2010年01月03日

2010年正月に起こった私のパラダイムシフト。

年末は、ロシアのシンクタンクが、「アメリカの中央政府が失権し、アメリカが分裂するような変化が予測される」とのレポートを紹介した。

また、「昨年G-7からG-20に変化した」ことをキッカケに、世界通貨だったドルが失権し、それによって300年ぶりの変化が起きていることを指摘した。



続きを読む
posted by スポンタ at 09:09| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ポストグーグル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月02日

2010年の気づき:私たちは弁証法を捨てられるのか…。

私は弁証法を、近代合理性として理解してきた。


続きを読む
posted by スポンタ at 07:20| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ポストグーグル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月27日

TWITTERはさえずりか、つぶやきか。

さて、湯川さんが以下のようなことを書いている。

http://it.blog-jiji.com/0001/2009/12/tweet-9c24.html

続きを読む
posted by スポンタ at 23:32| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ポストグーグル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月26日

2009年のスポンタの気づき…。

年末、時の流れについて考えたくなるもの。

それは、ウェブを考え続けてきた私にとっては、かなり重要。

なぜなら、「ドキュメント/テキストな」数千年の人類の歴史において、ウェブが登場したこの20年というのは、かなりの特異点だから…。


続きを読む
posted by スポンタ at 12:03| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ポストグーグル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月25日

オブジェクト化の時代。

ウェブの時代になって、情報が氾濫している。と、思っているかもしれない。

…だが、そう単純ではない。



続きを読む
posted by スポンタ at 16:21| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ポストグーグル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月11日

ウェブ学会の限界…。つーか、学会の限界だと思う。

さて、ウェブは最先端の分野であり、博士論文を評価すべき学会が存在しないことが、研究者の将来を阻む。そんなことが第一回ウェブ学会の成立理由だったようだ。

ということは、ここにも非アカデミズムを奉じるスポンタの出る幕は無い。というのが実相だろう。



続きを読む
posted by スポンタ at 20:13| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ポストグーグル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月09日

ウェブで書かれないことの実例…。

さきのウェブ学会で、国立国会図書館の長尾真氏が、「ウェブに載っていない情報は、ほんとうに無いのかについて疑問を持つことが重要」と述べられ、私は老大家の慧眼を賞賛した。

それがどういうことか。理解できぬ人も多いだろうから、具体的に記述する。



続きを読む
posted by スポンタ at 09:40| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ポストグーグル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

TWITTERの弊害。ウェブ学会より…。

さて、私はリアル学会に行ったので、TWITTER参加できなかった。現場に行くよりも、ウェブの方がよかった。とは、なんともビックリ体験だった。


ITメディアの記事

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0912/07/news102.html

ユーストリームへのリンクを貼ってくれているブログはこちら。

http://violamusic.blog57.fc2.com/blog-entry-153.html



続きを読む
posted by スポンタ at 09:04| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ポストグーグル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ロゴスの限界…。それがウェブ学会の取り組むべき課題。

ウェブ学会はさまざまな示唆を与えてくれる。
やはり日本の知の府の牙城、東大安田講堂で開かれるだけのことはある。

さて、こんな考察があった。

続きを読む
posted by スポンタ at 08:55| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ポストグーグル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月08日

鈴木健さんの「伝播投資貨幣」について…。(ウェブ学会から)

ウェブ学会で、ディビクラシーを提唱する鈴木健さんを知った。
彼は、「伝播投資貨幣」というプロジェクトを持っている。

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0912/07/news102.html

ディビクラシー(個人を微分した要素を前提にする民主主義:脱ステークホルダーか?)も、伝播投資貨幣も、私の数年前の考察と殆ど同じである。ただし、それが「発言する人のバイアス」を逃れていない謗りを免れない。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%88%B4%E6%9C%A8%E5%81%A5_(%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%8B%E3%82%A2)


続きを読む
posted by スポンタ at 12:10| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ポストグーグル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月07日

第一回ウェブ学会…。

さて、いろいろと面白かった。
ただ、学会の目標が、「日本発のウェブ研究発信」とするならば、ちょっと、どうかな。
なんて、思った。

その残念の最たるのは、東浩紀氏。



私の感想の結論は、基本的な情報通信、コンテンツ、コミュニティーについての定義が古めかしい…。または、未定義。

続きを読む
posted by スポンタ at 20:42| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ポストグーグル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月02日

2009年11月24日

情報検索の主導権はユーザーに…。

最終的には、…てことになるはず。

そういえば、私はまだWOMJのメーリングリストに入っていて、メールがやってくるんだけど、あそこに集っている人たちが賑やかにしているのは、発信者側がいかに、市井の言論(クチコミ)をコントロールするか。最近では、業界ナンバー2と豪語するPR会社が加わって、なんとも分かりやすい展開になってきた。

しかし、情報検索に影響を与える発信者側の行動は、すべてノイズである。と、スポンタは言い切りたい。



続きを読む
posted by スポンタ at 09:37| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ポストグーグル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月23日

関裕二の古代史観は、現代に…。

関裕二氏の著作を読み続けている。

というのも数年前、 奈良県橿原市に連泊しなければならない仕事があり、休日には今井町から神武天皇陵の脇を歩いて橿原神宮ついで、バスにて明日香。明日香では、石舞台古墳、板葺宮跡、甘樫丘に登った。
そして、帰京日に纒向遺跡を訪れる機会があったからである。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%BA%92%E5%90%91%E9%81%BA%E8%B7%A1

続きを読む
posted by スポンタ at 11:35| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ポストグーグル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月21日

いつまで日本人はユーザーの立場で我慢するのか…。

基本的なウェブサービスの構造は、以下である。
---------------------------------------
y=f(x)
y:ユーザーにサービスされる情報
f:デザインされたアプリケーション・アルゴリズム・タグ
x:ユーザーが入力する情報
---------------------------------------
ここで重要なのは、ユーザーが(意識的or無意識的に)入力する変数x(アクションorイベント)が、サービス提供者によって設計されたアプリケーション:関数fによって、サービスyが提供される。ということだ。

続きを読む
posted by スポンタ at 07:03| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ポストグーグル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月18日

ウェブ2.0の理想形は、ゲッペルス・親衛隊・ゲシュタポ。

ウェブ2.0の目標は、「フラット」「透明性」「外部性」との上原氏の言説を紹介している。

しかし、それらの目標は、「条件付」でしか達成できぬ。と詳説している。

ならば…、



続きを読む
posted by スポンタ at 08:43| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ポストグーグル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月14日

ウェブ2.0の時代のウェブサービスは、y=f(x)。

・ユーザーが受けるサービスがyであるとして、
・ユーザーがインプットする情報がx
・サービスが行なう情報加工がf(関数)とするなら、

y=f(x)

という式が成り立つ。


この場合、ユーザーが扱えるのはパラメーターである変数xだけ。

続きを読む
posted by スポンタ at 07:17| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ポストグーグル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月10日

ウェブ時代の今後…。「主観の時代」から「客観の時代」へ。

さて、携帯通信会社の副社長氏と4時間ほど歓談した。日頃、「トンデモ系」と揶揄されて、相手にされぬことの多い私としては、なんとも至福なひと時だった。

続きを読む
posted by スポンタ at 09:12| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ポストグーグル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月28日

TWITTERの本質は140字ということ。

勝間嬢が、「ゆるやかなつながり」と形容するが、そんなことではない。

http://mainichi.jp/select/biz/katsuma/crosstalk/2009/07/post-22.html

リアルタイムと湯川氏が喧伝するが、そういうことでもない。

http://it.blog-jiji.com/0001/2009/10/post-673e.html

ウェブの特徴は、ログが残ることとバージョンアップ。有名人TWITTER利用者に感じられているリアルタイム感も、実は、極短期間的ログ性能…。



続きを読む
posted by スポンタ at 20:07| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ポストグーグル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ファン
 メッセージを送る
 このブログの読者になる
 更新情報をチェックする
 ブックマークする
 友達に教える
RDF Site Summary
RSS 2.0