2019年06月12日

「14歳の輪姦被害」を告白した三浦瑠麗さんにポストモダンの立場から思う。(その1)



「14歳の帰り道、車でさらわれた。あれが「魂の殺人」だと、今の私は思わない」


だそうである。

複数の男に車で拉致されたのだから、和姦な筈はない。
つまりは、「暗黙の合意があった」などという言い訳が通じるような経験ではない。
被害を受けたが、彼女は、母親にも、警察にも、産婦人科にも行かなかったとか。


父親は心理学者。 (東大院卒、防衛大学校教授) 

※ 詳細は知らぬが、心理学者の父君が、娘の心の疵に気付かなかったのだろうか。
もし、そうなら、笑止。心理学とは「そげなもの」。

理解ある夫は、東京大学の先輩で、元外務省の役人で、現在は投資ファンドの代表。
続きを読む
posted by sponta at 06:29| 東京 ☀| Comment(0) | 公開メール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月03日

斎藤環(精神科医)氏に、ツイッた。

精神科医の斎藤環氏が次のようにTwitterしている。

「一人で死ね」と言ったあなたは、ひきこもりについて何も知らない。無知を受け入れて当事者の声に耳を傾けてほしい。さもなくば沈黙すべきだ。すでにあなたの無責任な妄言の集積が、当事者とその家族を殺人に至るまで追い詰めているのだから。


「知っているなら、発言する権利がある」とは、モダニズムな考えですね。

黒澤明監督の映画では、「その日が暑かったから、犯行に及んだ」との物語があったと記憶する。

人間の行為が、何かのキッカケで始まったと、本人が言明したとしても、それを信じてはいけない。

つか、キッカケは、キッカケに過ぎず、問題は、原因の本丸たる「精神疾患」。精神科医の斎藤氏は、「トリガーにも負けぬ精神」を患者たちに養成すべきであって、「トリガーを弾かないでね」と、泣き言を言っている場合ではない。

まず、自らの無力さを告発し、克服できぬなら、嘆くべきである。



spontaは、(字数制限のため)要約を書き込んだが、原文は以下である。
ひきこもりの根本的な問題を解決できない「専門家(の斎藤氏)」が、「トリガー(引き金)を作った人たち」を批判する。

私は厄年の時、DVをした親から「顔を見せるな」と厄年の時にファックスを送られ、還暦の時、(ウェブ情報で)父が知らぬまに亡くなっていたことを知る。私は親孝行だが、私の両親は責められなくてよいのか。

私は「トリガーを弾かなかった」が、それが人間として、良いこととは思わない。両親と対峙・対面すべきだった。
斎藤氏の(一見、人間愛にあふれる)言葉に騙されてはいけない。

人間が生きていくために必要なのは、養わなければならないのは、「耐性」である。それができない人がいるからといって、「社会そのものを変質させる」のは良くない。

spontaの個人的な「意見」は、実体験から生まれたものであることを含意したテキストだが、200字だと要旨のみしかアップできないので、仕方がない。

その補完の意味も込めて、記事にした。


続きを読む
posted by sponta at 06:18| 東京 ☀| Comment(0) | 公開メール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月23日

きらクラにメッセージを送った。




いつも楽しく聴かせてもらっています。世田谷区在住のsponta(スポンタ)と言います。

プロの楽団員になると「体を揺らさないで演奏する」ようになるということを聞いたことがあります。私は高校時代・吹奏楽部。「体を揺らす先輩」の演奏の「音楽性が高かった」っけ。

私の娘は中学時代、一時期、体罰で話題になったジャズのワークショップに参加していたのですが、ドラムの先生から、アメリカでは「タイム感というのがあるんだよ」と教えられました。

タイム感とは、「体の中にメトロノームを持っている感覚」。それと調和をしながら、「エモーショナルな演奏」をしなければならない。

娘が言うには、「タイム感を持った演奏」をするには、「体を揺らしてはダメ」なんだとか。
ならば、プロのオーケストラの楽団員のみなさんは、「タイム感」を大切に演奏をなさっているのでしょうか。

まりさん。そのあたりどうなんでしょうか。教えてください。
続きを読む
posted by sponta at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | 公開メール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月15日

ロンブー・田村淳氏の「勘違い」。



『受験』
1年経った今でも言われる…社会人が未来ある若者の大切なひと枠を奪うな!と…でもその意見はおかしいと思うんだよね…社会人でも現役生でも、大学に行く目的があっても無くても、全ての人に門戸は開かれてるはずなので…学びたい人は、学びたい時に遠慮なく学べば良いと思う。

(彼のツイッター 3/14より)



*

まず、受験と「学びたい」は関係がない。

田村さんは、「高校の勉強をしたい」のだろうか・・・。

もし、そうなら、「その成果を吟味する」ために、大学受験をすればいい。
続きを読む
posted by sponta at 13:57| 東京 ☀| Comment(1) | 公開メール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月13日

森口博子さんに、アドバイス。


TBSの阿川佐和子さんの対談番組(サワコの朝)を観ていたら、森口博子さんが出演していた。

彼女はエゴサーチ(自分の名前で検索をかけること)を日課にしているという。

spontaのブログでは、「グーグル検索の上位にアップされている」記事の検索数が多い。
ということで、エゴサーチされることを念頭に、「彼女へのファンメール」を書いてみる。
続きを読む
posted by sponta at 00:00| 東京 ☁| Comment(5) | 公開メール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月21日

プロフェッショナル・海老蔵さま


NHKの番組「プロフェッショナル」で、

市川海老蔵氏は、

・歌舞伎は、芸術でなくてもよい。

・日本人の根本のDNAを伝統化してきたのが歌舞伎役者。

・今の時代にあったものをお客さんに提供するのがプロフェッショナル。

・私は歌舞伎において、心(感動・よろこび・悲しみ)を提供してきた。

と発言していた。


彼は、アンチの発言の中に「(正しい)欠点の指摘」が含まれると指摘していたから、自分の「思い違い」をタダしたいと、記述する。

勿論、泡沫ブログである「sponta通信」を歌舞伎界トップの彼が閲覧することは、絶望的であることは承知の上で・・・。

以下は、公開メール。
続きを読む
posted by sponta at 00:00| 東京 🌁| Comment(0) | 公開メール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月05日

坂上忍さん。体罰を絶対悪とするなら、吉本のドツキ漫才を禁止してください。


週刊誌の記事だという。

(週刊SPA!)
内村航平選手の名物ママであり体操指導者の
周子さんは次のように話す。

「佑斗は私と同じ長崎の出身で、小さな頃からの付き合いがあるんです。
本当に優しい子。指導者としても悪い噂は聞いたことがありません。

仮に、暴力があったとしても、指導の枠を超えたものではないと言い切れます。

体操は命に関わる危険なスポーツです。だから、私のクラブでも気を抜いて練習している子には厳しく指導します。

言っても聞かない子がいたら、練習を見学しているお母さんが、いきなりその子を思いっきりひっぱたくことも。
それって愛情があるからでしょう?(苦笑)」

体操は、「命にかかわる危険なスポーツ」というのは、見ていれば、誰にでも分かる。

あんな高いところから落ちれば、半身不随になるのは、当然である。

そんな「厳しい・危険なスポーツ」なら、指導に「体罰もやむをえない」。つまりは、「自分の批判など恐れずに、指導する」のは、当然である。


すべからく、「体罰禁止」を言う人は、「指導者としての自分が批判されること」と、「指導されるこども」を天秤にかけて、「指導者としての自分」を重要視するタイプである。

その意味で、坂上忍・バイキングキャスターも、「MCとしての自分」を、「体罰をした人」「体罰された人」よりも大切にしていると、断罪される。


spontaの意見は、

体罰は、「プロレスの反則」と同じ。決して、「肯定されない」が、3回までは許される。

そんな感じ。


亡きラグビーの平尾誠二氏は、しかり方として以下の3つを掲げた。


・プレイを否定しても、人格を否定しない。

・フォローする。

・短く叱る。


短く叱るために、「体罰」は効果的である。後で、フォーローすればよい。



どちらにしても、「(こどもの)身に危険が及ぶ状況」なら、指導者は、「体罰をする・しない」などを考えている余裕はない。


それと比べるなら、吉本芸人の「漫才における暴力」は、即刻禁止すべきである。
テレビが「世論・風潮」を作っているなら、当然の処置である。

それができぬなら、軽薄な「体罰批判」はすべきではない。















posted by sponta at 06:06| 東京 ☀| Comment(2) | 公開メール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月02日

8/22 メールを送付。

箕輪厚介さま。

編集者という本来、裏方の職業でありながら、「押し出し」の強さを発揮する箕輪さんをテレビで楽しく拝見しています。


私はspontaというブロガーですが、出版の企画を持っています。
それは、現在の日本のクラッシック音楽・音楽教育を否定するものですが、その出版により、「プロの音楽家をめざす若い人たち」が無駄な苦労をすることがなくなり、喜ばれる内容です。
タイトルは「音楽の奥義。〜プロの音楽家をめざす人たちへ〜」です。
明治以来の日本の音楽教育が、この本によって否定され、日本の音楽シーンは「新しい時代」に進化するはず。


この本が出版されるなら、音楽関係者からの反発は必至。
とはいえ、箕輪さんの社会的な発信力があるなら、反発を越えて、日本の音楽界をイノベーションできると確信しております。


ご興味がありましたら、メールなど頂戴できれば、詳しい説明をさせていただきます。
                
sponta中村
続きを読む
posted by sponta at 00:00| 東京 ☀| Comment(2) | 公開メール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月18日

高須先生。「豊乳手術」に「新たなる評価基準」を設定すべき。


「おっぱいがそこそこあるんだけど、寝ると、なくなっちゃうのよね」。
青春の一時期、どこかで聴いた記憶がある。


当時の彼女は、グラビアで観た写真で「理想的なおっぱい」は「寝ても、左右に流れない」と誤解していた。だが、それらは、擬乳(豊胸手術の結果)。
続きを読む
posted by sponta at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | 公開メール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月26日

椎野伸一先輩(東京学芸大学)。日本の音楽界をイノベーションしましょう。



私が高校1年の夏合宿。妙義山麓のひし屋旅館。

椎野先輩が芸大に合格して、現役生のために「ラ・カンパネルラ」を弾いてくれたのを私は印象深く覚えている。私はセカンド・クラリネットだったから、ピアノの近くにいた。盛り上がるトリルのところで、プラスックのカップがはじける音が偶然したっけ。

その時、顧問の松本成二先生が教えてくれたのは、椎野先輩が「入学後、最初のレッスンがテンポキープの練習だったので驚いた」こと。


私は、その時、何も分からなかった。
だが、娘が日野皓正氏に学び、グルーヴを知り、さらに菊池成孔の音楽理論に接すると、ようやく30年後に理解できた。

その結論は、

「クロノス時間とカイロス時間を同時に持つこと」こそ、最上の音楽家の〈条件〉であること。

だが、それは、巷間知られていない。

そのため、楽器奏者を中心に、「間違ったレッスン」が行われている。

先達が、自らが得たノウハウを後進に伝えないと、後進が先達を越えることはできない。「自ら体験して、覚えろ」と「教えない」のは、意地
悪なばかりか、非効率。


今では、スキージャンプで、V字ジャンプをしない人はいない。
若い人は、スキー板をそろえるのか、V字にするのかに「悩まず」、効果的なフォームで、最大不倒距離に挑む。
だが、音楽では、未だに〈奥義〉が暗黙知になっていて、若い人は「効率的なレッスン」ができない。
続きを読む
posted by sponta at 00:00| 東京 ☀| Comment(2) | 公開メール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月22日

ナイツ・塙さんへ。「怪優」を目指せ。

ドラマ出演の塙さんの演技の評判が悪く、本人が落胆していたので、TBSのサイトに投稿した。


続きを読む
posted by sponta at 07:38| 東京 ☀| Comment(0) | 公開メール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月18日

若林史江様: 「英語耳」よりも大切なこと。


若林さんの「子育て」に関する悩み方が、かつての自分と似ているので、アドバイスしたくなった。




娘は社会人2年生になり、「子育て」の私なりの結論が出ている。


現在の「子育て」に関する情報は「人間は考える葦である」という「思索」中心主義がほとんど。無闇に従うと理不尽な思いをする。


私が最初に疑問に思ったのは、


・怒るな。叱れ。


これを信じている人が多いが、間違い。


・親は教師ではなく、子の「承認者」。

※ 承認者とは、アドラーの心理学におこる「承認欲求」による。


したがって、「叱る」のは喜怒哀楽がなく、人間味がない。親は、愛情を持って、子に、自分の喜怒哀楽を見せるのが望ましい。


ロッテンマイヤーさんに、なってはならぬ。




ブロガーのsponta中村です。


こんな記事をブログに挙げました。
続きを読む
posted by sponta at 16:21| 東京 ☔| Comment(0) | 公開メール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月06日

バカリズム君、映画学校を卒業しているのだから・・・。

「ご参考までに」(NTV)を観た。

とりあげた個人の人生が「映画化できるか」を吟味。歌手・俳優の福山雅治氏がキャスター。話相手としてバカリズム氏。客席には、高橋真麻嬢、ギャル曽根嬢がいた。

バカリズム氏は自分でも脚本を書いているから、「(日本映画学校出身として)専門家扱い」だろう。

続きを読む
posted by sponta at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | 公開メール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月16日

佐藤二朗さんへ。「子育て理論」

さらに分かりやすく書いてみた。



飲んだくれて、「人の心がわかる人」に何て欲しいと発言した佐藤さん。

しかし、「人の心がわかる人」になるために、親には「やるべきこと」がある。




「人の心がわかる人」になるには、以下の素養が必須である。

・自己肯定感: 他人を思いやる「心の余裕」のための「揺るぎない自己」があること。

・万能感のまっとうな挫折: 人間は「自分が一等賞」という〈万能感〉をもって生まれる。それを挫折しておかないと、〈競争心・敵対心〉が先立ち、他人の心を思いやることはできない。




幼児期の「親に愛された経験」が、自己肯定感を育むし、

その後の、スポーツ・音楽などの集団活動の経験により、万能感がまっとうに挫折する。




就職活動において、体育会系出身者が有利なのは、「万能感がまっとうに挫折している」から。

東大卒よりも、慶應卒が「仕事ができる」と評価されるのも、「東大に入れなかった」ことで、「万能感がまっとうに挫折」しているから。



と、私は推測する。




追記

2012年にも、

子育て、総括…。万能感のまっとうな挫折は、公園から…。

という記事を介している

http://sponta.seesaa.net/article/310773502.html


posted by sponta at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | 公開メール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月14日

林修先生を論破する。(数学者・岡潔の日本論)その3

文化勲章を得た数学者の岡潔は、世界と日本の違いを以下とした。


・知識 vs. 真如

・競争心 vs. 向上心

・感情 vs. 真情



※ 〈知識〉は、「多ければ多いほどよい」。
〈真如〉は、「真実はひとつ」。

※ 〈真情〉は、「人の喜びと、自然の喜び」。




当然のことながら、前者が「非日本(西洋?世界?)」、後者が「日本」。

続きを読む
posted by sponta at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | 公開メール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月13日

林修先生を論破する。「子育てのタイムテーブル」(その2)

林修先生の子育て論は、「個の思索・自我」を起点にしたモダニズムの時代の「子育て論」である。だが、ポストモダンの時代。




あるべきは、動物行動学や認知心理学を考慮した「子育て」。




賑やかな「テレビ番組」では、表現できない精密な問題なので、以下のようなタイムテーブルを作成した。

続きを読む
posted by sponta at 00:00| 東京 ☀| Comment(2) | 公開メール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月12日

林修先生を論破する。「子育て論」(その1)

林修氏が、東大に合格した教え子たちに、「大学受験に使った知識はもう使うことはない」と激励する姿は感動的だったことを覚えている。

その一方で、林修氏自身は「大学受験に連なる知識量」を大衆に喧伝しているのとは皮肉。



東京大学を信奉していると、とんでもないことになる。その理由は、時代はすでに「ポストモダン」なのに、東京大学は「モダニズムを克服できていない」から。



・モダン=個人の主観・進化論

・ポストモダン=客観・文化相対主義・構造論・メタ論

※ 文化相対主義とは、ブータン王国のように、「貨幣経済に恵まれなくとも、幸福な生活が存在すること」





世界の学問の潮流は、ポストモダンになって30年が経とうとしているのに、東大は、そのひとつの「表象論」を片隅みに追いやっている。

京都大学は学問の府だが、東大は官吏養成機関である。
続きを読む
posted by sponta at 06:37| 東京 ☀| Comment(0) | 公開メール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月04日

「5時に夢中」若林史江様。

番組のサイトに投稿した。

◇    ◇    ◇

昨年春、娘が社会人になり「子育てを終えた父親」です。

番組では、マツコデラックス嬢から「近所のエリート校を下見した」との報告。若林さんの、お子さんに対する「期待と愛情の深さ」が感じられるエピソードですね。フィギュアの羽生選手の金メダル。藤井少年棋士の大活躍など、これから子育て本番を迎える親が希望に胸がふくらむのは当然です。

しかし、日本一・世界一になることは「十分条件」。「(なくても良いが)これがあるともっとよい」。ポジティブチェック項目です。

「幼少期の子育て」の目標は、以下。

・「情緒」の安定。
・人を信じる「素直さ」。
・「コミュニケーション」能力。

これらは「必要条件」。必要条件とは「これがないと致命的」な素養。ネガティブチェック項目です。

以下は、私の「子育て法」。



【「犬のしつけ」を、人間の「子育て」に援用せよ。】

幼犬のうちに「散歩・遊び・しつけ」をしないと、成犬になると「無駄吠え」「噛みつき」になる。その時、散歩に連れて行っても遅い。

人間も同じで、幼い時期に「いっぱい遊んであげない」と自己肯定感が養成されず、「引きこもり・逆ギレ」になる。女児は「ネコ的」だからそれほどでもないが、男児は「犬的」なので顕著。

幼児期の「親に愛された経験・実感」は、親子の絆を強めるとともに、「自己肯定感」につながります。



清水アキラ氏の次男の非行は、幼い頃に「愛された実感」がないのに、成年になって「厳しくされた」のが原因かもしれません。



すばらしい子育ての参考にしていただければ幸いです。    (スポンタ中村)

※ 質問などありましたら、ブログにコメントしていただければ幸いです。
posted by sponta at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | 公開メール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月21日

フジテレビ・宮内正喜社長へ、公開メール。(その3)【楽しくなくっちゃテレビじゃない】

※ ご本人のエゴサーチ、および、周辺の人たちに向けて書いています。

※ 閲覧者のみなさんは、この改革案が「社会を巻き込んでいけるかどうか」をお楽しみください。(ほとんど絶望的だからこそ、楽しめるかなぁ〜〜)。



永六輔氏の座右の銘は、井上ひさし氏の言葉。

「難しいことを分かりやすく。分かりやすいことを、面白く」

だったと記憶する。


昭和の劇作家と放送作家は昭和の人だから、「難しい」「分かりやすい」「面白い」は、「個の主観」であって、そこで思考停止して構わなかった。

しかし、1990年代以降のポストモダンでは、「認知心理学」的に分析すべきだろう。
続きを読む
posted by sponta at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | 公開メール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月11日

フジテレビ・宮内正喜社長へ、公開メール。(その2)【分析・分類】

※ ご本人のエゴサーチ、および、周辺の人たちに向けて書いています。

※ 閲覧者のみなさんは、この改革案が「社会を巻き込んでいけるかどうか」をお楽しみください。(ほとんど絶望的だからこそ、楽しめるかなぁ〜〜)。
続きを読む
posted by sponta at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | 公開メール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ファン
 メッセージを送る
 このブログの読者になる
 更新情報をチェックする
 ブックマークする
 友達に教える
RDF Site Summary
RSS 2.0