2016年03月01日

ITの最前線の考え方。

人工知能の開発によって起きることは、「人間による意思決定の重要度」が増すこと。「人間による単純労働の価値」が減ること。

想定される人工知能の欠点は以下。


1.意志がない。

2.人間のように知覚できない。

3.事例が少ないと対応できない。

4.問いを生み出せない。

5.枠組みのデザインができない。

6.ヒラメキがない。

7.常識的な判断ができない。

8.人を動かす力がない。

ハーバードビジネスレビューの2015.11月号


したがって、上記は、「人間」がこなさなければならぬ。



そして、最近指摘されるのは、人工知能によって実現するのは、自動化ではなく、オーグメンテーション(深化)である。
ディープラーニングも深化学習と訳される。

ディープラーニングは、2012年、カナダのトロント大学が開発したSuper Visionの「データをもとに、コンピュータがみずから特徴量を作り出す機械学習」による驚異的な画像認識の精度によって、注目されたという…。

因みに、
機械学習とは、Yes,Noなど、あらかじめ、答えの選択肢が決定しているもの。
「おむつとビールの相関関係」を発見するデータマイニングとは異なる。
ディープラーニングでは、変数をコンピュータが自分で選ぶこと。




ハーバードビジネスレビューの2015.11月号では、自動化の3つの時代として以下を指摘している。

1.危険で汚い仕事が機械に移行する。
機織や綿くりなど、産業革命。

2.退屈の仕事が機械に移行する。
空港のチェックインやコールセンターの自動インターフェース。人間が、取引のルーティーンや事務作業から開放される。

3.意思決定が機械に移行する。
航空運賃の決定からIBMのワトソンなど、「人間よりも、早く確実な、より優れた選択」を行う。


このトレンドの変化を、
「オートメーションから、オーグメンテーション(深化)」という。
つまり、オートメーションが「人間を楽にする」だったのが、オーグメンテーションでは「新たな仕事を開発する」。
それにより、人間の雇用が確保される。


そう考えてみると、オーグメンテーションも、労働組合に向けたスローガン・プロバガンダの一種という気がしないでもないが…。
posted by スポンタ at 10:33| 東京 ☀| Comment(0) | ネットウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月29日

メトロノームで、エモーショナルな演奏が可能なんだ。

昨日、J:comテレビで、「音霊 OTODAMA SEA STUDIO 2015 Winter - 東京」に出演しているDEPAPEPEを観た。

驚いたのは、「本日はゲストをお呼びしています」と呼びかけると、トレンチに乗せられたメトロノームが登場したこと。

二人のギターデュオは、四拍のメトロノームのカウントに合わせて、極めてエモーショナルな演奏を実現した。

DEPAPEPE

2002年11月徳岡慶也と三浦拓也で結成された、2人組ギターインストゥルメンタルユニット。
アコースティックギター2本で、さわやかなメロディーとアコースティックギターの柔らかな音色で心象風景や喜怒哀楽といった感情、四季折々の情緒を表現する。
詩がないのに、唄っている様に聴こえるアコギの音色は耳なじみが良く、多種多様な所で楽曲が使用されています。
ライブ・コンサートでは、アコギ2本だけの演奏から、バンド編成までその場所に合わせて様々な感動を提供している。対照的な2人のキャラ、絶妙なトークも魅力の一つ。
2005年アルバム「Let's Go!!!」でメジャーデビュー。インストの音楽CDとしては異例の15万枚販売数を突破する。インストゥルメンタルのアーティストのデビュー作品としては、日本音楽史上初のオリコンベスト10内7位にランクインした。
第20回日本ゴールドディスク大賞にて、ニューアーティスト・オブザイヤーとインストゥルメンタル・アルバムオブザイヤーの二冠に輝く。
翌年もインストゥルメンタル・アルバムオブザイヤー等、各賞を受賞。日本国内であらゆるライブ活動を展開し続けている。
そして国内だけにとどまらず、海外でも人気の高いDEPAPEPEは、韓国、タイ、インドネシア、台湾、シンガポール等でCDをリリースをすると共に、アジア圏でも毎年ライブを行なっている。
2012年のインドネシアでのJAZZ FESではDEPAPEPEだけで15,000人以上(2日間)もの観客を動員。翌2013年にはタイでワンマンライブも開催し3000人もの動員を記録している。
「インストミュージックをポピュラーに!」を掲げ、さらに世代、国境も越えて勢力的に活動中!!

http://www.sonymusic.co.jp/Music/Info/depapepe/bio/



「音霊 OTODAMA SEA STUDIO 2015 Winter - 東京」や、DEPAPEPEで検索しても、動画が見当たらないので残念だが、Wikipediaの経歴を見ると、かなりのもの。
TBSのかつての音楽番組「うたばん」にも出演経験があるとか…。

こんなに凄いアーティストを知らなかったのは、ウカツである。



本格的にレッスンしたことがある人は、どんな楽器でも、ヴォーカルでも、必ずメトロノームで練習したことがあるだろう。この経験がある人は、「メトロノームに合わせる」と無味乾燥な演奏になり、芸術的ではない。と、思っているに違いない。

しかし、それは間違いであって、メトロノームと合わせても、エモーショナルな演奏は可能。
否、メトロノームと合わせてこそ、「極上にエモーショナル」な演奏が実現する。


つまり、「タイム感を無視したテンポルバートな演奏」は、本格音楽ではなく、いわば、「合成だし」でだしを追加した「ファストフード店のうどん」のようなものである。
posted by スポンタ at 07:13| 東京 ☁| Comment(0) | ネットウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月20日

アドラー。

承認要求。

つまり、親に甘やかされて育ったこどもは、「親に認めらたい欲求」が強いので…。ということ。

おねしょは、おねしょすることで、親の注目を独占するという目的のもとに繰り返される。



そのためには、「課題の分離」が必要で…。

つまり、親は「子の課題」を自分の課題であると勘違いしてはならないし、子も「親の欲求」を満たすために、人生を過ごしてはいけない。とのこと。



さて、私はどうか…。

と、反省してみるが、私は「無名なシナリオライター」なので、
イメージの中で、娘のキャラクターになって、そのキャラクターがハッピーになれるようなストーリーをイメージして、アドバイスしてきた。

したがって、私の中には「親としてのアイデンティティー」はない。

とはいえ、そのような所作をする動機こそが、「子の課題」を自らのものにしているということにならないではない…。



先日も、娘に、これまでの20余年の人生は、おもしろかっただろう…。と、話した。

だが、私はシナリオライターなので、主人公がハッピーでは物語はつまらない。ドラマチックということなのかも。

私は、結果、そういうアドバイスを、暗黙の意志で、娘の人生を導いてきたのかもしれない。
とはいえ、娘は娘で、平穏・安逸な人生なら、「(生まれる前の)天国にいる状況」と同じ。なんて、うそぶく…。



映画学校で学んだ大庭秀雄監督(松竹映画「君の名は」「雪国」が代表作)は、弟子の大島渚監督の結婚式で、「作品はヌーベルバーグ(新しい波・過激な映画)でもよいが、家庭は大船調(小津安二郎監督作品に象徴される安逸な家庭映画のスタイル)で…」とスピーチしたというが、ま、そんな感じ。
posted by スポンタ at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | ネットウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月14日

ドラマの良し悪し。反町隆史は戦犯か?

「相棒」の新シリーズが始まって、そろそろ評価が定まる時期だと思う。
そんなことを思っていたら、こんな記事がYahooニュースに出ていた。

以下、引用
続きを読む
posted by スポンタ at 07:42| 東京 ☁| Comment(0) | ネットウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月11日

正史と稗史。

教科書も、マスコミも、正史しか扱わない。ということを、理解すべきである。

ニューヒストリシズムでは、歴史もひとつのテキストに過ぎず、絶対的な妥当性はもたない。であり、インターテクチュアリティーでは、すべてのテキストは、相対的に意味が決定する。
そんな学問が誕生したのは、稗史をオーソライズするためではないか…。



芸術学の青山先生は、「18世紀以降の近代主観主義は、通史的な妥当性を持たない」と、強調するが、「近代主観主義」・「モダニズム」は、正史(勝った人たちの学問体系)であろう。
posted by スポンタ at 07:42| 東京 ☀| Comment(0) | ネットウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月07日

松下村塾について

昭和の世代が、松下村塾を理想とするのは、仕方のないことだと思いますが、平成生まれの若い人たちが、吉田松陰を尊敬することを、私は、「古めかしい」と思います。

何故なら、「明治維新は、イギリスが日本に傀儡政権を樹立した」のであって、「明治の元勲たちは、イギリスに操られた人達だった」という歴史の見方があるからです。

つまり、日本が独立した国家であれば、明治初年に政府の首脳が全員で2年近くをかけてヨーロッパ旅行に行くことなどありえない。

日本海海戦の勝利にしても、官僚的な日本海軍が弾薬の大部分を使って練習をしたり、西欧製の軍艦を操って勝利することなどありえない。合理的に考えれば、英国海軍の観戦将校が、日本人を指導して、バルチック艦隊を撃破したこととなる。続きを読む
posted by スポンタ at 06:26| 東京 ☁| Comment(0) | ネットウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月02日

就職試験につき、オープンマインド。

受験勉強が、「仲間がいる」と勇気づけられるなら、就職試験も同様である。私は、娘の小学校時代からの友達の就職に向けた「意志決定」についてアドバイスを試みたが、受験勉強と違って、半年やそこらで対策がとれるものではないと気づき、呆然とする。続きを読む
posted by スポンタ at 00:00| 東京 ☁| Comment(2) | ネットウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月31日

「偏差値に最適化した人材」を創るべきか…。

最近、東大理3に息子を入れた主婦が話題になっていると記事にしたが、問題は、「偏差値に最適化した人材」をつくることが、親の目標として、「輝いていない…」ということ。
続きを読む
posted by スポンタ at 07:28| 東京 ☁| Comment(0) | ネットウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月26日

1万人の第九を観る。

番組で、佐渡裕氏が、ウィーンのトーンキュンストラー管弦楽団の首席指揮者(音楽監督)に就任していることを知る。

2011年にベルリンフィルの客演をしてから、以来、呼ばれていない・再演がないのは、佐渡氏の「ベルリンフィルによる評価」であり、その原因を私は、「タイム感の無さ」だと直感している。

しかして…。

つまりは、「タイム感」を評価基準とする楽団は、ベルリンフィルなど世界的にみても極少数であり、ウィーンフィルは分からないが…。
ということ。

日本人サッカー選手が、ヨーロッパで呼ばれると、広告目当てではないかと噂さされるが、そういうこともあるのかもしれない。
続きを読む
posted by スポンタ at 07:50| 東京 ☁| Comment(0) | ネットウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月17日

澤選手か吉田選手か…。

国民栄誉賞の両女子選手。

子育てからいうと、対照的で面白い。

昨日、引退を発表した澤選手は、サッカーが好きでたまらなく、自分でキャリアを積んだ。
一方の吉田選手は、家がレスリング道場で、親から強制されてレスリングに進んだ。



吉田選手のような栄光があれば、親のムリジイと批判する人はいないだろうが、一般的にはどうだろうか…。



先に引退した柔道の野村選手のように、柔道一族に生まれ、まったく期待されなかった子が、高校生になって、やっと花を咲かせる。そんなこともある。

澤選手は、Jリーグの選手を生むようなレベルの高い少年サッカークラブに所属していたし、自由意志・ムリジイはともかく、環境が重要なことは明らかである。
posted by スポンタ at 13:09| 東京 ☁| Comment(0) | ネットウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月11日

「荒木飛呂彦氏の漫画術」を

図書館で予約しているが、まだ読めていない。

そこで、一緒に予約した「超偏愛! 映画の掟」が先に読めることになったが、なんとも納得しない。

著者が「面白さ」の源泉とするのは、1.謎、2.感情移入 3.設定描写 4.ファンタジー性、そして、5.泣けるか…。続きを読む
posted by スポンタ at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | ネットウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月13日

大谷選手の目的達成のためのマトリックス

ウェブで知ったのだが、大谷選手が目標達成のためのマトリックスをつくっていたのだという。

http://matome.naver.jp/odai/2142905934886611201

大目標は、ドラフトで一位指名で、その周囲に、それを達成するための要素を書き込む。そして、その要素を中心としたマトリックスを別途作成して、その周辺に、そのための要素(中目標)を書き込む。
続きを読む
posted by スポンタ at 06:52| 東京 ☁| Comment(0) | ネットウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月15日

辺見マリさんのしくじり番組。

辺見マリさんが、洗脳され、13年間に渡り、5億円をだまし取られたことが番組になっていた。

マリ嬢曰く、「責任感があり、きまじめで、頑固な性格」が災いしたのであり、自分には、「止める勇気」がなかった。「家族の声ではなく、神の声を信じてしまった」と、後悔する。
続きを読む
posted by スポンタ at 08:31| 東京 ☁| Comment(0) | ネットウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月14日

芥川賞の落日…。

吉本芸人・芥川賞に関して、日本文学を憂慮していたら、私だけが感じているのではない。
と、アマゾンのカスタマーレビューで確認できた。

http://www.amazon.co.jp/%E7%81%AB%E8%8A%B1-%E5%8F%88%E5%90%89-%E7%9B%B4%E6%A8%B9/product-reviews/4163902309/ref=cm_cr_pr_viewpnt_rgt?sortBy=helpful&reviewerType=all_reviews&formatType=all_formats&filterByStar=critical&pageNumber=1
続きを読む
posted by スポンタ at 19:55| 東京 ☁| Comment(0) | ネットウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月18日

今一度、水嶋ヒロ小説家を思い出そう。

2010年11月に、私は次のような記事を書いている。



岩井志麻子嬢、水嶋ヒロ小説を語る…。小説とは何か。

http://sponta.seesaa.net/article/173721572.html



水嶋ヒロ君の不明を思う…。

http://sponta.seesaa.net/article/173912006.html


水嶋ヒロ氏の小説は、加護ちゃんのジャズボーカルか…。

http://sponta.seesaa.net/article/173673204.html




前回は、ポプラ社という弱小出版社で起きたが、今回は、日本の文壇の中心で起きた。



今回の件につき、東京大学の表象学科の学者や、小説家の養成講座の講師などに話を聞いてみたいが…。
posted by スポンタ at 12:53| 東京 ☁| Comment(0) | ネットウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月08日

広告の時代は終了したか…。

娘が面接を受けてきて、「広告の時代が終了したか…」につき、なんとなく、「そう思う」と答えたので、解説した。
続きを読む
posted by スポンタ at 11:33| 東京 ☁| Comment(0) | ネットウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月23日

表象とは何か…。

午後の教室で、危険をも顧みず、男性友人に癒し的な行為をした女学生が窮地に立たされている。男性の立場からすれば、心優しい彼女を愛でるべきであって、批判すべきではない。と考える。

なんてことを思うのだが、彼女が所属する学部が「表象文化学部」である。
そこで、そのサイトを覗いてみると…。

続きを読む
posted by スポンタ at 10:13| 東京 ☔| Comment(0) | ネットウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月20日

同志社大学 TWITTERで検索…。(同志社フェラカモ事件)

私は「サイバージャーナリズム論」という共著本もあり、ウェブ・コミュニケーションを研究している。

*

詳細は書かないが、「同志社大学・TWITTER」で検索すれば理解できると思う。
続きを読む
posted by スポンタ at 06:48| 東京 ☁| Comment(0) | ネットウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月13日

グレースマーヤホールのこけら落としに行く。

娘に関連して、娘のリアルコミュニティーに影響しかねないので、固有名詞で記事を書かないようにしている。
とはいえ、多くの人に知ってもらいたいので、あえて書く。
続きを読む
posted by スポンタ at 05:05| 東京 ☀| Comment(0) | ネットウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月05日

背後霊のバックアップ。

守護霊という人がいるが、人間を守れる程の力を持っている霊を持っている人は少ない。だから、背後霊というのが正しいと思う。

唯物論者の人は笑ってやり過ごしていいが、人間には、30〜50体の霊がまとわり着いているのだとか。…小説「2001年宇宙の旅」の冒頭にも、そんなことが書いてあったっけ。

葬式に葬家として親類が特別な意味を持つのは、その背後霊を共有する人たちという意味が強いのではないか。続きを読む
posted by スポンタ at 13:12| 東京 ☀| Comment(0) | ネットウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ファン
 メッセージを送る
 このブログの読者になる
 更新情報をチェックする
 ブックマークする
 友達に教える
RDF Site Summary
RSS 2.0