2021年01月13日

アナルセックスと緊急事態宣言。


今回の緊急事態宣言は、

「アナルセックスをするとエイズが伝染する」ので、同性愛そのものを禁止するようなもの。


 (プラトニックな)同性愛なら、伝染しない。同性愛者は、偏見の対象になった。

今回の飲食店はそれに同じ。スケープゴートになっている。




西村大臣は、「会社に来て、お昼に同僚と食事をするのが感染拡大につながる」と発言している。

※テレ朝

  1都3県での緊急事態宣言が続くなか、西村経済再生担当大臣はランチタイムの外食や昼間の時間帯の不要不急の外出についても行動を見直すよう呼び掛けました。
  西村経済再生担当大臣:「特に夜8時以降の外出自粛をお願いしているが、昼間もランチは皆と食べてもリスク低いというわけではありませんので、昼間もできる限り不要不急の外出自粛をお願いしたい」
  さらに、西村大臣は「勤務に来ることで同僚と食べたり、久しぶりに会う友達と食べる。これが一番リスクが高い」とも話し、外での飲食のきっかけにならないようテレワークの推進を改めて呼び掛けました。
  こうしたなか、JR東日本など首都圏の鉄道各社が20日から終電を繰り上げる方向で調整を進めていることが分かりました。
  終電の繰り上げは最大30分程度で、実施期間は緊急事態宣言の期間に合わせて検討していくということです。

だが、問題は、

・昼食に同僚と外食すること。

ではなく、

・飲食店(公共空間)で「話をすること」で、公共空間で「唾液を空中散布する」こと。


続きを読む
posted by sponta at 09:21| 東京 ☀| Comment(0) | メディアウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第二次緊急事態宣言が、何故、機能しないか。

【主旨】

第二次緊急事態宣言が機能しない理由は、

・「第三次感染拡大の責任」を「国民に転嫁」するためだから−−−。

さらにいえば、

彼らが行っていることは、

・〈恐怖〉による(国民の行動)支配

であって、

・〈理解〉による行動誘導

ではない。


あるべきは、

「国民が納得できる、行動指針」を提示することであって、「冬の気候が、第三次感染拡大の主要因であること」を認めつつ、「サバイバルのため」に何をすべきかを提示することである。

〈サバイバル〉としたのは、「生理学的な死」とともに「経済的な死」を含めるためである。


続きを読む
posted by sponta at 08:52| 東京 ☀| Comment(0) | メディアウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月12日

落合陽一氏がすすめる本「スモールイズビューティフル」。

#落合陽一 #間違っている

Wikipediaによれば、


1973年に刊行された『スモール イズ ビューティフル』は、その中でエネルギー危機を予言し、第一次石油危機として的中したことで世間の注目を浴び各国語に翻訳された。同書は The Times Literary Supplement により、第二次世界大戦後に出版された書籍の中で、世界に影響を与えた100冊に選出された[1]。

とのこと。
続きを読む
posted by sponta at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | メディアウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月11日

「ズームバック×オチアイ」落合陽一さんの不見識。

Wikipediaによると「ズームバック×オチアイ」は以下。

概要

生活が一変したコロナ禍の混迷。未来が見えない今、過去の考察を手がかりに、混迷の先の「半歩先の未来」を提示する。 番組の顔は、教育者や研究者など様々な顔を持つ、落合陽一。 過去をヒントに見えてくる未来とは?[1]

私が見たのは,以下。


新春SP 「2021 大回復(グレートリカバリー)への道」

新春緊急企画!ズームバック×オチアイ特別編。番組編集長・落合陽一が、コロナ禍に揺れた2020年を抜け、2021年「大回復=グレートリカバリー」へと歩むヒントを探る。 ワクチンの歴史が伝える光と影。そして戦争やリーマンショックなど、危機の翌年におきた“回復の兆し”からヒントを探す「危機1年後」の教え。さらに大注目"哲学界のロックスター"マルクス・ガブリエルと初対談。コロナ禍の半歩先を大胆予想する59分![7]

落合陽一氏は以下。


生誕 1987年9月16日(33歳)
東京都港区六本木
国籍 日本の旗 日本
出身校 筑波大学情報学群情報メディア創成学類
東京大学大学院学際情報学府 博士課程修了(早期修了)
両親 落合信彦(父)

日本のメディアアーティスト、研究者 [1]、大学教員 [1]、実業家、学位は博士(学際情報学)。他にも写真家 [2]、随筆家[3]、オンラインサロン主宰者[4]、ビデオブロガー[5]などの顔を持つ。


公共放送は、令和時代のオピニオンリーダーとして、落合氏を仕立て、新時代を切り開きたいのだと思う。

彼がキャスティングされた理由は、彼の父親は(スーパードライのコマーシャルに起用されたことに象徴される、次代を切り開く)パワフルなジャーナリスト・小説家であり、彼の息子なら、何かをやってくれると思ったに違いない。

さて、父親のWikipediaには次のような批判があった。

批判

これらの自著に記されている武勇伝に対し、奥菜秀次は著書『落合信彦 最後の真実』(鹿砦社、1999)で、誇張や脚色・盗用、あるいは完全な作り話であると述べている。奥菜によれば、次の通りである。
ブルース・リーに空手を教授した裏付けも存在しなければ、ロバート・ケネディやジョン・F・ケネディと対面した記録もない。自著に記されている発見した油田も架空の名前である。

落合の著作中、「(渡米後)ジョン・F・ケネディの大統領就任演説を聞いた」という記述があるが、ケネディの大統領就任は1961年1月であり、落合の渡米は1961年8月である。

KGB長官に会うため、長官室に行くには幾多にも複雑に曲がりくねった廊下と階段を経る必要があったと記しているが、実際の長官室はビルのロビーから真っ直ぐ進んだ場所にあった。

デーブ・スペクターは週刊文春での対談連載(「東京裁判」)を担当してた頃、落合を指名し、直接疑問を問い質した。(アサヒビール・スーパードライのコマーシャルで落合を目にし、余りにもよく目にするので、「これ誰?」と知人に聞いた事を切っ掛けに、落合に関心を持ったと言う。)インタビューは行われたが、落合が「彼(デーブ・スペクター)は、日本を食い物にする人物」と言って、最終的にインタビューの掲載を拒否し、ボツになった。しかし、そのゲラが月刊誌に流出。デーブは週刊新潮のインタビューで、「落合さんの本に“取材では相手を怒らせろ”と書いてあったから、そのとおりにしたら本当に怒ってボツにされちゃった。でも、具体的に何に対して怒ったのかはまったく覚えていないけどね」と語っている[9]。

一方テリー伊藤は同じ記事で、落合信彦を批判することは、「プロレスに対して『八百長だ!』などと怒っているのと同じ」であると反論している[9]。


ま、父親はデマゴーグ(扇動家)なのだろう。小説家なのだから私はヨシとしたい。シーエムで有名になったなら、そもそも電通の駒なのだし・・・。



私の主旨は以下。

NHKは、

・落合陽一氏の専門は、情報学(筑波大学・東大大学院)。メディアアーティストであり、起業家でもあるので、社会をイノベーション・エンタープライズすの洞察力が期待できる。

だが、日本の「情報学」の致命的な欠陥を、NHKは認識しない。それは、

・「すべての情報を否定しない」が、ビックデータの時代の矜持(専門家の基本的な態度)

であるべきなのに、

落合陽一氏は(アカデミズムの)伝統的な態度に終始している。だから、(NHKの番組にキャスティングされたが)

・落合氏は、「浅い」。または「間違っている」。


続きを読む
posted by sponta at 06:43| 東京 ☀| Comment(0) | メディアウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月02日

「芸能人格付けランキング」とポストモダン。

昨日元旦。正月恒例番組「芸能人格付けランキング」を観た。

例によって、GACKT氏は、連勝記録を伸ばしているが、テレビである。私達の世代は「クイズダービー」のはらたいらを覚えている。


生前の野村克也氏が出演し、ワインの品評に関して、

・評価基準が分からないからなぁ〜

とボヤイテいたのを印象的に覚えている。

正解にたどり着くには、「自らの感性を磨く」のではなく、「評価基準を知る」のが近道であると、知将は悟っていた。
続きを読む
posted by sponta at 04:44| 東京 ☀| Comment(0) | メディアウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月26日

レーザー赤色立体地図が、関ヶ原の戦いを再考させる。

グーグルアースは、垂直から見た写真を採用しているが、斜めの場所から見た写真を組み合わせて「赤色立体地図」というのが誕生してるという。

戦国時代は、山城の時代であり、山が削られた跡から、史料とは違った「もうひとつの現実」が現れているという。

城郭考古学者の千田氏は、立体地図をもとに現地訪れ、新説の登場に嬉しさを隠せない。

関ヶ原の戦いは、小早川秀秋の(当日の)寝返りで勝敗が決したとされるが、
立体地図を見るかぎり、「小早川の陣取りの形」は、寝返りを想定していたと推測する。
通常なら、「絶壁の後ろに陣を取る」が、「絶壁の前に陣を構えた」のである。

スタジオの歴史学者は、土木工事をする暇もなく、戦闘が始まったのであって・・・、と立体地図からの憶測に限定的だった。
続きを読む
posted by sponta at 07:33| 東京 ☀| Comment(0) | メディアウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月12日

GoToトラベルGoToイートと感染防止対策は同時進行でまったく問題ないのだが・・・。

マスコミも、コメンターも、野党政治家も、「ブレーキとアクセルを同時に踏んでいる」との発言を繰り返している。

だが、プロフェッショナルレーサーたちは、ブレーキとアクセルを同時に踏むことがある。

たとえば、

・ヒール&トゥ。

そして、

・ドリフト・ターン


経済回復のスピードを落とさないまま、感染対策を徹底する。
そのためには、ブレーキとアクセルを同時に踏むべき。

つか、テレビコメンターの誰も、それを指摘しないのは、解せない。

posted by sponta at 07:59| 東京 ☀| Comment(0) | メディアウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月08日

エディー・ジャパンの心の鍛え方「10か条」。

公共放送「逆転の人生」にエディージャパンのスタッフ、スポーツ心理学の専門家が出演していた。

・緊張や不安をエネルギーに変える。
・大義(何のために戦うか・勝つか)が重要。
・勝つイメージを大切にする。(負けるイメージをしない)※ 投球術でいえば、高めに投げないではなく、外角低めで勝負する。

この心理的な習慣が、ラグビーワールドカップの2015年、南アフリカ戦の勝利を生んだ。

重要なのは、ターニングポイント。潮目。

---ジェイミー・ジョセフもすごいが、エディー・ジョーンズがいなければ、彼の成功はなかった。

彼女の原則は、スポーツのみならず、人生そのものにも効果があると考え、メモした。

【心を鍛える10か条】

1. 家族・友人・同僚との有効な人間関係を重視する。

2. 自分自身を理解する。

3. 現実的な目標を掲げ、大義を明確にする。

4. 成果・良かったことを確認する。

5. グレーゾーンを受け入れる。(勝ち負け・できたできないにこだわらない)

6. 大げさに反応することをやめる。(とっさに、最悪とか言わない。思わない)

7. とにかく前向きにアクションする。

8. 人生を長い目でみる。

9. 楽観的にとらえる努力をする。

10. 機転をきかせる。



続きを読む
posted by sponta at 04:26| 東京 ☀| Comment(0) | メディアウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月03日

ディスカバリーチャンネル「Naked」から読み取れるもの。

ヒロシの「ソロキャンプ」が今年の流行語大賞にノミネートされたというが、マイブーム(死語?)はディスカバリーチャンネルのサバイバル番組「Naked」である。

この番組では、南アフリカのサバンナ、インドネシアの熱帯雨林、中米の無人島、アメリカ・ミシシッピー川の沼地で男女の2人が21日をサバイバルする。

男女は、何も渡されぬまま、素っ裸で、荒野に放りだされる。(環境が厳しいところでは、火つけ具、ナタが渡されることもある)。


番組で知らされるのは、サバイバルに重要な要素は次の4つ。

・水
・食料
・寝床(シェルター)
・火

水は多くの場合、細菌が含まれており、煮沸するか、湧き水を探すなどしないと、一時の渇きはシノゲても、腹痛に襲われる。番組では、自然の水を飲んだため、病気になり、リタイアーする参加者も出る。(3日飲まないと、生命に危険が迫る)

食料も重要だ。参加者は、参加期間中、10kg〜20kg体重が落ちる。つーことは、3日間、何も食べないのは当たり前。人間は体内の脂肪を使うことにより、サバイバルする。
参加者たちは「狩り」をするのだが、用具がない狩りは難しい。結果、収穫物の一番は蛇・ミミズ・亀。漁具がないと魚は獲れない。参加者の男性は、鳥がザリガニを取っているのを見て、自分に出来ないことを悔しがる。
10本ほど番組を観たが、動物を捕らえたのはマングース一匹。先を尖らせた棒で、空洞になった丸太に逃げ込んだところを捕らえたのである。
獲物は食料になったのは勿論、毛皮は衣服になった。

寝床も重要。というのは、裸体で地べたに寝ると「体温が低下する」し、「虫に食われる」から。
最低でも、10センチほど地面からあがった寝床を作る。もちろん、21日間、雨が降らぬことはないから、雨よけもつくる。

そして、火。火が重要なのは、

・低体温症を防ぐ
・水・食料の殺菌
・野獣の襲撃を未然に防ぐ

から。


参加者たちの苦闘に、我々現代人・都市生活者が初心に帰って学ぶべきことは多い。それは、

・知識と道具がないと、人間は無力だということ。

この番組を観て、「蛇と人間の関わり」を再認識した。
蛇というと気持ち悪い生き物と思ったが、原始生活者にとって「貴重なたんぱく源」だった。
WHOの紋章にも蛇は登場するが、蛇には「(蛇の)栄養が人間の命を救う」というイメージがあるのかもしれぬ。
さらに、

・(精神衛生的にも、仕事量的にも)人は一人では生きていけないこと。

筋力的に勝る男性が「狩り」や「寝床」用の木材を集め、手先の器用な女性が、細かい仕事をこなす。この協力関係は、それぞれの資質に根差している。さらにいうと、喧嘩・摩擦を繰り返しながらも、コミュニケーションが、「決定的な精神的な落ち込み」を未然に防ぐこと。

男性参加者がリタイアーした後、女性参加者も精神的に行き詰まり、数日後にリタイアーしたケースもあった。

精神的なストレスを抱えるなら、仕事量が2倍になってもいいと思うかもしれぬが、2倍の仕事量は危機的なのである。


番外編として、北欧のフィヨルドでのサバイバルがあった。寒いので、防寒着は来ている。火つけ具も携帯している。

そこで思うのは、


「暑いところ」よりも「寒いところ」のほうが、サバイバルでやることが単純なこと。

・虫に刺される心配はない。
・植物の棘はない。

低体温症になるため、雪を食べ、水分をとることはできないが、熱帯雨林のサバイバルに比べると楽そう。

−−−そこから思うに、寒い地域の人達が世界制覇に乗り出したのが理解できる。










posted by sponta at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | メディアウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月02日

ヒロシの「ソロキャンプ」番組よりも、ディスカバリーチャンネルの「Naked」

キャンプとは集団でやるもの。

BBQもみんなでやるのが常識だった。

のを、「自己否定をお笑いにした」お笑い芸人・ヒロシ氏がユーチューブにして、ブレークした。


キャンプの魅力。つーか本質は、

・自然との対話。

・人間の本質的営みへの回帰。

・サバイバル

だろう。
とはいえ、キャンプも2極化していて、

・グランピングという、豪華なキャンプ


と、

・(持っていくのは、火おこし具とナイフ、ターフ、鍋など。テントの柱は現地調達して作る)最小限の用具のブッシュクラフト


という。

行って楽しいのはグランピングであり、観て楽しいのは、ブッシュクラフトだろう。

石橋貴明氏は「焚火の前での対談」を番組にしているが、ヒロシの番組に対談は無い。「火を起こすだけ」で番組が成立する。

・・・なんて思っていたら、ディスカバリーチャンネルに「Naked」という番組があった。

究極のサバイバル番組である。
続きを読む
posted by sponta at 05:25| 東京 ☁| Comment(0) | メディアウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月28日

タイタニック号沈没、ボイラー火災説。

公共放送の「海外のドキュメンタリー番組」で、タイタニック号の沈没を取り上げたものがあり、驚いた。

でもって、Wikipediad で確認すると、こんな記事があった。
続きを読む
posted by sponta at 14:24| 東京 ☀| Comment(0) | メディアウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月27日

三島由紀夫と明智光秀は同類。犬死である。


2020年、大河ドラマは明智光秀。

明智光秀は、旧来の権威を尊び、足利将軍を擁立するために信長に取り入り、信長が天皇の権威を無きものにしようとしたため、本能寺の変を起こしたとの解釈が一般的である。


一方、今年、三島由紀夫の自決が断続的にマスコミに露出している。

論調は、ノーベル賞を期待される文壇の最エリートが、自らの主義・主張のために自らの命を投げ出したことに価値を見出している。
だが、彼の主張を一言でいうと、

・自衛隊は、天皇の軍隊としての気概を持て。

彼は、自衛隊が憲法違反なことに、自衛官たちが反発しないことを憤った。

美濃部達吉氏は「天皇機関説」として、天皇制は「挙国一致のためのシステムである」と看破したが、三島は「明治政府の洗脳にまんまとはまった」純朴な魂。
続きを読む
posted by sponta at 07:36| 東京 ☁| Comment(0) | メディアウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月25日

Qアノン。または、アメリカ最高機密文書。

トランプ支持派にQアノンという人たちがいて、アメリカは少数のVIPによって牛耳られているとし、トランプ氏は、Qアノンに対抗しているとした。

フジテレビのコメンターを務める木村太郎氏は、「Qアノンを取り上げるなら、私は要らない」と、一蹴する。

BS-TBSの報道系番組でも、Qアノンの是非をとりあげるでなく、「陰謀論は虚論である」と、その可能性を吟味せず、批判的な立場のコメンターしか出演していない。


一方のアメリカのマスコミは何が起きているか。

ヒストリーチャンネルでは、

アメリカ極秘文書の謎S2


というのをやっている。

この番組は、過去の新聞記事やマスコミ映像を再構成したものであって、「大統領だけが知っている機密事項」「政府だけが知っている機密事項」は存在する。または、必然であるとのメッセージでまとめられられている。

・ビンラディンを殺害する

のは超法規的な措置(裁判をへない、外国での外国人の殺害)であり、その活動を隠ぺいすることは是認される。

続きを読む
posted by sponta at 07:56| 東京 🌁| Comment(0) | メディアウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月24日

日本のマスコミは、陰謀論を論じられない。

BS-TBSで、アメリカの陰謀論がテーマになっていた。

要は、Qアノン。

Qとは、国家は少数者によって、動かされており、それを匿名者たち(アノニマスン)が告発する。ということ。

スタジオに集まったジャーナリストや大学教授は、陰謀論は虚構・虚妄として、その真偽を一切論じない。


アメリカの独立時から、影の政府(ディープステイト)が存在するという噂があったという。
続きを読む
posted by sponta at 04:30| 東京 ☁| Comment(0) | メディアウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月17日

小林麻耶さんの旦那の勘違い。(神のお告げで現場が混乱・・・)

あはは・・・。

笑止ということなんだが、

・麻耶さんの旦那は間違っていない。

ただし、

・人間、誰もが神。

なんであって、

・自分だけが神。

とか、

・自分に寄って来た神だけが絶対

ではない。


こういうのは、

・中途半端な霊能力の持ち主が陥りやすい習性

であって、特筆すべきでもない。
さらにいえば、自分には「霊感・直観・第六感のないと思い込んでいる」洗脳されやすいタイプが、信じ込んでしまう。

あは。

続きを読む
posted by sponta at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | メディアウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月16日

「欧州で生き残る」。長谷部・吉田・岡崎。現役選手たちの鼎談。

吉田麻也選手が言っていたが、日本のサッカー選手にとって、貴重な番組になった。と。

私もそう思うが、

・問題提起をしただけで、回答を出していない。

これではダメ。


先達は、後輩たちのために、

・自分の経験を公開する。

そして、

・(先輩たちの経験をかてに)それ以上を達成させる。

のが理想。

つまり、

・自分で考えるために、「教えない」

のは、意地悪であり、悪弊。つか、

・自分自身もよく分かっていない

ことの表明である。
続きを読む
posted by sponta at 08:25| 東京 ☀| Comment(0) | メディアウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月13日

自分のこどもたちを(小林麻耶さんのような)似非・神秘主義者に洗脳されないために・・・。


古巣が怒りの出禁処分を下すことは確実だ。元TBSで現フリーアナウンサーの小林麻耶(41)がレギュラー出演していたTBS系情報番組「グッとラック!」を降板した問題で、「番組スタッフからいじめを受けた」などと主張していることに、TBSサイドは猛反発している。

 番組降板となった12日には、所属事務所「生島企画室」は「この度、慎重に話し合いを続けて参りましたが、それぞれの思いがあるなか、正常なマネジメント業務を行う事が困難になった為」、この日をもって契約を終了したと発表した。

 小林は同日早朝に自身のユーチューブチャンネルに動画をアップ。同番組のファッションコーナーのスタッフにイジメを受けており、10日のロケに行かなかったため翌11日に降板を言い渡されたと主張した。TBSはこの事実を否定している。

TBS関係者は「番組やファッションコーナーを担当しているスタッフたちの認識では、イジメなんてなかった。むしろ小林がワガママを言うことが多く、10日以前にもロケが成立しないことが何度かあり、問題になっていた」。

 今回の一件が表沙汰になる前にも、「事務所を辞める・辞めない」「番組を降板する・降板しない」で小林と事務所の間でもめており、番組降板となりかけたこともあったという。「『グッとラック!』のプロデューサーが事務所と小林の間に入って、円満に事が進むように骨を折っていました。

一時は小林も態度を軟化させ、これまで通り番組を続けるということで話はまとまったはずなのですが、10日のドタキャンが決定打となりました」(制作会社関係者)

 TBSとしては小林のためにここまでやったのに、結果的にはイジメ犯∴オいされてしまった。「現場は『またか…』と怒りを通り越して呆れているのですが、局上層部はかなり怒っています。今後、小林の起用NGは共通認識となっており、出禁になることは避けられない」

 小林は元TBSアナウンサーにもかかわらず、局の敷居をまたぐことは二度となさそうだ。

東スポWEB


上記は、マスコミ報。

ウェブ報は以下。


3名無しさん@恐縮です2020/11/12(木) 21:04:00.48ID:+K5WdwFv0
一番ヤバいのは旦那のスピリチュアル商法
4名無しさん@恐縮です2020/11/12(木) 21:04:12.10ID:keQmjJdH0
 MCを全否定した奴はテレビから消えてるよ
番組潰す気かってのがスタッフの反応

9名無しさん@恐縮です2020/11/12(木) 21:05:45.12ID:s8Inm2Oa0
出禁もなにも、半キチガイなんだから誰も使わないだろ

10名無しさん@恐縮です2020/11/12(木) 21:06:10.51ID:Sv2gjJZ00
まーた謎の整体師案件かよ

11名無しさん@恐縮です2020/11/12(木) 21:06:39.16ID:PXLhBLk20
小島に継いでか

19名無しさん@恐縮です2020/11/12(木) 21:08:03.02ID:JMGnsmWP0
結局は小林の被害妄想でTBSに泥を塗った訳か。そりゃ生島ヒロシも怒るわな。

20名無しさん@恐縮です2020/11/12(木) 21:08:07.66ID:4JSUjOgM0
小林麻耶って最近は色々ヤベー感じなんだな
 テレビ局も小林どっちも信用出来ない厄介なケース

21名無しさん@恐縮です2020/11/12(木) 21:08:19.96ID:aCEhm1r80
ダンナが原因だろ

22名無しさん@恐縮です2020/11/12(木) 21:08:24.22ID:DrQz/58U0
ぶりっ子メンヘラおばさんw

23名無しさん@恐縮です2020/11/12(木) 21:08:46.80ID:SZRZ3lg60
 TBSだけじゃなくテレビ、ラジオ等の出演はもう無理だろ
 イジメの有無は別として、番組出演放棄してYouTubeで言いたいこと言ったら終わる
残された道は完全引退 AV出演

 医者に診てもらって精神的におかしくなってたとかなら、完治したら復帰の可能性あるだろうけど
私が思い出すのは、彼女の結婚相手が整体師というなら、

・横綱・貴乃花の整体師による洗脳騒動。

これにより、藤島一家は分裂した。


小林譲の旦那のマスコミ報。

「実は‘18年に結婚した麻耶さんの旦那さんが、この番組からの降板を麻耶さんにアドバイスしていたそうなんです。彼は整体師なのですが“宇宙ヨガ”によるヒーリング効果を謳うなど、スピリチュアルな面も持っている。

彼女に“テレビ局の方角が悪い”とか、“楽屋の場所が風水的に良くない”など、いろいろと助言していた…と聞いています。番組も彼女サイドからいろいろな注文を言われ、かなり参っていたのは間違いないでしょう」(TBS関係者)

夫の影響なのか、最近では占い師的な活動もしている小林。改善の難しい点が原因で番組降板となれば、番組側としても納得しづらいのは仕方ないだろう

FRIDAY デジタル

女子アナウンサーの(精神的な)醜悪さを指摘してきたのは、マツコデラックス嬢である。

つまりは、

・自分は、美人である。

・自分は、学歴エリートである。

と思っている人間が、

・知名度・人気・高報酬を手に入れた

から、始末が悪い。


ご子息を、地上波テレビ局の女性アナウンサーにするのは、「子育て成功」の部類だろう。

だが、それが、「得体の知れない神秘論者・サイキスト」に取り込まれるなら大失敗。

彼女の場合は、オウム真理教に入会し出家。サティアンに籠り、教祖と同居・同衾しているに等しい。

※ 超能力



そのようにならぬためには、どのような子育てをすべきか?

回答は、以下。

・スピリチュアルを否定しない。

・スピリチュアルの道理を教える。

である。
続きを読む
posted by sponta at 06:03| 東京 ☁| Comment(0) | メディアウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月10日

人生相談「彼氏ができない」に答えるジェーン・スー。

車中でTBSラジオの人生相談を聴いていた。

質問者は、

・自己肯定感はある。
・容姿は人並み。

だが、

・彼氏ができない。(もちろん、彼氏なら誰でもいいという訳ではない)

という悩みだった。

番組パーソナリティーのジェーン・スー嬢が、心理的な解説をはじめたので、嫌になって、ラジオを切った。

だから、彼女の回答を知らない。


だが、spontaが考えるような答えはないだろう。私の回答は以下。

・そもそも「彼氏ができない」という考え(争点・テーゼ)が間違っている。

男性からの「アプローチ・告白を待つ」のではなく、

・誰かを好きになり、積極的に行動する。

時には、

・セックスを提供してもよい。

男が言えば角が立つが、女が(自分で)言うなら問題がない。「減るもんじゃないんだから・・・」

つか、そんなことで「心が擦り減らない女性であるべき」。



フシダラと陰口を言われようと、気にすることはない。

「据え膳食わぬは男の恥」という言葉があるように、「股を開く覚悟」があれば、とりあえず問題は解決する。

勿論、二股をかけられたり、不倫に陥ったりするかもしれぬ。
だが、それはまた「別の話」であって、「彼氏ができない」という悩みは解消する。

続きを読む
posted by sponta at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | メディアウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月09日

加藤綾子にはチンコがないが、木村太郎にはチンコがある。(当然か)


1首都圏の虎 ★2020/11/09(月) 00:16:27.98ID:CAP_USER9>>2>>6>>7>>54>>60

アメリカ大統領選の開票真っ只中である11月4日夕方、フリージャーナリストの木村太郎氏が『Live Newsイット!』(フジテレビ系)に出演。大統領選挙に関しての私見を述べた。

 前回の大統領選時、トランプ当選を唯一予想していた男≠ニして有名な木村氏。今回も選挙前から一貫してトランプ当選≠予想し、各番組でもトランプ寄りの発言を繰り返している。

しかし、米国の事前調査では「バイデン候補が僅差でリードも、トランプ大統領が追い上げ中」と予想されていたため、メインキャスターの加藤綾子は「太郎さんは何でトランプ推しなんですか?」と質問。

これに対し、木村氏は「僕は好きでも嫌いでもなくて、そういう情勢を分析すると、これはトランプ勝つだろうなという判断をしただけのことです」と返し、生活に関する世論調査や地方紙の社説など、トランプ大統領有利とする「分析」の根拠を語っていった。

この加藤の質問に噛み付いたのが、政治問題に熱心な政治厨≠ニ呼ばれるネット民だ。

“当選可能性”と“好き嫌い”を混同しているとの批判が 日本の政治事情に外国人が口を出すことを「内政干渉」と批判する彼らだが、自身はアメリカの大統領選挙に毅然とコメント。

加藤の「推し」発言に対しても、「どちらが当選するか」ではなく、「推す・推さない」という好き嫌いの問題に変わっていると厳しく指摘し、加藤に対して

《正真正銘の愚問だね。大統領選挙本番の情勢分析に「推す・推さない」でコメントする人間は普通いない》

 《ただ好きで推してると思っちゃってるのか》

 《冷静に分析してトランプ勝利を予想しただけでトランプ支持ですか?って こういう感覚が1番怖い》

 《好きなアイドルの総選挙じゃないんだから、推しって…》

など、猛批判を浴びせたのだ。

 「好き嫌いではないと言うものの、木村氏がトランプ氏を擁護しているのは事実。同日夜の『プライムニュース』(BSフジ)でも、まだ結果が出ないうちに勝利宣言≠行い、共和党内からも批判を浴びたトランプ氏の行動を『数時間前にバイデンが先にやった。

トランプだけ非難するのはおかしい』と、スタジオがポカンとする中で1人擁護していました。一応、バイデン候補は『勝利するのは明白』などと勝利宣言を示唆しただけで、『最後の一票が数えられるまで結果は分からない』とスピーチしただけなのですが…。しかし、ここまで逆風でもトランプ支持≠貫く男らしさが、日本のトランプ支持者から礼賛されているため、この層から加藤が批判を浴びるのも無理はありません」(政治アナリスト) 加藤が首を突っ込んだ場所は、相当厄介なところだったようだ。



かつて小池百合子東京都知事には「チンコがある」と、記事にしたことがある。

つまりは、右か左を気にする。「チンポジを気にする」。つーこと。

チンコは、他人(恋人)にとって「(ぎんぎんに)上を向いているか」「(うなだれて)下を向いているか」が重要であって、「右か左はどうでもよい」。

すでに「上を向いている」なら、

・クンニなどされて準備態勢を整えなければならぬし、

「下を向いている」なら、

・フェラチオなど、何らかの作業にいそしまなければらぬ。

我が校長・今村昌平監督は、

・すべてはチンポが立っているうちだぞ

との貼り紙を葬儀に張り出し、家人にはずされた。が、「光陰矢の如し」。「矢の如き口淫」をすばやく行わなければならぬ。


木村太郎氏は、「イデオロギー・政策」で政治家を選べと胸を張るが、

女性に限らず、一般庶民は、「人柄・嘘をつかぬか・実行力があるか」で政治家を選ぶ。



それを否定する「木村氏は昭和な人」というだけのこと。




否、加藤綾子嬢の発言は、

・(いままで、そして、いまでも多くの場合)自分が推している候補者を有利として報道してきたこと

を明かしている。

テレビCMの封切り映画のコマーシャルは、「客観的な情報公開が絶対」のコマーシャルなのに、「絶賛公開中」との表現が許されている。
これがもし、映画ではなく、健康食品なら、

・個人の意見であり、品質を保証するものではありません。

との文字情報が添付されるところである。

その典型が「鬼滅の刃」である。



嘘も百ぺん言えば、本当になる。

昭和の予算が膨大なだけで、薄っぺらいだけの角川映画も、最近では、名作と勘違いする若い人たちがいる。

黒沢映画も、名作・傑作はほんの少しで、半分以上は「作家性に君臨された」出がらし。(フランスの芸術家・デュシャンは、「自分のやりたいことが100%達成されたら、それは芸術ではない」と言っているから、嘘ではない)



加藤嬢は、高校時代はヤンキーファッションが好みで、音楽大学卒業。

政治やイデオロギーと遠いところにいるからこそ、信頼できる。



posted by sponta at 08:48| 東京 ☀| Comment(0) | メディアウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月08日

「Qアノン扱うなら、ボク要らない」(木村太郎 )



同局の伊藤利尋アナウンサーが、トランプ氏の熱狂的支持者「Qアノン」の存在を紹介。ネット上に突如現れたQという人物(あるいは集団)の「トランプは救世主である」という主張を伝え、それを信じる集団が一定数存在すると説明した。さらに、明治大学の海野素央教授のコメントとして「FBIはQアノンを国内テロの脅威と認識している」と解説した。

 これに、木村氏はあからさまにムッとしながら「これバラエティー番組?情報番組かと思ってたんだけど」と不満を伝えた。「この話は古い週刊誌のネタ、すみっこにあったやつを何で引っ張り出してきたのか。選挙にはまったく何の関係もない話」と一蹴。

「取り上げるならバラエティー番組でやってもらいたい。ぼくいらないから!」とバッサリ切った。


続きを読む
posted by sponta at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | メディアウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ファン
 メッセージを送る
 このブログの読者になる
 更新情報をチェックする
 ブックマークする
 友達に教える
RDF Site Summary
RSS 2.0