2015年02月17日

現代において、人間を拘束するものはなにか・・・・。

MSNニュースにこんな記事をあった。

【ベルギー売春宿の実態、脱出女性が語る 性的暴力に監禁状態】

 だがキャロルさんは薬を飲まされて3人の男から性的暴行を受け、その様子を撮った動画で脅迫され売春を強要された。「それが悪夢の始まりだった」

 最初の2か月間はほとんど囚人のような扱いを受け、24時間働かされた。派遣されたシャンパン・バーや売春宿では監禁状態に置かれた。派遣先の店の店主たちは「ドードー」の知り合いたちだったという。

「まるで現代の奴隷制度だった。外出や週末に休みをもらうにも許可が必要で、客から苦情があれば許可してもらえなかった」とキャロルさんは振り返る。

http://www.msn.com/ja-jp/news/world/%e3%83%99%e3%83%ab%e3%82%ae%e3%83%bc%e5%a3%b2%e6%98%a5%e5%ae%bf%e3%81%ae%e5%ae%9f%e6%85%8b%e3%80%81%e8%84%b1%e5%87%ba%e5%a5%b3%e6%80%a7%e3%81%8c%e8%aa%9e%e3%82%8b-%e6%80%a7%e7%9a%84%e6%9a%b4%e5%8a%9b%e3%81%ab%e7%9b%a3%e7%a6%81%e7%8a%b6%e6%85%8b/ar-BBhD2Vp?ocid=iehp#page=2




被害者を拘束したものは、両親や社会がらすりこまれた「(彼女の)性に関する固定観念」であることに、閲覧諸氏は、気づくことができるだろうか。

危険な地域に行かない。というのが一番の対策だが、「万が一の場合」に備えて、心理的な対策も、事前に施して於くべき。

被害者にはフランス人が多いと記事は指摘するが、性に開放的といわれる北欧の被害者はいるのかとの興味も、私には存在する。

宗教と同じように、性に関する認識も、洗脳なのだろう。
posted by スポンタ at 06:59| 東京 ☁| Comment(0) | ネットウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月16日

事前宣告の可否。

私には、トラウマがあり、「歯医者が嫌い」だ。

しかし、最近の歯科治療の無痛化は素晴らしく、私の「歯医者嫌い」はまったく妥当性をもたない。




ダメダメな私だが、「私なりの努力」はしていて、新婚当時にできた「歯学生の友人」のところに、無理やり通うことにした。

妻は、知り合いに「口の中に手を突っ込まれるのは嫌」と、最初は抵抗していたが、「友人の誠実さ」は疑いようもなく、20年以上たった今でも、彼の歯科医院に通っている。



さて、先日の治療。
麻酔を注射で、チクリとしますよ。とのこと。
実際は、「注射の痛み程度」の痛みだったから、「何の事はない」。というか、これをトラウマにしない為の、「心理的な処理」が、私の課題となった。

医者としては、事前予告は業務上・当然のことだろう。しかし、突然の方が、心の準備をしなくてすむ。さらに言うと、医師により「痛い」と定義ずけられてしまうのも・・・。

これは、私と彼の信頼関係があっての不満だが、患者にもいろいろなタイプがいて、なかなか難しい問題なのかもしれない。



先日、「〇〇君とは、歯がなくなるまでのお付き合いだね」と言ったら、「歯がなくなったら、入れ歯があるでしょ」とのこと。

私は、友人に一生頭が上がらない。つか、開いた口が塞がらない。意味が違う・・・。




posted by スポンタ at 00:38| 東京 ☁| Comment(0) | ネットウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月08日

「こどもに何になりたいか?」を聞いてあげることの重要性。

昨日の娘は、ゼミの○○周年のイベントがあり、託児所係をやったという。

娘は学部2年だから、研究会のアカデミック・カーストでは、最下位またはブービーであり、「下手に目立つ」よりも「裏方に徹するのがいいいよ」なんて、アドバイスしていた。

娘は、卒業生のこどもたちとコミュニケーションをしながら、最近の育児事情について取材したのだという。
続きを読む
posted by スポンタ at 06:56| 東京 ☁| Comment(0) | ネットウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月07日

タイム感、リズム感、グルーヴ感。の正確な定義。

タイム感・グルーヴ感という検索ワードで私のブログにやってくる人がいる。

http://sponta.seesaa.net/article/357342830.html

記述が長いので、分かりやすく以下に説明する。
続きを読む
posted by スポンタ at 18:05| 東京 ☀| Comment(0) | ネットウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月31日

アイドルを好む人は、芸術を知らない。

マツコ嬢にスティッキー(粘着質的)に言及している私であるが、マツコ嬢への、ニュース・アレグレータたちの粘着が後を絶たないので、私も、追随する。
続きを読む
posted by スポンタ at 06:17| 東京 ☀| Comment(0) | ネットウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月27日

我が意を得たり・・・

イスラム国(ISIS)に対するツイッター利用者の攻撃と海外からの評価

http://blogos.com/article/104194/?p=1

アスキーアートには、価値がある。



マスコミは分かっていない。つか、恐怖を盛り上げる使命がある。そんな感じ・・・。
posted by スポンタ at 06:27| 東京 ☔| Comment(0) | ネットウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月20日

ホリエモンには、回転寿司がふさわしい。

寿司屋の大将は弟子にわざとノウハウを教えないで奴隷としてこき使ってるだけなんだよ!!

http://netgeek.biz/archives/27347


*

すし職人の10年修行は、必要ない。・・・とか。賛同者もいる・・・

*

ホリエモン「『寿司の10年修行』不要論」に大賛成!の理由

http://www.j-cast.com/kaisha/2015/01/06224598.html


*
続きを読む
posted by スポンタ at 23:42| 東京 ☁| Comment(7) | ネットウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月19日

卒受験生がセンター試験満点を誇る品性…。

ウェブでは、卒受験生が、センター試験を解いて、満点と自慢する輩が続出している。

http://live.nicovideo.jp/watch/lv206393716

http://live.nicovideo.jp/watch/lv206387009

これなど、帰国子女がTOEICの点数を誇るようなものであり、受験では優等だった自分しか誇るものがない「屈折した深層心理(劣等感コンプレックス)」の表出。

だということを、自覚できない、浅薄な個性の表現である。

続きを読む
posted by スポンタ at 13:31| 東京 ☀| Comment(0) | ネットウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月10日

表現の自由とは…。

フランスの人たちが、今でも、「表現の自由」などということを、命を賭して掲げていることに違和感を感じている。

時代は、多様性diversityである。


今回は、パリの中心街でテロリストにより、派手な銃撃があり、20名を越える人が死傷した。

*

しかし、日本でも、最近は「東京湾に死体で浮かぶ」なんてことは珍しいが、ワゴン車の取手や、自宅やホテルのドアノブで自殺する人がいる。専門家曰く、首括り自殺の死因は、ファーストショックの打撃による首の損傷であって、身長以下の高さからでは、そのような損傷は発生しない。息が出来ないことで死ぬことはできないという。

ショーアップしないテロリズムは、気がつかないだけで、決して珍しい話ではない。

*

このような状況で、「表現の自由」を掲げることに、どういう意味があるのだろうか…。

続きを読む
posted by スポンタ at 08:32| 東京 ☀| Comment(0) | ネットウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月09日

マクドナルドの異物混入問題の本質…。

トップが会見をしなかった。ということが、この世界企業の本質を表現している。

私は、インナー(なかの人)だったことがないので分からないが、マクドナルドは、「マニュアル」で運営されている。

これは、「マニュアル」が絶対で、現場の人に、自由の裁量がないことを表現している。

結果、何が起きるか? といえば、「お客様」に対して、失礼なことがあった時に、「お客様の心情・感情」に向き合うのではなく、現場員が「マニュアルには、どう対処せよと書いてあるか」を最重要課題として、行動することである。


「異物混入商品」という不良品を販売しておきながら、購入代金の返金もせず、「クーポン券を渡す(再度来店しなければ、対価は支払われない)」というのは、消費者の一般感情ではありえない。「異物混入商品」にあたった人は、もう二度とor当分の間は、その商品を食べたいとは思わないから…。
続きを読む
posted by スポンタ at 08:05| 東京 ☀| Comment(0) | ネットウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月08日

般若心経の現代訳に感動?

なんて、ウエブニュースがあった。

この「現代語訳」は2010年9月、ニコニコ動画に投稿された動画「初音ミクアレンジ『般若心経ロック』」へのコメントとして、その後まもなく書き込まれた。この動画は「般若心経」の読経をロック調にアレンジしたもので、「歌詞」自体は「般若心経」の観自在大菩薩……で始まる有名な文をそのまま使っている。

http://matome.naver.jp/odai/2136257773758613101


あほか。と思う。

こんな、心理主義的・ご利益解釈は、この経を冒涜するものである。


以下、ニコニコ訳・・・、



続きを読む
posted by スポンタ at 12:41| 東京 ☀| Comment(0) | ネットウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月24日

小保方陰謀論は、陰謀?

「STAP細胞は陰謀によって「封印」された 1万6000人が「いいね!」、ネットで拡散」とのこと。

http://www.j-cast.com/2014/12/22223955.html

だが、「これこそが、陰謀」だと思う。

つか、陰謀の目的は、多くの場合、世論誘導。世相誘導。

それらを通じて、社会不安を増強すること。


つまり、「陰謀で何かがなされる」なら、それは、「誰にも知れない」ように実行され、「その情報を流布しよう」とする人も、抹殺される。
続きを読む
posted by スポンタ at 05:08| 東京 ☀| Comment(0) | ネットウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月20日

パブリックという概念は重要ではない。

さて、娘を通じて、アカデミズムの世界を眺めているが、狭義には「進化論以降のアカデミズム」、広義にはギリシャ以降のアカデミズムが、「他者支配」が原意の「西欧文明礼賛」の物語であって、共生・自給自足とは無縁であることを、私は指摘してきた。

否、私ではない。フランス現代思想が、そのように指摘したのだが、その直後、アカデミズムの人たちが、自家中毒を起こすまいと、現代思想の表層的解釈をすすめたので、私のように、本質に触れようとする人が皆無。

私は孤立している。(つか、焼売屋に餃子のほうが美味いといっても喧嘩になるだけ、対話は成立しない・・・)続きを読む
posted by スポンタ at 06:57| 東京 ☀| Comment(0) | ネットウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月18日

国民総番号制は、インクルージョンではない。

この間の日曜日、ある起業系のイベントを見に行ったのだが、ある企業家が、次のような発言をしていた。

先進国の中で、国民総番号制を導入していないのは日本だけ。

国民総番号制を導入すれば、ウエブの無責任な発言はなくなるし、犯罪もなくなる。


果たして、そうだろうか・・・。続きを読む
posted by スポンタ at 06:26| 東京 ☀| Comment(0) | ネットウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月11日

目は口ほどのものを言い。

というが、これは凄い。

http://netgeek.biz/archives/26506



続きを読む
posted by スポンタ at 10:40| 東京 ☀| Comment(0) | ネットウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月03日

「幸福の黄色いハンカチ」は、おもしろくない…。

高倉健氏が亡くなって、テレビで「幸福の黄色いハンカチ」をオンエアしていた。

すると、2ちゃんねるでは、おもしろくない。とか、武田鉄矢の芝居は相変わらず。とか、桃井かおりブスとか、何処が面白いのか、まったく分からない。
衝動的に殺人した主人公を肯定できない。などのコメントを寄せられた。


現場では、武田鉄矢が何度も、NGを出されたことが有名だが、映画を観れば、NGが出されるのは当然。
つか、OKを出した、山田監督の感性を疑う…。

現場以前の問題として、キャスティングにも、セリフにも、設定にも、問題がある…。
続きを読む
posted by スポンタ at 17:27| 東京 ☀| Comment(0) | ネットウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月28日

Tehu君、頑張れ。

AO義塾の塾長は、安部総理を支援する山口県の病院の御曹司だというし、Tehu君の両親は、中国では文化系の有名人だというから、支援者も多いから、彼らの名誉回復には、何の問題もないだろう。
というか、かれらのコミュニケーションを思えば、名誉を回復する必要などなく、人生をすすめられる。


そんな意見で、周囲は彼らを慰めているのではないか・・・。と思う。


しかし、そんな人生でいいのかといえば、話は別で、やはり、自分の力で、ウエブを駆使しながら人生を切り開いていくのが、面白い。
続きを読む
posted by スポンタ at 08:34| 東京 ☁| Comment(0) | ネットウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月27日

青木君、Tehu君を擁護する。

または、
最難関私大/文理融合系学部のAO入試を擁護する。
続きを読む
posted by スポンタ at 00:05| 東京 ☁| Comment(0) | ネットウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月26日

安倍総理も言及。そして、AO義塾。

とうとうyahooニュースにも

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141125-00000003-zdn_n-sci

このインパクト。ラベリングは厳しい。

安倍首相は一連の騒動について「批判されにくい子供になりすます最も卑劣な行為だと思います」とFacebookで批判。「選挙目当ての組織的な印象操作ではないでしょうが、選挙は政策を競い合いたいと思います」とコメントしている。


関連サイト

http://hosyusokuhou.jp/archives/41470474.html

↓これが詳しい。
http://hosyusokuhou.jp/archives/41432738.html

なぜか、英語サイトも・・
http://web.archive.org/web/20141122045757/http://why-kaisan.com/en/

続きを読む
posted by スポンタ at 18:33| 東京 ☔| Comment(0) | ネットウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月25日

青木大和君・Tehu君は、「行動的・一般B層」である。

小学生自称し解散・総選挙批判して炎上 サイト作成者はネットの有名人だった!
(J Cast ニュース)


http://www.j-cast.com/2014/11/23221570.html


*

このニュースが発信された当初、小学4年生が、どこかの掲示板に「自分の意見を書き込んだ」のかと思っていた。しかし、自分で、サイトを構築していた(という設定)とは、驚きである。
あの造りは、どう見ても、小学6年生か、中学生がつくったレベル。小4ではありえない。灘出身は日本人の子供たちの一般的なレベルを見誤ったか・・・。

彼らは、ウソと見破られないように、HTML技術を必要とするサイトではなく、HTMLを知らなくても構築できるCMS(コンテンツ・マネジメント・システム)。つまりは、ブログで作るべきであった。


わかむらP@wakamura
METAデータを読み取った結果、制作環境はMac、Photoshop、Dreamweaverを使いこなし、レンダリングモード指定を手書きで書き加えるスキルをお持ちの人が作ったようですね。ネタにしても、もっと小4らしくやりなよ。

わかむらP@wakamura
しかもJPEGを書き出すとき、「名前をつけて保存」ではなく、ちゃんと「Web およびデバイス用に保存」を通して容量削減しながら書きだすという、明らかに経験者のやり方。狙いを伝えずに適当に外注したんだろうな。

http://matome.naver.jp/odai/2141664543036972601



「自分はプログラミングができる」と、尊大になっているから、今回のようなことが起きる。

CUI(文字・ユーザー・インターフェイス)がGUI(グラフィック・ユーザー・インターフェイス)になったように、HTMLエディタが開発されたように、コードを書かなくて済む時代は、刻々と訪れている。続きを読む
posted by スポンタ at 06:33| 東京 ☔| Comment(0) | ネットウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ファン
 メッセージを送る
 このブログの読者になる
 更新情報をチェックする
 ブックマークする
 友達に教える
RDF Site Summary
RSS 2.0