2008年03月15日

ウェブメソードの真髄。ルール&モラルはコミュニティーを細分化することしか機能しない。

アグネス・チャン氏が日本ユニセフを縦に、「児童ポルノをなくそうキャンペーン」を本格化しているようだ。

2ちゃんねるのテンプレートによると以下。
続きを読む
posted by sponta at 06:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ウェブメソード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月14日

ウェブメソードに背を向けたジャパンブログアワード。

さて、批判をするための批判をしないスポンタ。そして、ルサンチマンな発言を自らに禁じるスポンタである。そのことを理解したうえで、読んで欲しい。

2008年のウェブにおいて重要なことは、

1.「量的勘案から質的勘案」へ変化。
2.「語句的把握から意味的把握」へ進化。


つまりは、セマンテックウェブ(意味的インターネット)ということである。
続きを読む
posted by sponta at 05:00| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | ウェブメソード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月13日

ウェブメソードは、社会全体に援用できる思考方法である。

2008年に始まるウェブの変化は以下である。

1.「量的勘案から質的勘案」へ変化。
2.「語句的把握から意味的把握」へ進化。


ウェブメソードは、ウェブ2.0のような、ベンチャーキャピタルからの出資を引き出すための惹句ではない。

ウェブメソードは、1960年代に始まるIT技術者たちの夢の実現であり、それは、エスタブリッシュメントの傲慢が専横する世の中を「なんとかしよう」と思った、無名の技術者たちの理想だった。

それが今、2008年に実現しようとしている。
続きを読む
posted by sponta at 06:00| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ウェブメソード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月12日

ウェブメソードは、民主主義のツールである。

有体にいえば、ウェブメソードは「インターネットなやり方」である。

ウェブメソードは、インターネットでのコミュニケーションの掟ではない。リアルな場での意思決定・代表決定に関わる方法論である。

続きを読む
posted by sponta at 05:33| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ウェブメソード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月11日

新語提出。ウェブメソード。

さて、私は、アルファブロガーをもじって、アレフブロガーという言葉をつくった(初めて使った)とひそかに自負しているが、同様に、ウェブメソードというのを提案したい。

今後、ウェブメソードという語を発見したら、スポンタが提唱したとよろこんで欲しい。いま、ウェブメソードをググッてみたが、検索結果はなかった。コピイライトは主張しないが、将来、「ウェブメソード」という本を出したい。
出版関係の人には、ぜひとも企画を検討していただければ幸である。
なんとしても、「サイバージャーナリズム論」(ソフトバンク新書)の後の単著本として、成立させたい。

続きを読む
posted by sponta at 05:00| 東京 ☔| Comment(8) | TrackBack(1) | ウェブメソード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ファン
 メッセージを送る
 このブログの読者になる
 更新情報をチェックする
 ブックマークする
 友達に教える
RDF Site Summary
RSS 2.0