2017年03月22日

孔孟か、老荘か…。



ひさしぶりにソウルメイトと、メールのやりとりをしたのだが、孔孟的か、老荘的か…。
などという話題になった。

中国では、孔孟は昼の学問。老荘は夜の学問であるという。

組織人として、人生を邁進するなら、孔孟的な処世をすすめなければならないが、人間、死ぬときは一人なのだから、老荘的な達観も必要であろう。続きを読む
posted by スポンタ at 07:07| 東京 ☀| Comment(0) | スポンタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月07日

笹川良一氏を礼賛する。

笹川良一氏の社会奉仕活動

日本船舶振興会の活動により社会奉仕活動家として知られ、振興会の支援を通して、船舶・造船事業の振興、海運安全の推進、福祉・国際援助活動、各種武道・スポーツ団体への協力などさまざまな慈善事業を推し進めていった。

日本船舶振興会のテレビコマーシャルに自ら出演。子供たちとの「一日一善」の掛け声や社会奉仕活動の模様が紹介された。なお高見山(高見山の後援会長でもあった)[注釈 8]、山本直純、子供たちと共に「一日一善」等のシーンは1975年(昭和50年)から会長を務めた財団法人日本防火協会(現・公益財団法人日本防火・防災協会)のCMにも使われた。CM全体のイメージが日本船舶振興会のそれとほぼ共通であったため混同されがちである。
ちなみに同協会でCMを流していたのは、笹川の在任期間とほぼ同じ1976年(昭和51年)から1994年(平成6年)まで。

ちなみに1970年代後半頃はその「一日一善」のCMは、曜日ごとに内容が変わる“曜日変わりバージョン”も存在した。この時期に小中学生であった者にとって、笹川良一は「一日一善」若しくは「『戸締まり用心、火の用心』のおじいさん」として認識されていた。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AC%B9%E5%B7%9D%E8%89%AF%E4%B8%80


昔、船の科学館に行って、笹川氏が、母を背負って、金比羅さんの階段を登っている絵を見て、苦笑とした記憶がある。

「お父さん、お母さんを大切にしよう」と当然のことを言う、自己顕示欲の強いお爺さんという印象である。

しかし、今、冷静に笹川氏の行動を分析すると、ゲマインシャフト(伝統的社会)を、アメリカが崩壊させ、ゲゼルシャフト(利益追求社会)にしようという目論見に、果敢に、反旗を翻していたことになる。

今、私が思うのは、笹川氏の「一日一善」・「お父さん、お母さんを大切にしよう」は、モハメド・アリ戦で、アントニオ猪木がとった、寝転び戦法と同じであること。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%8B%E3%82%AA%E7%8C%AA%E6%9C%A8%E5%AF%BE%E3%83%A2%E3%83%8F%E3%83%A1%E3%83%89%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%AA



つまり、対戦前、アリ陣営から、「手足の3点をマットにつけている状態でないと、攻撃してはならぬ。それを破ったら、狙撃・射殺する」と、無理難題な「秘密のルール」を強制されていたから…。

何も知らぬ格闘技ファンは、事情を知らないから、アントニオ猪木が、アリのパンチを恐れた戦法と、批判したのだが、アントニオ猪木は、秘密をもらさないまま、今に至っている。



笹川氏は、アメリカの攻勢に、ギリギリの戦法を取った。
それが「お父さん・お母さんを大切にしよう」。昭和の時代に「攘夷」を叫ぶわけにもいかぬ…。

笹川良一氏は、ファシスト・国粋主義者・愛国主義者など、さまざまなに形容される。

しかし、それは「外国勢力の侵入・侵略」に対する抵抗であって、ムッソリーニやヒットラーと違って、その手法が「慈善事業」というのは、独創的であり、画期的である。

現在も、「外国勢力の日本支配」は続いているので、笹川氏が礼賛されることは今後もないだろうが、そういうことである。


posted by スポンタ at 07:07| 東京 ☀| Comment(0) | スポンタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月19日

キリスト教に思う…。

いまだに分からないのは、サイエンスを尊ぶ人たちが、処女懐胎の物語を否定しないこと。
その一方、アメリカでは、キリスト教徒の一部が、進化論を教える学校教育に反発している。とも聞く。
 
宗教の時代ともいえるルネサンス。バチカンの壁画に、聖書の物語とは異なるシーンを、ミケランジェロが描いたとも。

高校時代の世界史の時間で、キリストが創造主なのか、救世主なのかを、会議で決めたと知って驚いたが、宗教的真実が話し合いで生まれるものなのか…。

一体、どうなっているのだろう。
続きを読む
posted by スポンタ at 13:40| 東京 ☀| Comment(0) | スポンタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月09日

イノベーションとは、

クリティカルシンキング。つまり、批判的に物事を考察することが重要である。と、外資系コンサル(マッキンゼー)のメソードは指摘する。

しかし、庶民が「良き人」であるには、「信じること」。「疑うこと」は、人の好さにはつながらない。

*

作詞家でもある武田鉄矢氏は、「坂本龍馬がイギリス資本の傀儡」であることを見抜けず、龍馬信者であることをやめないが、彼の代表作は「信じられぬと嘆くよりも、人を信じて傷つくほうがいい」とある。
警察が聞いたら、「犯罪を誘発してはならない」とお叱りを受けるだろう。
続きを読む
posted by スポンタ at 13:42| 東京 ☔| Comment(0) | スポンタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月05日

子育てPDCAサイクル

子育てで重要なことは、

・親が自分の価値観を絶対視してはならないこと。

・子どもの意志・希望、親の意志・希望に関連して、仮説を立て、それを実証しようと行動すること。

・その仮説から実証のプロセスを、生産管理でいうところのPDCAサイクルとすれば、そのプロセスをなるべく速く回すこと。

・フィードバックを頻繁にすることで、個別の意志決定の重要度を下げること。


※PDCAサイクル:
Plan, Do, Check, Act.
プラン(仮説)を立てる。プランを実行する(実験)。フィードバックを得る(検証)。フィードバックの妥当性を吟味し、プランを修正する(仮説のバージョンアップ)。
続きを読む
posted by スポンタ at 07:04| 東京 ☁| Comment(0) | スポンタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月04日

「親は、どこまで行っても、こどもの味方」でいいのか。

東儀秀樹氏の子育てを批判したが、「ビリギャル」の母親が、次のように言っている。

私は、子どもには、全肯定です。叱って、禁止して、何かをやめさせることで、経験上、子どもは、どんどん無気力になり、意欲に乏しくなります。親は、何よりもこれをおそれるべきです。


なんとも母親らしい発言。というか、この発言の「根本的な問題」を、世の中の母親たちは、ほとんど理解しないだろう。
続きを読む
posted by スポンタ at 06:51| 東京 ☁| Comment(0) | スポンタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月28日

テレビの夏の終戦特集は、洗脳である。

ということに、ほとんどの人が気づかない。それが平成だと思う。

最近、安保に関連して、デモが起き、それを国会議員が利己的な行為と批判して、逆に批判されたが、「ガンジーは暗殺された」のであり、デモで、世の中が変わるなどと考えるのは、甘いというのが、私の「見識」である。

さらにいえば、イデオロギーは、宗教とならぶ、思想兵器。であり、それを操れば、戦争を起すことができる。続きを読む
posted by スポンタ at 07:26| 東京 ☁| Comment(0) | スポンタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月02日

挨拶の意味論を、大人は明かさないのは卑怯。

4月である。
挨拶は重要だ。という大人が多いだろうが、意味論的にいうと、挨拶を仕掛ける方が、挨拶される方への、服従を示す。ということになる。

つまり、校長先生が、校門の前に立っていたら、校長先生が生徒に挨拶すればいいのであって、生徒が挨拶をするまで校長先生が待つ必要はない。
続きを読む
posted by スポンタ at 21:20| 東京 ☁| Comment(0) | スポンタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月12日

ジャーゴン集

ジャーゴン(専門用語)は、プレゼンでは使ってはならぬというが、ジャーゴンを知らないのでは、本を理解できないし、理解も先にすすまない。

ということで、この3年ほどにあつめた私のメモを公開しておく。

ハリウッド女優は、自らの個人的なデータが公開されてしまって、大変なことになっているが、最初から、公開を前提にデータを収納すべきである。

続きを読む
posted by スポンタ at 07:07| 東京 ☁| Comment(0) | スポンタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月31日

定期購読しているサイトたち…。

最近、定期的に読むサイトを書いておく。

○ ざっくり言うとというサマリーがあるから嬉しい。
【ライブドアニュース】…
http://news.livedoor.com/

○ 祭り情報は…
【2NN】
http://www.2nn.jp/

続きを読む
posted by スポンタ at 22:19| 東京 ☀| Comment(0) | スポンタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月28日

スポンタはウェブ研究家です。


このブログは、インターネット研究/情報統合研究のソシアルトライアルとして、スポンタ中村が運営しているものです。

世の中には、マスコミ(テレビ/ラジオ/新聞)が、既得権者たちの言論誘導/言論陽動/世相操作/思想工作の巣窟であり、市井人が頼るべきはインターネットという言説があります。

しかし、既得賢者達は当然のように、インターネットにも陽動/陰謀/工作を巡らしていて、インターネットがマスコミと同じように混沌たる状況になっている。ネットは、玉石混淆のメディアと言われているが、そこに石を混ぜているのは、マスコミに類するインテンティブ/ペイを得た人たちであっことを、私達ネット者はすでに気がついている。

*

例外はあるにしても、種火と炊きつけと風。そのすべてが揃わなければ、劫火は生まれない。

幕末に「ええじゃないか」という騒動があったというが、種火(お札が降る)があったとしても、躍る人がいたとしても、腹が減っては、街中で踊ることもできぬ訳。
つまりは、なんらかの勢力が、火が燃え上がるように風を吹かせたのに違いない。

*

…この傾向は今後ますます強まってくるに違いない。

そのような時代の流れの中で、「より真実に近いもの」を抽出するにはどうしたらいいかを、思索/研究するのが、スポンタのライフワークです。

続きを読む
posted by スポンタ at 07:27| 東京 ☀| Comment(0) | スポンタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月09日

3/10に新宿で会費ゼロのオフ会をします。ひやかしOK。フィールドワークに是非ともご協力を!

ということで、とりあえず4人は集るみたいなので、第一回スポンタ通信オフ会をすることにしました。

その目的は…、

続きを読む
posted by スポンタ at 15:39| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | スポンタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月01日

3/10に新宿でオフ会をします。

とりあえず3人は集るみたいなので、第一回スポンタ通信オフ会をすることにしました。

続きを読む
posted by スポンタ at 09:30| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | スポンタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月09日

ライブドアのブログ奨学金に応募した。(その2)

ライブドア・ブログ奨学金

http://scholarship.livedoor.com/

なんでも、・特待生:300万円
・第一種奨学生:120万円
・第二種奨学生:60万円
・第三種奨学生:30万円
※当該金額から源泉所得税を控除した金額が支給されます。


…つーことで、エントリーシートには、「ブログ奨学金で何をしたいですか?」とあったので、次のように書き込んだ。

続きを読む
posted by スポンタ at 10:48| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | スポンタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月08日

ライブドアのブログ奨学金に応募した。(その1)

ライブドア・ブログ奨学金

http://scholarship.livedoor.com/

なんでも、

・特待生:300万円
・第一種奨学生:120万円
・第二種奨学生:60万円
・第三種奨学生:30万円
※当該金額から源泉所得税を控除した金額が支給されます。


…だそうだ。

応募資格は、月刊PV1万以上だという。
先月(2010年5月)のPVを調べてみたら、34379PVだった。
応募しない手はない。

エントリーシートには、「サイト・ブログ内容を簡潔に記入してください」とあった。字数制限は2000字だったので、簡潔かどうか分からないが、まとめてみた。

続きを読む
posted by スポンタ at 07:27| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | スポンタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月23日

ルーブル美術館展。娘に伝える父親の芸術論。

昨日、中学2年の娘を連れて、上野の西洋美術館の「ルーブル美術館展」に行って来た。

http://www.ntv.co.jp/louvre/続きを読む
posted by スポンタ at 08:08| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | スポンタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ファン
 メッセージを送る
 このブログの読者になる
 更新情報をチェックする
 ブックマークする
 友達に教える
RDF Site Summary
RSS 2.0