2016年11月19日

宮崎駿氏の勘違いと、「君の名は。」。

NHKのドキュメンタリーで、宮崎氏は、「映画はストーリーで好きになるんじゃない。ワンショット観た瞬間に、これはすばらしいって思う。それが映画だ」と告白する。

つまりは、長く見続けないと分からないシナリオではなく、一瞬で魅力が分かる画の力である。と。
だが、これは間違いである。




シナリオの巧拙が、アニメーション作品に決定的な事項であることは間違いない。

ただし、宮崎氏の一瞬にして、素晴らしさが分からないとダメ。ということでは、シナリオではなく、構成感ということになる。

つまり、作品で一番重要なことは、「構成感」である。



映像作品で構成というと、シナリオの構成と考えるかもしれないが、それはConstructionである。
だが、構成には、もうひとつCompositionがある。

つまり、縦軸のConpositionと、横軸(時間軸)のConstructionという、ふたつの構成感が重要なのである。




番組中、宮崎氏は、毛虫のアニメーションに取り組んでいたが、毛虫という気味が悪い物を、可愛いと感じる。そういうコントラスト・コンポジションがあってこそ、観客は魅力を感じるのであって、これが、「可愛い子猫」が「可愛い動きをする」のでは、コントラスト・コンポジションはなく、素晴らしい作品にはならない。

宮崎氏のような発言が、画さえ良ければいいんだと、アニメーターに思わせ、新海誠氏のような監督を生むことになる。

そんなことを感じている。
posted by スポンタ at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | ネットウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月24日

映画の劣化がすごい。

「君の名は」「シンゴジラ」。
両方とも、上映後の観客の素直な反応と、マスコミに流通・流布されている感想が異なっている。

この状態が続けば、テレビを誰も観なくなるばかりか、映画も誰も観なくなるに違いない。
posted by スポンタ at 07:48| 東京 ☀| Comment(0) | ネットウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月21日

追悼・中村紘子氏…。(死者に鞭を打つ私)

今朝の「題名のない音楽会」を観ていたら、先ほど亡くなられたピアニスト・中村紘子氏の追悼番組をやっていた。
番組冒頭のナレーションでは、「世界レベルに日本の音楽を引き上げた」と紹介された。だが、どうだろう。


番組では、中村氏の生前の演奏が紹介されていたが、タイム感・ハーモニー感のない演奏であった。タイム感のない演奏は、日本風味であって、西洋音楽の最上のものではない。タイム感とは、身体の中にメトロノームを持つことである。
そのような視点で、「若者たちを指導することが、日本の音楽レベルを低迷させる原因である」と、彼女はまったく理解しないまま、この世を去った。


彼女が評価した若い才能として、牛田智大君があげられるが、彼のテンポルバートな演奏は、「糸の切れた凧」のようであり、グロテスクである。



日本が生んだ世界的なピアニスト、内田光子さんと比べてみるとよいだろう…。



ハーモニー感も、彼女の演奏からまったく感じられない。これは、日本趣味・異国趣味であって、西洋音楽の本道ではない。

たとえば、リストの愛の夢 第三番は変イ長調である。これは、この曲が、変イ、つまり、Aフラットの音で終わる。Aフラットの和音が基調であることを示している。つまり、そのことを表現するような演奏でなければならない。ペダルを踏む、踏まないではなく、和音が継続していることを感じさせる演奏をすべき。

日本の民謡を題材にしたオーケストラ曲などを聴くと、私はいたたまれなくなる。その理由は、日本の民謡には、和音という概念がないので、オーケストラ曲にはならないからだろう。



小沢征爾・中村紘子…。
桐朋学園の子供のための音楽教室ほど、日本の西洋音楽を歪めたものはない。関係諸氏からの反論を待っている…。
posted by スポンタ at 19:01| 東京 ☀| Comment(0) | ネットウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月13日

ドラマの混迷。

日本テレビの「家を売る女」を観た。

びっくりしたのは、主人公が自分の設定をセリフで言い放つことだ。

私は、まるで企画書を読んでいるような気持になった。

本来は、主人公のセリフや行動から、主人公の出自や過去の出来事を鑑賞者がイメージしていくのが、鑑賞の実際のはず。

テレビ界の混迷はどうなっているのか。
というか、制作者側が、そうなってしまったら、鑑賞者側になすすべはなく、彼らは、何がよいか、まったく分からなくなる。

メジャーのドラマメイカーが、そういう可笑しなことを始めてしまったら、他のドラマメーカーは、良質な観客を育てることから、始めなければならない。



わが妻は、「北の国から」なんて。と、吐き捨てるように言うが、そのように言い切れる人は少ない。

そういえば、先輩の奥さんは、吉永小百合なんて。と、彼女の演技をみそくそにけなしたというが、そういうことは稀である。










posted by スポンタ at 06:02| 東京 ☁| Comment(0) | ネットウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月15日

【テキストの書き方】をまとめておく。

【テキストの書き方】

1.全体と部分。

テキストに限らず、人間が創作する場合、最も重要なことは、「全体と部分」のバランスである。
つまり、20字、200字、400字、1200字、400字詰め原稿用紙50枚、100枚などによって、構成法は異なる。
語彙は変えなければならない。
また、読む人のレベルを想定して書く。基本的には、「専門知識を持たない)頭のよい中学3年生」が理解できるように書く。


2.セマンテック・ズーム。→ 文章を書く前に、「主題をメモする」。

テキストとは、基本的に〈言い換え〉である。
したがって、どんなに大量なテキストであっても、主題文、または数行の要約に変換できる。
主題文の言い換えであることを、著者は意識すべきである。


3.構成 → 文章を書く前に、「粗構成をメモする」。「キーワード」をメモする。

ソナタ形式。

主題提示部〜本文:帰納or演繹or推論or具体例。
類証、傍証、検証、反証。
結論、まとめ。


4. 抽象のレベルを変える。

テキストが言い換えなら、テキストの進行感は、言い換えの「抽象レベルの変化」によって生まれる。
その不即不離な感じが、文章の流れをつくる。

基本的に、「断定」して、少し言い過ぎたなと反省しながら、「解説・詳説」していくパターンが、テンポを生みやすい。
逆にいえば、ひとつづつ推論を重ねていくのは、論文としての体裁は取れているかもしれないが、まどろっこしい。


5. 破断的に話を展開するのが、効果的である。

冒頭に、マキシム(至言・格言)やセリフ、具体例を持って来ると、突如として「世界観」が生まれ、ダイナミックな展開が期待できる。逆にいえば、書き出しで手こずると修正は難しい。


留意点:
・事実〜感想。
・断定〜説明・詳説。
・推論〜結論。
・理論〜具体例。

・状態ではなく、動作で表現。
・過去を、現在形で表現したい。(動作ではなく、状態・普遍)
・主語の省略を効果的に。
・体言止めも効果的に。
・代動詞(○○する)は避ける。
・インパクトの強い単語を使う。
・強調、否定、自嘲は、効果的に。
・似たような単語を近い場所に使わない。
posted by スポンタ at 00:00| 東京 🌁| Comment(0) | ネットウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月14日

鳥越俊太郎氏、立候補。

ジャーナリストは、「反体制」に胸を張った人たちであり、権力の見張り番と矜持(ほこり)を持つ彼らだが、誰に依頼されて、どうのような思想信条を持つかについては、明らかにしない。

その理由は、イデオロギー洗脳に陥っているから。これは、青春から始まっているものであり、エリート大学の卒業生であることが、彼らの自己肯定感の源泉だから、それを疑い出したら、自我崩壊に陥るのかもしれない。

筑紫哲也氏が、阪神大震災をヘリコプターから視察した時、「まるで温泉場のようですね」と、煙の背後で何百という人たちが死傷していることをイメージしない発言があったが、ジャーナリストは、何かに洗脳された人たちであって…。



ウェブの時代になり、左翼よりも保守・右翼が頭の良い人たちのポジションだと指摘する人がいるが、そのような意味で、鳥越氏は旧タイプではないのか。

なんだから分からないが、「アベはダメ」と声高に主張する単純な精神である。



鳥越氏とは、インターネット市民新聞に関連して、数回メールのやり取りをしたことがある。わるい人じゃないが、どうなんだろう…。
posted by スポンタ at 07:10| 東京 ☁| Comment(0) | ネットウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月12日

石田純一氏の立候補したいって…。

ラジオを聴いていたら、友人のタレントが、彼は読書家だから、俳優よりも、政治家のほうが向いているかもしれない…。と、発言していた。

しかし、本で読んだことを実行するだけで、政治家として成立するはずもないだろう。

単純というか、直情というか…。



さて、彼は、「不倫は文化である…」との発言で有名だが、純潔教育・不倫批判・一穴主義は、日清日露戦争の頃、「徴兵された時に、妻が浮気する」と心配するなら、徴兵拒否につながりかねないため、巷間、純潔思想を広めたのであって、日本古来の文化ではない。

石田純一氏は、レヴィ・ストロース的な文化人類学の本を読んだことがないのかもしれぬ。
男女の関係、夫婦の関係は多様であり、不倫などという一言で批判できるようなものではない。

彼のような単純・直情な人は、テレビ的であり、魅力的でもあるが、政治的な手腕があるのかどうか…。

posted by スポンタ at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | ネットウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月03日

アマゾンの書評欄に書き込んだ。

http://www.amazon.co.jp/%E7%9F%A5%E3%81%AE%E5%AD%A6%E3%81%A8%E3%81%97%E3%81%A6%E3%81%AE%E5%9B%BD%E8%AA%9E%E2%80%95%E9%9B%A3%E9%96%A2%E5%A4%A7%E5%AD%A6%E5%85%A5%E8%A9%A6%E5%95%8F%E9%A1%8C%E3%81%AE%E8%A7%A3%E6%9E%90-%E6%9D%BE%E6%9C%AC-%E6%88%90%E4%BA%8C/dp/4876478317

最難関私学の慶應義塾が、現代国語を試験科目として採用していない理由は、英語の試験で「語学力・論理的構成力は測れる」との理由があるようだが、そのことは、現代国語の試験で図られる国語力が「高度化しすぎている」ことの反映でもあろう。

そのような現状を憂えて、著者は、「国語(言語)研究者が、何を日々考えているのか」を誠実に記そうとしている。著者が「学者たちの言説」を書かなければならなかったのは、おおよそ文系の学者たちが念頭においている「言語学・記号論・構造論などの研究」が、小学校から始まる伝統的な国語教育とは不連続であり、表象論など高校までの学習内容を否定しかねないものさえあるから。
著者は、大学受験の参考書であることを言い訳にして、(国語の専門家ではない)高校生にも分かることを目指して、先端の研究成果から、きわめて大胆に、最重要事項を要約し、提示する。
つまり、著者は「衒学的」とは正反対の立場であって、その切れ味をこそ、楽しむべきなのが、この本である。

「大学に合格すること」だけを目標に、この本を読むのなら、この本は見当違いになるであろう。しかし、文系学問の大枠を知るためには、本著は恰好の題材となる。つまり、元高校教諭である著者は、大学入試をゴールではなく、学問のスタートとして捉えている。
禁じ手ともいえる、A社とB社の模範解答の添削をおこなっているところなど、著者の勇気はたたえられてこそあれ、批判されるべきではない。
posted by スポンタ at 08:16| 東京 ☀| Comment(0) | ネットウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月30日

カール・ポパーの哲学。

さて、高校の部活の顧問が描いた現代文の研究本を読んでいる。

アメリカの哲学のパースは、論理の展開には、次の三つがあるといったそうな。

・帰納(現象→法則)
・演繹(法則→実践)
・アブダクション(仮説推論) 
※ 仮説は、証明・実証なのに、推論ってところが気になる。


仮説推論とは、Wikipediaによると以下。

庭の芝が濡れていた。
そこで、昨夜雨が降った。夜露。誰がが水まきをした。
という仮説を立てた。そこから推論をする。


娘に教授すると、納得するとともに、ゼミの友達とも共有したとか。
しかし、部活顧問の本には、アブダクションではなく、「仮説演繹」とある。

仮説証明と仮説推論、
ではなく、仮説演繹?

ということで、仮説演繹を提唱したカール・ホッパーのWikipediaを閲覧してみる。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%9D%E3%83%91%E3%83%BC続きを読む
posted by スポンタ at 08:07| 東京 ☀| Comment(0) | ネットウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月18日

追悼、蜷川幸雄氏…。


追悼特集で過去の稽古風景が映され、藤原竜也氏に「内面を追うと、外に届かない。外ばかり気にすると、中が空っぽになる」と言った。
そして、少したってから、「俺もお前と一緒に崖から落ちてやるから、とりあえずやれ」と…。


泣かせる言葉である。

「いま理解できないなら、理解しなくてもかまわない。でも、いつか理解できる時がくるから、安心しろ」。と言われた藤原氏は、最近、昔の稽古の録音を公園で聞いたが、ダメだしの連続に意気消沈したと、弔辞で告白する。続きを読む
posted by スポンタ at 07:16| 東京 ☀| Comment(0) | ネットウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月09日

【ジャズ初心者の若い人たちへのメッセージ。】

ジャズは、「聴けばよい」。何度も、そうすれば、自分が好きなジャズが見つかる。ジャズヴォーカルの魅力は、「声の魅力」…。
(FM東京のゴールデンウィークのジャズの特別番組にて)


との発言があった。

素直でもっともらしい発言。とはいえ、それでよいのだろうか…。
続きを読む
posted by スポンタ at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | ネットウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月27日

ドイツ観念論は否定される。

放送大学の青山教授の芸術学の授業で、ヘーゲル批判。さらに、ドイツ観念論を批判していた。

私としては、とても気持ちが良かった。西洋の学問をこれほど明確に否定されることがアッタのだろうか。

続きを読む
posted by スポンタ at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | ネットウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月23日

熊本地震の陰謀論。

3.11のときも、陰謀論があった。小型の核爆弾を使って、地震が起こされたのではないか。というものだった。

真偽は分からないが、竜巻などの自然災害の時に大火災は起きないのに、震災直後の女川市が大火災に見舞われていたことに、違和感を感じていた。
陰謀論によれば、地震はプレートの歪みで起きるのではなく、地中での爆発によって起きる。その論理では、地熱発電などもっての他だとか。続きを読む
posted by スポンタ at 06:44| 東京 ☁| Comment(0) | ネットウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月13日

フランク三浦とフランクミューラー。

百万円以上の時計と、数千円の時計を、消費者が間違うわけがないということで、フランクミューラーの主張は妨げられたのだとか。

私は違うと思う。
フランクミューラーのブランドを利用して、フランク三浦というネーミングをしたかどうかが、吟味されるべきであって…。



バンドで、「フジファブリック」というのがあるが、フジテレビと関係があるのかと思ったら、メンバーの実家が、「富士繊維店」に由来するのだとか。

志の問題であって…。

ではないかな。

なんて思うのだが。
posted by スポンタ at 07:28| 東京 ☀| Comment(0) | ネットウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月02日

シンギュラリティーはやってくるのか。

シンギュラリティーとは、技術的な特異点であり、より狭義では、「人工知能」が「人間の知能」を越える時代がやってくること。

1965年、統計家 I. J. Good は、人類を超えた知能による世界への影響を強調し、より特異点に迫るシナリオを描いた。

超知的マシンを、いかなる賢い人もはるかに凌ぐ知的なマシンであるとする。そのようなマシンの設計も知的活動に他ならないので、超知的マシンはさらに知的なマシンを設計できるだろう。それによって間違いなく知能の爆発的発展があり、人類は置いていかれるだろう。

従って、最初の超知的マシンが人類の最後の発明となる。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8A%80%E8%A1%93%E7%9A%84%E7%89%B9%E7%95%B0%E7%82%B9


つまり、
「人間が、ロボット(人工知能)を作る」
のではなく、

「ロポット(人工知能)を作る」時代がやってきて、そのようにして作られたロボットが、「人間の知能」を上回る時代がやってくる。ということ。




とはいえ、ロボットの三原則(人間への安全性、命令への服従、自己防衛)を心配する必要はない。

何故なら、アラン・チューリングの定義によれば、人工知能とは、「同じインプット」にはかならず「同じアウトプット」をすることで、開発が始まり、チューリングテストとは、人工知能が、「人間のように思える」ということでしかないからだ。

人工知能のふるまいは、基本的に、

y=f(x)

である。

最近、話題になっている、ディープラーニングにしても、「ロボットが自発的に」、xの数を増やすことでしかない。

y=f(x1.x2,x3,x4,x5...)

たとえば、肉まんの自動製造機械があったとして、いままでは変数がひとつだったので、「肉まん」と「餡まん」しか作れなかった。

y ギョーザ=f 生地でつつんで蒸す(x 肉or餡)

それが、生地を変えることで、「ギョーザ」や「トルティーヤ」「春巻き」も作れるようになること。

y ギョーザ=f 調理する(x1:中身は 肉or餡or春巻きの具, x2:生地はギョーザの皮、春巻きの皮)

より現実に近い表現ならば、

「物を置く」という動作を、「やさしく置く」に、ロボットが自動的に改良する。具体的には、動作の速度を直線から、曲線に変化されることで、動作の始まりと終わりを「なめらか」にすること。であり、その程度の技術革新は、予想できる。

たとえば、画像ソフトで、「斜線が、階段状(四角形のブロックの連続)に表現されていた」なら、「(無限に)解像度を上げる」プログラムを開発すれば、「なめらかな曲線」が「自動」で実現するはず。



 ■
  ■
   ■
    ■
     ■



 ■
  ■
   ■
    ■
     ■
      ■
       ■
        ■
         ■
          ■
           ■


 ■
  ■
   ■
    ■
     ■
      ■
       ■
        ■
         ■
          ■
           ■
            ■
             ■
              ■
               ■
                ■
                 ■


*

ただし、関数fは、「人間が作る」のである。だから、シンギュラリティーは訪れない。



などと楽観視していたら、学会誌を見ていたら、関数fも、「ロボットが製造する」ということが、ディープラーニングに含まれるというような論調であった。

ただし、それとて「計算をしていて、割り切れないので、無限に計算する」ようなこと(1を3で割ると、0.333333333.....と無限に計算していく場合をイメージ)が起きるのかもしれないのであって、プログラムを書いた人間を抹殺するような「主体」をロボットが持つとは容易に考えられない…。

つまり、チューリングテストのように、あくまで、「人間が振舞っている」かのように、ロボットが動作しているのであって、それが「人間の悪意」を感じさせるなら、それは、「プログラムした人間の悪意」でしかないだろう。というのが、私の結論である。


人間が、ロポットに「主体」を感じることがあっても、ロポットが「主体」を持つことは考えられない。

しかし、もし、そのような事態が訪れるなら、シンギュラリティーと呼ぶのだろう。
posted by スポンタ at 07:45| 東京 ☁| Comment(3) | ネットウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月01日

ITの最前線の考え方。

人工知能の開発によって起きることは、「人間による意思決定の重要度」が増すこと。「人間による単純労働の価値」が減ること。

想定される人工知能の欠点は以下。


1.意志がない。

2.人間のように知覚できない。

3.事例が少ないと対応できない。

4.問いを生み出せない。

5.枠組みのデザインができない。

6.ヒラメキがない。

7.常識的な判断ができない。

8.人を動かす力がない。

ハーバードビジネスレビューの2015.11月号


したがって、上記は、「人間」がこなさなければならぬ。



そして、最近指摘されるのは、人工知能によって実現するのは、自動化ではなく、オーグメンテーション(深化)である。
ディープラーニングも深化学習と訳される。

ディープラーニングは、2012年、カナダのトロント大学が開発したSuper Visionの「データをもとに、コンピュータがみずから特徴量を作り出す機械学習」による驚異的な画像認識の精度によって、注目されたという…。

因みに、
機械学習とは、Yes,Noなど、あらかじめ、答えの選択肢が決定しているもの。
「おむつとビールの相関関係」を発見するデータマイニングとは異なる。
ディープラーニングでは、変数をコンピュータが自分で選ぶこと。




ハーバードビジネスレビューの2015.11月号では、自動化の3つの時代として以下を指摘している。

1.危険で汚い仕事が機械に移行する。
機織や綿くりなど、産業革命。

2.退屈の仕事が機械に移行する。
空港のチェックインやコールセンターの自動インターフェース。人間が、取引のルーティーンや事務作業から開放される。

3.意思決定が機械に移行する。
航空運賃の決定からIBMのワトソンなど、「人間よりも、早く確実な、より優れた選択」を行う。


このトレンドの変化を、
「オートメーションから、オーグメンテーション(深化)」という。
つまり、オートメーションが「人間を楽にする」だったのが、オーグメンテーションでは「新たな仕事を開発する」。
それにより、人間の雇用が確保される。


そう考えてみると、オーグメンテーションも、労働組合に向けたスローガン・プロバガンダの一種という気がしないでもないが…。
posted by スポンタ at 10:33| 東京 ☀| Comment(0) | ネットウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月29日

メトロノームで、エモーショナルな演奏が可能なんだ。

昨日、J:comテレビで、「音霊 OTODAMA SEA STUDIO 2015 Winter - 東京」に出演しているDEPAPEPEを観た。

驚いたのは、「本日はゲストをお呼びしています」と呼びかけると、トレンチに乗せられたメトロノームが登場したこと。

二人のギターデュオは、四拍のメトロノームのカウントに合わせて、極めてエモーショナルな演奏を実現した。

DEPAPEPE

2002年11月徳岡慶也と三浦拓也で結成された、2人組ギターインストゥルメンタルユニット。
アコースティックギター2本で、さわやかなメロディーとアコースティックギターの柔らかな音色で心象風景や喜怒哀楽といった感情、四季折々の情緒を表現する。
詩がないのに、唄っている様に聴こえるアコギの音色は耳なじみが良く、多種多様な所で楽曲が使用されています。
ライブ・コンサートでは、アコギ2本だけの演奏から、バンド編成までその場所に合わせて様々な感動を提供している。対照的な2人のキャラ、絶妙なトークも魅力の一つ。
2005年アルバム「Let's Go!!!」でメジャーデビュー。インストの音楽CDとしては異例の15万枚販売数を突破する。インストゥルメンタルのアーティストのデビュー作品としては、日本音楽史上初のオリコンベスト10内7位にランクインした。
第20回日本ゴールドディスク大賞にて、ニューアーティスト・オブザイヤーとインストゥルメンタル・アルバムオブザイヤーの二冠に輝く。
翌年もインストゥルメンタル・アルバムオブザイヤー等、各賞を受賞。日本国内であらゆるライブ活動を展開し続けている。
そして国内だけにとどまらず、海外でも人気の高いDEPAPEPEは、韓国、タイ、インドネシア、台湾、シンガポール等でCDをリリースをすると共に、アジア圏でも毎年ライブを行なっている。
2012年のインドネシアでのJAZZ FESではDEPAPEPEだけで15,000人以上(2日間)もの観客を動員。翌2013年にはタイでワンマンライブも開催し3000人もの動員を記録している。
「インストミュージックをポピュラーに!」を掲げ、さらに世代、国境も越えて勢力的に活動中!!

http://www.sonymusic.co.jp/Music/Info/depapepe/bio/



「音霊 OTODAMA SEA STUDIO 2015 Winter - 東京」や、DEPAPEPEで検索しても、動画が見当たらないので残念だが、Wikipediaの経歴を見ると、かなりのもの。
TBSのかつての音楽番組「うたばん」にも出演経験があるとか…。

こんなに凄いアーティストを知らなかったのは、ウカツである。



本格的にレッスンしたことがある人は、どんな楽器でも、ヴォーカルでも、必ずメトロノームで練習したことがあるだろう。この経験がある人は、「メトロノームに合わせる」と無味乾燥な演奏になり、芸術的ではない。と、思っているに違いない。

しかし、それは間違いであって、メトロノームと合わせても、エモーショナルな演奏は可能。
否、メトロノームと合わせてこそ、「極上にエモーショナル」な演奏が実現する。


つまり、「タイム感を無視したテンポルバートな演奏」は、本格音楽ではなく、いわば、「合成だし」でだしを追加した「ファストフード店のうどん」のようなものである。
posted by スポンタ at 07:13| 東京 ☁| Comment(0) | ネットウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月20日

アドラー。

承認要求。

つまり、親に甘やかされて育ったこどもは、「親に認めらたい欲求」が強いので…。ということ。

おねしょは、おねしょすることで、親の注目を独占するという目的のもとに繰り返される。



そのためには、「課題の分離」が必要で…。

つまり、親は「子の課題」を自分の課題であると勘違いしてはならないし、子も「親の欲求」を満たすために、人生を過ごしてはいけない。とのこと。



さて、私はどうか…。

と、反省してみるが、私は「無名なシナリオライター」なので、
イメージの中で、娘のキャラクターになって、そのキャラクターがハッピーになれるようなストーリーをイメージして、アドバイスしてきた。

したがって、私の中には「親としてのアイデンティティー」はない。

とはいえ、そのような所作をする動機こそが、「子の課題」を自らのものにしているということにならないではない…。



先日も、娘に、これまでの20余年の人生は、おもしろかっただろう…。と、話した。

だが、私はシナリオライターなので、主人公がハッピーでは物語はつまらない。ドラマチックということなのかも。

私は、結果、そういうアドバイスを、暗黙の意志で、娘の人生を導いてきたのかもしれない。
とはいえ、娘は娘で、平穏・安逸な人生なら、「(生まれる前の)天国にいる状況」と同じ。なんて、うそぶく…。



映画学校で学んだ大庭秀雄監督(松竹映画「君の名は」「雪国」が代表作)は、弟子の大島渚監督の結婚式で、「作品はヌーベルバーグ(新しい波・過激な映画)でもよいが、家庭は大船調(小津安二郎監督作品に象徴される安逸な家庭映画のスタイル)で…」とスピーチしたというが、ま、そんな感じ。
posted by スポンタ at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | ネットウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月14日

ドラマの良し悪し。反町隆史は戦犯か?

「相棒」の新シリーズが始まって、そろそろ評価が定まる時期だと思う。
そんなことを思っていたら、こんな記事がYahooニュースに出ていた。

以下、引用
続きを読む
posted by スポンタ at 07:42| 東京 ☁| Comment(0) | ネットウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ファン
 メッセージを送る
 このブログの読者になる
 更新情報をチェックする
 ブックマークする
 友達に教える
RDF Site Summary
RSS 2.0