポンタ at 20:40| 東京 ☀| Comment(0) | スポンタと娘…。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月25日

宴会係の娘の心意気…。

ゼミやサークル、同窓会で、娘は幹事ではないが、宴会のセッティングをやる羽目になったとボヤイテいる。

なんでも、幹事たちは、忙しく、会場のセッティングのお鉢が回ってきたのだとか…。

私は、「忙しい」とは、当人にとっての当該案件の重要度の順位が低いことを表現しているだけ。と、解説してきたし、今回も、そのように続けた。
つまり、「忙しい」と言っている人だって、「通夜には顔を出す」。そんなものだ。

続きを読む
posted by スポンタ at 22:43| 東京 ☀| Comment(0) | スポンタと娘…。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月24日

野球に真剣に取り組んでいる若者達と出合ったので、こんな話をした。

1.西欧的身体コントロール
体幹を意識し、作用・反作用的に体を使う。:統一的・統合的、中央集権的

2.武術的身体コントロール
脱力状態で、体の部分を独立的にコントロールする(アイソレーション)。
:負荷分散的、独立的


ロナウジーニョやマイケル・ジョーダンなどの達人は、西欧的身体コントロールをマスターしたうえで、高度な武道的な体のコントロールで相手を超える動きを実現している。
続きを読む
posted by スポンタ at 21:17| 東京 ☁| Comment(0) | スポンタと娘…。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月22日

得意料理があるような女の子じゃだめ。

と、娘が言う。

「何でも作れるようでなければ…」とか、「食べる人が食べたい料理」をつくるべきであって、「作りたい料理」をつくるべきではない。ということかと思う。

そして、友人がつくったミートローフで胸焼けしたことを鮮烈に憶えていると、父親に、こっそりと明かす…。
続きを読む
posted by スポンタ at 11:53| 東京 ☀| Comment(0) | スポンタと娘…。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月21日

教えて貰わないと、ワカラナイ。それは、大人も子供も…。

さらにいうと、環境がなければ、人間は育たない。それがすべてではないか。

勿論、ある程度の向き不向きはある。
当該才能が、小学校の時に、クラス(30人中)で、1番2番くらいなら、素養はある。
つまり、クラスで1番2番なら、よい指導者と環境があれば、スポーツなら、オリンピックも夢ではない。勉強でも、東大を筆頭にした最難関大学にも入学できるということ。

続きを読む
posted by スポンタ at 09:46| 東京 🌁| Comment(0) | スポンタと娘…。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月17日

車庫入れと座薬。

2月1日から運転免許の教習場に通い始め、一ヶ月とちょっとで免許取得。
追加一切なしだから、父親の私よりも優秀だった。

とはいえ、オートマチック免許だし、一ヶ月の練習では、運転の技量も、それほどでも…。ということになるか。続きを読む
posted by スポンタ at 06:44| 東京 ☀| Comment(0) | スポンタと娘…。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月16日

頭のよい人たちの音楽…。

昨日、娘の大学の学生バンドの演奏会があり、結構、楽しんだ。
練習量も申し分なく、イントネーション、アーティキュレーションともに不満のない演奏であり、逆にいえば、あとはグルーヴというだけということが、鮮明に分かる演奏会だったと思う。
続きを読む
posted by スポンタ at 06:28| 東京 ☀| Comment(0) | スポンタと娘…。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月14日

鋭い娘に脱帽…。

昨日、娘が、あるレコーディングの動画を見せ、ディレクターも、プロデューサーも、編曲家も、妥当性のある指示をしていないと、文句を言っていたので、観た。

そこで、私は、高度(複雑)なマイクセッティングをしているが、そういうことに気をとられると、「本質的なこと」、つまりは「音楽性」についての吟味が疎かになる。と、現場の論理を示した。
続きを読む
posted by スポンタ at 12:07| 東京 ☀| Comment(0) | スポンタと娘…。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月11日

東浩紀、茂木健一郎、ピケティー…。

娘の後輩が、東浩紀、茂木健一郎、ピケティーを絶賛しているというので、娘は呆れたのだが、具体的に反論ができなかった。というので、娘へのリマインドとして書く。
続きを読む
posted by スポンタ at 19:32| 東京 ☀| Comment(0) | スポンタと娘…。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月10日

社会のイノベーションは可能か…?

社会をイノベーションする企画を考えている。企画書は書いたものの、それを受け入れる人がいるのか…。
と思うと、ほとんど絶望的になる。



世の中の殆どの人は、アカデミズムが、フランス現代思想によって否定されたことを知らない。
脱構築とは、ギリシア以前に戻れと、諭す学問であり、それが、現在のアカデミズムを否定していることに、誰も気づかない。


記号論は、ロゴスを否定・相対化するために生まれたのに、最先端の学問であると勘違いする。
記号論さえ、ロゴスを操ることでしか学問できない。その虚構性を、記号論は指摘しているのに…。

そのようにして、「知」を疑わない人間が、大学で量産されている。
ソクラテスに従えば、「知を疑うこと」が「知」のはずなのに…。



法学部政治学科、法学部法律学科など、大学が「ガバナンスや法治で世の中が動いていること」に、何の疑問を持たない人たちが量産されている。

経済学では行動経済学なる学問も生まれている。それらは、既存の経済学が、有職故実に過ぎなかったことを指摘しているのだが、その批判精神に気づく人は少ない。



世の中の一番の保守勢力は、実は、大学教員・学者である。と、切に思う。
posted by スポンタ at 21:07| 東京 ☀| Comment(0) | スポンタと娘…。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ファン
 メッセージを送る
 このブログの読者になる
 更新情報をチェックする
 ブックマークする
 友達に教える
RDF Site Summary
RSS 2.0