2020年10月08日

ドキュメンタリー「柄本家のゴドー」に想う。

東京乾電池の柄本明氏の長男・佑、次男・時生両君が、ベケット「ゴドーを待ちながら」の再演にあたって、父親・明氏が演出した。

稽古と明氏のインタビューを収録・編集したのが、この番組である。


柄本明氏は、わが校長・今村昌平の告別式の出棺時、参列者から距離をおいて佇んでいた・感慨に浸っていたのを覚えている。

その時の私は、ドリフターズの東宝映画シリーズ・「刑事物語」の渡邊祐介監督の告別式・出棺時、俳優の清水宏治氏が同じように、参列者から距離をおいて佇んでいたのを思い出した。

柄本明氏は今村作品「カンゾウ先生」に主演している。
続きを読む
posted by sponta at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | ドラマ・映画・演技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月16日

「半沢直樹」。(ベンチャー乗っ取り大団円)の評価。


香川照之氏は、自らのウェブで「いとこ漫才」と猿乃助氏との芝居(誇張演技合戦)を形容したという。


我が娘も、ウェブ者たちも、「歌舞伎みたい」と発言する。

だが、spontaとしては、「果たしてそうか?」と疑問になる。

つか、当の役者本人が「漫才」と形容したことは、意味が深い。

演技は通常、

・相手のセリフに反応して、自分のセリフを発する。

だが、香川氏の言うのは、「テンポ系の漫才」であって、かつてのB&Bの漫才のように「圧倒的な迫力」で勢い倒す。

spontaが思うのは、「半沢直樹」の演技はフォルテシモばかりで、メゾフォルテも、ピアノもない。
そのことが、作品全体を「平板化」している。

香川氏の言う「漫才」には、「笑ってやってください」との意味が含まれいる。

つまり、「悪役としての大和田専務」の底意地の悪さに戦慄するのではなく、プロレスのヒール役同様に笑って欲しい。タイガー・ジェットシ
ンではなく、アプドラド・ブッチャーといったところ。


「刺激の強いドラマ」というと、半島南系のドラマが重い浮かぶ。

だが、「かのドラマたち」は(ミメーシスを続けた結果)進化している。

つまり、「復讐に次ぐ、復讐」は卑しいことと気づいている。(徴用工問題など、「恨み」つづけることが国民性のハズだが、ドラマでは違う)

輝かしい主人公は、「復讐に復讐で対抗せず、相手を許す」。(NETFLIXで大ヒットした「梨泰院クラス」の主人公がそのタイプ)


南アフリカの大統領・ネルソン・マンデラ氏は、自らの長きに渡る拘留生活の復讐をしなかった。
彼の思想は、真実和解委員会に結実している。

つまり、過去の真実を明らかにするが、それにより、誰かを非難したり、賠償を求めるたりはしない。目標は「和解すること」。

マンデラ氏が役所にやってきた時、「悪事を働いてきた白人たち」は、報復を恐れて、逃げだそうとしていたが、マンデラ氏は、「過去を責めず、協力を求めた」。

アパルトヘイト時、白人のスポーツ・ラグビーは「白人優位主義」に大きな役割を果たしたに違いないが、マンデラ氏は、それを禁止しなかった。

白人のスポーツに、アフリカ人たちも加わり、新しい国家のシンボルになった。

ワールドカップ日本大会の南アフリカ優勝は、ネルソン・マンデラ氏の勝利を意味する。


だが、「半沢直樹」のドラマ世界は、いまだ「復讐に次ぐ復讐」。倍返しに終始する。

悲しいが、それが今の日本のドラマの地点だ。


posted by sponta at 07:44| 東京 ☀| Comment(0) | ドラマ・映画・演技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月14日

「半沢直樹」。(ベンチャー乗っ取り大団円)の感想。


香川照之氏は、自らのウェブで「いとこ漫才」と猿乃助氏との芝居(誇張演技合戦)を形容したという。


我が娘も、ウェブ者たちも、「歌舞伎みたい」と発言する。

だが、spontaとしては、「果たしてそうか?」と疑問になる。

つか、当の役者本人が「漫才」と形容したことは、意味が深い。

演技は通常、

・相手のセリフに反応して、自分のセリフを発する。

だが、香川氏の言うのは、「テンポ系の漫才」であって、かつてのB&Bの漫才のように「圧倒的な迫力」で勢い倒す。

spontaが思うのは、「半沢直樹」の演技はフォルテシモばかりで、メゾフォルテも、ピアノもない。
そのことが、作品全体を「平板化」している。

香川氏の言う「漫才」には、「笑ってやってください」との意味が含まれいる。

つまり、「悪役としての大和田専務」の底意地の悪さに戦慄するのではなく、プロレスのヒール役同様に笑って欲しい。タイガー・ジェットシンではなく、アブドラド・ブッチャーといったところ。


「刺激の強いドラマ」というと、半島南系のドラマが重い浮かぶ。

だが、「かのドラマたち」は(ミメーシスを続けた結果)進化している。

つまり、「復讐に次ぐ、復讐」は卑しいことと気づいている。(徴用工問題など、「恨み」つづけることが国民性のハズだが、ドラマでは違う)

輝かしい主人公は、「復讐に復讐で対抗せず、相手を許す」。(NETFLIXで大ヒットした「梨泰院クラス」の主人公がそのタイプ)


南アフリカの大統領・ネルソン・マンデラ氏は、自らの長きに渡る拘留生活の復讐をしなかった。

彼の思想は、真実和解委員会に結実している。

つまり、過去の真実を明らかにするが、それにより、誰かを非難したり、賠償を求めるたりはしない。目標は「和解すること」。

マンデラ氏が役所にやってきた時、「悪事を働いてきた白人たち」は、報復を恐れて、逃げだそうとしていたが、マンデラ氏は、「過去を責めず、協力を求めた」。

アパルトヘイト時、白人のスポーツ・ラグビーは「白人優位主義」に大きな役割を果たしたに違いないが、マンデラ氏は、それを禁止しなかった。

白人のスポーツに、アフリカ人たちも加わり、新しい国家のシンボルになった。


だが、「半沢直樹」のドラマ世界は、いまだ「復讐に次ぐ復讐」。倍返しに終始する。

悲しいが、それが今の日本のドラマの地点だ。

posted by sponta at 05:52| 東京 ☀| Comment(0) | ドラマ・映画・演技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月30日

「ハケンの品格」辛口。「私の家政婦ナギサさん」甘口。「それは経費で落ちません」中辛。

#ハケンの品格 #それは経費で落ちません #私の家政婦ナギサさん



OZ理論の総合点でいえば、

・「ハケンの品格」: +7 = 辛口

・「それは経費で落ちません」: +3  = 中辛

・「私の家政婦ナギサさん」:  +1  = 甘口





カレーの「辛口・中辛・甘口」にたとえてみたが、平日の夜。リラックスして観る・大人が観るなら、どれがいいかなぁ〜〜。

つまり、以下。


総合点:

+1 〜 +10  までは及第点。

+1 〜 +10 は、作品の〈ポジショニング〉つーことか。

-1 〜 -5 は、落第点。(出演者のファン以外、観る価値なし)


「カレーの辛さ」に例えてみたが、

「味覚が敏感なこども」は〈甘口〉が好き。でも、〈辛口〉が好きな子もいる。

辛い物が平気。〈極辛〉もへっちゃらな大人が「味オンチ・味盲」というのでもない。


〈辛さ〉と〈美味さ〉は、別物である。


続きを読む
posted by sponta at 08:34| 東京 ☁| Comment(0) | ドラマ・映画・演技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月16日

ワークショップ「しまね映画塾」は、近代主観主義である。

・医学では、素人が「医術を教える」ことは禁じられている

だが、

・映像の世界では、素人が「映像制作」を教えている。

この記事では、「しまね映画塾」を批判しているが、放送大学も同弊。
放送大学の講師は、アカデミストでしかなく、「映像の現場を経験していない」。結果、「撮影現場で、ポン寄りがタブーであること」さえ知らない。

案の上、しまね映画塾の主催者は、伝統的な娯楽作品の現場の経験が希薄な人のよう。

続きを読む
posted by sponta at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | ドラマ・映画・演技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月04日

2020年。「映画&ドラマの評価基準」

昨年、「映画&ドラマの評価基準」を結論した。と、思っていたが、本年6月。新たなる結論を得た。

ozg-01.gif
・ページ01

この結論は、spontaのオリジナル。

近代主観主義にとらわれている日本のアカデミズム&映像制作業界にはありえない理論である。
この評価手法により、いままでの「強権者による主観批評」のブレ・ばらつきを解消し、信頼度の高い・妥当性の高い評価を実現する。
続きを読む
posted by sponta at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | ドラマ・映画・演技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月01日

(3)「ノーサイドゲーム」。ラガーマンたちへ与えられた演技術。

脳による「中央集中制御」ではなく、身体各所の「同時並行分散処理」が、演技だけでなく、スポーツにおいても重要である。

と、説いた。

重要なことは、

・Isolation & Relaxation
(同時並行分散処理 + 脱力)


つまり、

・脱力しなければ、同時並行分散処理は実現しない。
続きを読む
posted by sponta at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | ドラマ・映画・演技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月30日

(2)「ノーサイドゲーム」。ラガーマンたちへ与えられた演技術。

・良い演技とは何か?

答えは以下。

・気持ち、セリフ、動作が同時進行しない。

日常では、

・気持ちが言葉になったり、
・思わず発した言葉が、気持ちを作ったり、

であって、同時発生、同時進行することはありえない。


そのため、演技には「中央制御」ではなく、「同時並行分散処理」が必要となる。

どんなに「気持ち」を作っても、それが「セリフと同時進行」なら、嘘くさく感じられる。

この道理・理屈は、ダンスで求められる

・ralaxation & isoration

に同じである。

続きを読む
posted by sponta at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | ドラマ・映画・演技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月29日

(1)「ノーサイドゲーム」。ラガーマンたちへ与えられた演技術。

胆石の入院時。
病室のテレビを観るにはお金がかかるし、観たとしても地上波のみ。スポーツ中継もないから、スマホに頼ることになった。
病室はWi-fiが通っていたので、動画にも躊躇しない。

YouTubeで、TBSドラマ「ノーサイドゲーム」に出演したラガーマンたちの動画を複数観た。

元代表キャプテンの広瀬俊朗氏だけでなく、斉藤祐也氏(元日本代表。日本初の海外リーグで選手。彼は、「いままで生きてきた中で一番幸せ」との名言を残した金メダル中学生の元亭主。)の動画も。


TBSドラマ「ノーサイドゲーム」の演出家・福沢克氏は、福沢諭吉の子孫(直系男子ではなかったので、福沢姓ではなかったが、最近、改名したような・・・)。高校・大学とラグビー部でならした。つらいAD時代もラグビーの猛練習に比べれば「へっちゃら」だったとか。

ラグビーワールドカップ日本大会に向けた「ラグビー・ドラマ」の企画・制作で、彼は「ほんもののラグビー」のドラマを指向した。

ちなみに、TBSは過去に「スクール・ウォーズ」というラグビー部を舞台にしたドラマを制作している。

ジェイミー・ジョセフの前任者・エディー・ジョーンズ氏は、

・あの先生(山下慎二)は全然ラグビーを教えない。

と不満を述べたとか。


続きを読む
posted by sponta at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | ドラマ・映画・演技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月28日

(3)J.Y.Parkが日本の芸能シーンを変える?

#J.Y.Park #Niziプロジェクト

生産管理の父、D.W.デミング博士は、

・事故の原因の9割はシステムの問題であり、個人の問題は1割に過ぎぬ

と指摘している。

ラグビー日本代表のスクラムコーチ・長谷川慎氏は、

・誰がやっても「強いスクラム」が組めること。

を目標に、代表選手の人事に加わらなかったとか。

今回のNiziUのメンバー9人を見て思うのは、J.Y.Park氏の「圧倒的な存在感」である。
続きを読む
posted by sponta at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | ドラマ・映画・演技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月27日

(2)J.Y.Parkが日本の芸能シーンを変える?

#J.Y.Park #Niziプロジェクト

今回、娘が繰り返して言うのは、「自分(娘)の評価基準」と「J.Y.Parkの評価基準」が同じということ。

その評価基準の本質は以下。

□ 歌・踊り・動作・気持ちのアイソレーション。

さらに、それらを微分した分析。

・歌の音程・リズム・気持ちのアイソレーション。
・ダンスにおける「体幹の確かさ」。テンポ。正面。

□ チーム・ワークを生む「心根」。

それらに「嘘がない」こと。初心・感謝を忘れない。

この指針は、「日本代表である前に、ナイスガイであること」というラグビーのジェイミー・ジャパンと同じ。
続きを読む
posted by sponta at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | ドラマ・映画・演技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月26日

spontaが「イッキ観」しないドラマたちの欠点。

入院時、体調がいいときにドラマを「イッキ観」した。

とはいえ、

・腐ったリンゴを最後まで食べる

癖はないので、第一話で、「腐っているか」を吟味することになる。

その「評価・吟味のポイント」は以下


□ 構図が見えない。

※ アト・ア・グランス性

□ 設定の布石・伏線に終始している。(ドラマの不在)


□ 群像劇である。

※ 主筋・脇筋の別が分からない。(学園もの・共同生活ものに多い)

□ 散漫な「場の設定」。


続きを読む
posted by sponta at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | ドラマ・映画・演技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月23日

「ハイパー・オズ理論」の追加考察。

小津安二郎の遺言は、

・映画はドラマだ。アクシデントではない。

である。
だが、spontaが解釈すると、以下になる。

・映画にはふたつの種類がある。
・それは、アクシデント型
・そして、ドラマ型。(ドラマとは、感情の対立 or  葛藤)

さらに注釈を加えると、ここでいう「映画」とは、大衆娯楽作品のこと。
カンヌ映画祭で「パルムドール」を得る作品は、「(革新的に)人間の本質」を描くもの。「観客が楽しむ」ことを目標とするなら、最高賞はない。

今村昌平のパルムドール「楢山節考」は、

・ヒューマニズムの否定。

であり、「うなぎ」は、

・殺人の肯定。

それぞれに、「革新的に、人間の本質を突いている」。


カンヌ映画祭受賞作を「映画ではない」とはできぬから、「非娯楽作品(芸術映画・アポロン的)」と分類外とする。


続きを読む
posted by sponta at 08:00| 東京 ☀| Comment(0) | ドラマ・映画・演技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月20日

韓国ドラマ「1%の奇跡」の解題。

解題としたのは、感想文ではなく、ドラマの制作意図を解釈したという意味。

今回は、財閥の老人に見初められた小学校の女の先生が、財閥3代目の結婚相手に指名され、契約恋愛をするうちに「真実の愛」が目覚めるというストーリー。3代目は「冷たい性格」。ありがち・ありきたりな−−−。

spontaは、先月、胆管閉塞で入院、内視鏡手術をした。今回は、胆石の摘出手術。手術前、病室で暇を持て余したので、全16話を「一気観」した。
続きを読む
posted by sponta at 00:00| 東京 ☔| Comment(0) | ドラマ・映画・演技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月19日

spontaの入院生活終了。

※ この記事は、二度目の退院後、約1週間を経て書かれました。

世の中は新コロで大転換点を迎えている。

私にとっても大転換点。
生まれて初めての手術入院生活だった。


続きを読む
posted by sponta at 10:10| 東京 ☔| Comment(0) | ドラマ・映画・演技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「オマージュ」と「ミメーシス」の違い。

「気づきました?」’愛の不時着’がオマージュした歴代韓国ドラマ4選。
という記事が、Yahoo News に紐づけられていた。


ダンミというサイトである。

このサイトの著者が「愛の不時着」がオマージュしている指摘するのは、

・「よくおごってくれる綺麗なお姉さん」

の相合い傘のシーン。

・「アルハンブラ宮殿の思い出」
・「天国の階段」
・「チュノ〜推奴〜」
続きを読む
posted by sponta at 09:59| 東京 ☔| Comment(0) | ドラマ・映画・演技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月09日

「医学的なトリアージ」ではなく、「経営的なトリアージ」。

新型コロナウィルス対策は、ローラー作戦だった。

・未知の病気

だから、仕方がない

だが、医療に関しては、ローラーではない。

・「重症な人・死にそうな人」は、手厚く医療

し、

・「軽症な人」は、

それなりに・・・。な感じだった。

続きを読む
posted by sponta at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | ドラマ・映画・演技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月08日

ドキュメンタリー映画「MIFUNE the Last Samurai」

この映画をCSで観たあと2NNを観たら、

・黒沢が、三船を世界的な俳優にした

のではなく、

・三船が、黒沢を世界的な監督にした

とあった。


ふむ。

そか。

と、思う。
続きを読む
posted by sponta at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | ドラマ・映画・演技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月06日

大島渚監督遺作「御法度」。


Stay Homeで、大島渚監督の遺作を観た。
続きを読む
posted by sponta at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | ドラマ・映画・演技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月04日

「オマージュ」と「ミメーシス」の違い。

「気づきました?」’愛の不時着’がオマージュした歴代韓国ドラマ4選。

という記事が、Yahoo News に紐づけられていた。


ダンミというサイトである。

このサイトの著者が「愛の不時着」がオマージュしている指摘するのは、

・「よくおごってくれる綺麗なお姉さん」

の相合い傘のシーン。

・「アルハンブラ宮殿の思い出」

・「天国の階段」

・「チュノ〜推奴〜」


オマージュとは、「献辞」のこと。

小説などで、「この作品を○○に捧ぐ」などと、巻頭に書くこと。
映画「若草物語」では、「(早世した末娘の)ベスに捧ぐ」とあったかしらん。

たとえば、ブライアン・デ・パルマの「アンタッチャブル」。
セントラル駅のシーンで、エイゼンシュタインの「戦艦ポチョムキン」のオデッサの階段のシーンが、〈引用〉されている。

これらは、制作者の「過去の名作への敬意」や「制作の背景の暴露」。それらは、「マニアックな楽しみ」を生むが、それ以上でも、それ以下でもない。
つまりは、ヒッチコックが、「自分の映画に顔を出す」そんな蘊蓄を生むための仕組み。


だが、〈ミメーシス〉は違う。
過去の映画・ドラマの伝統を踏まえて、「それ以上の傑作を作ろう」という、強い意志である。

「愛の不時着」は、

今までの北朝鮮を扱った韓国ドラマの傾向・欠点を革新している。それらは、

・北朝鮮の体制批判。

・北朝鮮の陰謀もの・スパイもの。

・北朝鮮の市民が描かれていない。(or 虐げられた人たちとして描かれている)

・北朝鮮の話と、韓国の話が、「分離している」。

・コメディー的な要素が欠如している。

・・・・etc.

これらの欠点を補って、尚、余りあるから、「愛の不時着」は魅力的なのである。


spontaは、「愛の不時着」の庶民の描かれ方を見て、ロシア映画「モスクワは涙を信じない」を思い出した。

共産主義・社会主義にあって、堂々とメロドラマを貫いた傑作である。

posted by sponta at 15:02| 東京 ☀| Comment(0) | ドラマ・映画・演技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ファン
 メッセージを送る
 このブログの読者になる
 更新情報をチェックする
 ブックマークする
 友達に教える
RDF Site Summary
RSS 2.0