2017年05月20日

ナショナルジオグラフィック制作のドラマが面白い。

「ジーニアス」という、アインシュタインの生涯を扱ったドラマである。

http://natgeotv.jp/tv/lineup/prgmtop/index/prgm_cd/2188



テレビドラマシリーズだが、製作総指揮がオスカー監督のロン・ハワード、主演もオスカー俳優と一級の作品である。

というか、硬派なドキュメンタリー番組ばかりをオンエアしているチャンネルならではの、骨太な感じが好ましい。

つまりは、人間関係の対立が、「感情」を主軸に語られるのではなく、お互いの「哲学や価値観の違い」をもとに、表現されていること。




ドキュメンタリーの専門チャンネルが、かなりの予算を使って、フィクションを作成したところが、面白い。

フィクションとノンフィクションの境界の曖昧さを実感する。

おもしろければ、なんでもありなのだ。

posted by スポンタ at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | メディアウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月14日

問題は、政治的発言ではなく、プロ市民。

ガレッジセールが、干されているのだという。
続きを読む
posted by スポンタ at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | メディアウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月03日

浅丘ルリ子さんのセリフ

美容整形について記事を書いたら、5月2日の放送で「安らぎの里」で、
私は、整形なんてやっていません。という浅丘ルリ子さんのセリフがあったので、苦笑した。

しわ伸ばしのために、顔面の皮をひっぱったりしたことが、ああいう変形をしたことの原因であることは、明確であろう。



ドラマは虚構だとしても、そのようなセリフを、よりにもよって、本人に言わせる。
シナリオライターは、サディストである。



posted by スポンタ at 13:22| 東京 ☀| Comment(0) | メディアウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月02日

誰にでも分かる整形手術をしたかどうか。

「安らぎの里」を観ている。倉本聰氏のシナリオである。

この作品から理解できるのは、昭和のシナリオライターの代表ともいえる向田邦子氏と同様に、主人公の心の声をともに、ドラマを構成する手法は、〈私小説〉的であって、〈演劇的〉ではない。アンチドラマであるということ。

つまり、シナリオライター希望者や、映画監督志望者が、向田邦子や倉本聰の脚本を手本にしたら、「とんでもないことになる」。




さて、加賀まりこ、八千草薫、浅丘ルリ子の3人が出演しているのだがら、彼女たちから理解できることは、浅丘ルリ子だけが、美容整形手術を行ったことである。

美容整形手術を行ったことがある顔面は、歳を経ると、よく分かる。
マダム・デビィ、弘田三枝子、森進一、みんな同じような顔に変形してくる。
最近では、木村拓哉の細君も、その類であることが理解できる。



交通事故で顔面を損傷し美容整形を行ったのなら理解できるが、彼女たちの風貌は…。
まさに、事故である。

けっして美形とはいえない、ママドルの女子プロレスラーがいるが、彼女はどうなっていくのか…。
posted by スポンタ at 19:54| 東京 ☀| Comment(0) | メディアウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月27日

私が、ブログを書く理由。

私のブログを1日数百人の人が見ている。ただし、読んでいるかどうかは分からない。
この数が少ないのか、多いのかは分からない。
長期間、更新しないでいると、続けてくれと、嬉しいコメントを頂戴するので、なんとか続けている。
続きを読む
posted by スポンタ at 07:15| 東京 ☁| Comment(0) | メディアウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月11日

〈量〉よりも、〈質〉。そして、客観的な〈質〉。


ディープラーニングに興味があって、数学が苦手という人は、「機械学習入門」という本を読むといい。

https://www.amazon.co.jp/%E6%A9%9F%E6%A2%B0%E5%AD%A6%E7%BF%92%E5%85%A5%E9%96%80-%E3%83%9C%E3%83%AB%E3%83%84%E3%83%9E%E3%83%B3%E6%A9%9F%E6%A2%B0%E5%AD%A6%E7%BF%92%E3%81%8B%E3%82%89%E6%B7%B1%E5%B1%A4%E5%AD%A6%E7%BF%92%E3%81%BE%E3%81%A7-%E5%A4%A7%E9%96%A2%E7%9C%9F%E4%B9%8B/dp/4274219984

この本はどんな本かといえば、以下

「私が世界で一番美しい」と思っているお妃さまがいる。
だが、真実の鏡は、「あなたが世界で一番美しい」ではないとして、「世界で一番美しい人の割り出し方」を、人工知能的に開発する。
その物語の中で、人工知能やディープラーニングに関する基礎的な考えや用語が解説される。
続きを読む
posted by スポンタ at 08:00| 東京 ☀| Comment(0) | メディアウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月06日

厚顔無恥な倉本聰氏。「やすらぎの里」批判。

自らを投影したシナリオライターの主人公を石坂浩二氏が演じている。

びっくりするのは、今のテレビをダメにしたのは、テレビ局員たちであって、シナリオライターの自分はそうではないと、作中で表現しているからである。

続きを読む
posted by スポンタ at 07:17| 東京 ☁| Comment(0) | メディアウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月01日

純粋・倉本聰批判。

昭和のドラマツルギーが崩壊している。
倉本聰という名前はビッグネームだが、それは、「前略、おふくろ様」や「二丁目三番地」の頃の話であって、私は北海道に移ってからの彼をまったくもって評価しない。

娘の大学の研究は、「客観的で、妥当性のある評価」の実現だったが、その結論は、次のようになる。

1. 個人の主観は、〈主観的〉であり、集団の大多数にとって、〈妥当性〉があるとは限らない。

2. 「人間は神ではない」ので、〈集合知〉によって、「客観的で、妥当性のある評価」を実現しようとしても、SNSは広告代理店や組織団体による発信が大部分であり、〈妥当性〉は感じられない。
というか、大衆の大部分は、パッシブ(受動的)な個である。

3. そこで、アクティブ(主体的)な個。つまり、「人間(自分)の中の内なる神(内観)」によって、「客観的で、妥当性がある評価」を下そうと考えた。
しかし、それでは、〈主観的〉であるとの批判を免れない。そこで、評価基準に基づいた〈形式批評〉によって、「客観的で、妥当性のある評価」を実現しようと考えた。
つまり、〈評価結果〉は、個の主観によって生まれたものに過ぎぬとしても、〈評価基準〉には、「妥当性を期待できる」し、その重要度によって、〈客観性〉の度合いも吟味できる。


その先には、データーマイニングの手法として、〈細分化〉がある。
〈細分化〉によると、次のようになる。


例文:
有名シナリオライターの倉本聰氏の、一流テレビ局が制作する新作ドラマは、素晴らしい品質を備えている。

上記は、以下のような固有名詞、形容詞がリンクした形である。

有名シナリオライター=倉本聰=一流テレビ局=テレビ朝日=新作ドラマ=素晴らしい品質

このリンクを外すことが、〈細分化〉である。

有名シナリオライターだからといって、素晴らしい作品とは限らないし、
倉本聰氏の作品だからといって、素晴らしいとは限らない。
これは当然のことだ。

名プロデューサーの秋元康氏が、トップアイドルだと、前田敦子氏をたたえたとしても、トップアイドルの評価基準に照らし合わせて、「客観的で、妥当性のある吟味」をしなければならない。
美貌、歌唱力、ダンス力、演技力のどれをとっても、前田嬢をトップと評価できる要素は見当たらない。





データマイニングの〈断片化〉の手法は、歴史の分野でも、この手法が注目されている。

たとえば、信長公記という歴史的な信憑性が高い文献であっても、記述のすべてが事実に基づいているとは限らない。
つまり、中世の京都の深夜に、数千人の武士が行軍すれば、甲冑の擦れる音は、闇夜にとどろくに違いない。ならば、本能寺の信長が、寝込みを襲われることなどありえない。
歴史とは文献学だったが、文献をすべて信じてしまうのではなく、文献以外の研究も交えて、総合的に歴史を検証しようというムーブメントが起きているのだ。

いままでは、「細分化」という分析の手法だったが、構成要素と全体の関係をバラバラにして分析する〈断片化〉という手法が新しい。




倉本氏は、番組宣伝の出演で巻物を出し、年度別に何が起きたか、何か流行ったかなどの年表があり、それを登場人物の人生と重ね合わせて、ドラマに活かすという手法を行っていることを誇らしげに語っていた。

しかし、そのようなドラマではない要素が、観客の感動を呼ぶのだろうか。
倉本氏が脚本を書いた神楽坂を舞台にしたドラマでは、初回冒頭の10分以上が神楽坂を紹介するだけで、ドラマ的な要素が一切感じられなかった。

今回は、その「懐かし昭和版」ということだろうか…。



彼は、シナリオ作成にあたって「履歴書」を書くと、自らの手法を紹介していたが、それは、作家が創作をするための地盤としては必要不可欠かもしれないが、それを実作に使うなら、「設定」でしかなく「ドラマ」は発生しない。

「履歴書を書く」とは、黒澤明監督たちの手法として有名だが、それは、準備体操やキャッチボールのようなものであって、それをそのまま、脚本にしたら、「設定だけのドラマ」になってしまうのである。




今回の倉本聰氏の作品は、宮崎駿氏の「風立ちぬ」のようなものだろう。
「風立ちぬ」の後半で、昔、学生たちの間で歌うことが流行った曲で盛り上がる。だが、その時代を知らない世代にはまったく意味がない。ならば、作家の自己満足である。

ドラマは叙事詩的であってはならない。抒情詩的でなければ…。そのことをシナリオ界の重鎮が語らないのなら、日本のシナリオ界の低迷は今後もつづくに違いない。





posted by スポンタ at 12:49| 東京 ☔| Comment(0) | メディアウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月12日

長澤まさみ、映画で裸になるのを断る。

「山田孝之、カンヌ映画祭り」である。
しかし、山田孝之氏、登場する映画監督氏などが、あまりにカンヌ映画祭を、そして、映画を分かっていないことに、私は呆れてしまう。

山田氏は、カンヌ映画祭でパルムドールを得ることを目標に、映画づくりを始めているが、まったくもって、分かっていない。
続きを読む
posted by スポンタ at 05:38| 東京 ☀| Comment(0) | メディアウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月08日

指揮者・三ツ橋敬子さんの理想と現実。

先週の「題名のない音楽会」が指揮者の特集で、若手の3人の日本人指揮者が自ら憧れの指揮者をあげていた。
その3人とは、カラヤン、クライバー、ストコフスキーであった。

そして、三ツ橋敬子さんがあげたのがカルロス・クライバー

彼女は、かつて「情熱大陸」に出演していた。

http://omosirodougadehappy.seesaa.net/article/256598807.html続きを読む
posted by スポンタ at 12:41| 東京 ☀| Comment(0) | メディアウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月05日

日本に行きたい人、応援します。(テレビ番組)

今、テレビで楽しみにしている番組は、この番組だけといっても、過言ではない。

日本が好きで、好きでたまらない異国人の様子も素敵だが、ふだん、あまり日の当たらない伝統技術や伝統芸能に地道に取り組んでいる人たちが、異国人によって照明をあててもらって、自分たちのやってきたことの価値を感じる。
それがすばらしい。
日本は、アニメやアイドルだけではない。

先日の番組では、琉球舞踊だったし、その前は、庭師が使うジョウロ、刃物、手鞠、着物、錦鯉、庭など、異国人に指摘される前に、私たち日本人が、自らそのすばらしさに気づくべきものばかりである。

スポーツで金メダルなんてことよりも、日本人としての誇りを持つには、こちらの方が数倍もすばらしい。
続きを読む
posted by スポンタ at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | メディアウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月04日

テレビドラマ。明日、突然ですが、結婚します。

視聴率が低迷しているが、ネット視聴のレイトはきわめて高いのだという。

つまりは、視聴率というシステムが、すでにテレビというメディアに対応していない。
視聴率によって、広告費が分配されるというビジネスモデルが崩壊しているのだ。


しかし、ビジネスモデルが崩壊しているからこそ、広告業界の寡占企業である広告会社Dの横暴が成立する。
下手に妥当性があるなら、市場は「合理」に従うが、妥当性がないなら、「無理が通れば、合理は引っ込む」のである。
続きを読む
posted by スポンタ at 06:52| 東京 ☀| Comment(0) | メディアウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月28日

日本史の教科書が変わる。

鎖国の表現がなくなり、聖徳太子がウマヤドノオオジになるのだとか…。

テレビの解説では、最近の研究により、事実が分かってきたということらしい。
だが、そんなことは偽りである。

この変更の裏には、いままでの皇国史観や、被虐史観を良しとしない人たちが増えている。その結果、教育が変化している。…そんな感じである。
続きを読む
posted by スポンタ at 18:53| 東京 ☀| Comment(0) | メディアウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月24日

日本だけでなく、世界のほとんどの国には四季がある。

外国人&ハーフの鼎談の話題。
「日本だけ四季がある」というのは間違いと、疑問を傾げる。
これは、外国人にとってだけの疑問ではなく、海外旅行に行った日本人にも当然の疑問である。

そのような教育をした文部省に、疑問を提示するとともに、修正を依頼すべきである。
続きを読む
posted by スポンタ at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | メディアウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月23日

Why English speaking people?

厚切りジェイソン氏は、30歳を越えて間もないというのに、すでに、リタイアーできるような資産を得ているのだという。
自らの厚遇に甘んじて、その原因となった奇怪な世界経済のしくみを批判しないのは、理知的ではない。

ジャニーズ事務所のSMAPのタレントたちは、自分たちがおかれている不可解な状況が解っているから、災害が起きるたびに、億を越える金額を募金してきたのである。

さて、彼のネタは、Why Japanese people? だが、英語にも理解できないものがある。



ポンド。
これを略語で記すと、lb.
つまり、1ポンド(重さの単位)と書くなら、1lb.となる。手書きすると、1ポンドなのか、11ポンドなのか、ほとんど分からない。



約を、英語にするとプロキシメトリー。
したがって、1.01では長いので、約1としようとすると、プロキシメトリー1となる。これでは、「約」という単語に置き換えて、短くしようと思ったのに、逆に長くなる。



Why English speaking people?
posted by スポンタ at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | メディアウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月22日

厚切りジェイソン・パックン・シェリーによる欠席裁判。

フジテレビ「ボクらの時代」に、二人の外国人とハーフが鼎談していた。
ちなみに、三人とも伴侶は日本人である。
続きを読む
posted by スポンタ at 13:15| 東京 ☀| Comment(0) | メディアウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月14日

若手女優の突然の芸能界引退について…。

今回の件とは、まったく関係なく、具体的な事実だけを指摘しておく。
続きを読む
posted by スポンタ at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | メディアウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月18日

嫌われる勇気。

アドラーの本であり、ドラマのタイトルでもある。
だが、アドラーの心理学を、承認要求とか、人間の悩みは、すべて人間関係によるものであるとか、と、考えていては、本質はつかめない。

続きを読む
posted by スポンタ at 07:17| 東京 ☁| Comment(0) | メディアウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月08日

いきものがかり。放牧・・・。

いきものがかりが、活動休止を放牧と形容した。

水野氏は、本格的な音楽を所望しているのに、いきものがかりが求められている音楽が、あまりに大衆的であるため、活動が行き詰まるに違いないと思っていたから、今回の活動休止は当然のことだと思っている。



ステージでの水野氏のギタープレイを見ていれば、グルーヴを求める演奏をしていることが理解できるはず・・・。続きを読む
posted by スポンタ at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | メディアウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月07日

フランス留学中の女子大生の遭難。

昨年の軽井沢のバス事故は、娘の一学年上の学生だったので、SNSの共通の知り合いが数人いたというが、今回は娘の一つ下の学生なので、共通の知り合いが10ほどいるのだという。

娘は今、卒業旅行の第一段。
昨年の事故があったので、バスの選択には細心の注意を払っていた。

続きを読む
posted by スポンタ at 07:53| 東京 ☀| Comment(0) | メディアウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ファン
 メッセージを送る
 このブログの読者になる
 更新情報をチェックする
 ブックマークする
 友達に教える
RDF Site Summary
RSS 2.0