2008年02月06日

不可視化していくインターネットコミュニケーション。

インターネットはログの残るメディアである。ネット上のコミュニケーションは可視化され、ログとして残っていく。そのように論じてきたスポンタだが、2008年のインターネットはそうではない。

可視化していくムーブメントと、不可視化していくムーブメントが同時に進行している。そのことに思いをいたさなければならない。

タイタニック号の船長は、氷山の一角をして、巨大な氷塊をイメージできなかった。
インターネットも同様と思える。


たとえば、私が日経新聞の懸賞小説に応募することを表明し、それを書き上げたことをこのブログで発表した。


2008年01月31日 鳥越俊太郎氏と佐々木俊尚氏を評価する。

http://sponta.seesaa.net/article/81628549.html#more


当該ブログのコメント数は0である。だが、ネット的にまったく無視・無関心なのかといえば、そうではない。ソシアルブックマークでは、「賞が発表される10月まで待てない」人がいて、RSSリーダーで連絡をとりあうブロガー氏は、「出版されたら10冊買う」と言ってくれる。二人ともjustネット上の知り合いであってニュートラルな関係である。とはいえ本ブログでのコメントは0。さらにいえば、以前、コメントをやりあった人達が継続して読みに来てくれたり、新しい出会いがあったり、いろいろとする。だが、コメント欄は0。それが美しいことではないか。と思われる。アクセス乞食・コメント乞食になって批判された地方紙ブロガーを考えれば、悪いことじゃない。

その点、かの池田信夫先生のブログのコメント欄は賑やかしい…。過度に攻撃的な言論を先生が紡いでいるからだろうか。一方、サンドイッチマンのブログは、「名前だけでも覚えていって下さい」とある。
それでいいんじゃないだろうか。

http://ameblo.jp/takeshi-tomizawa/



切り込み隊長のブログでは、「ミキシー離れがすすんでいる」とある。

http://kirik.tea-nifty.com/diary/2008/02/mixi_a9c8.html

そして、コメント欄には、「あのチョー監視社会は以上だよね」とも。
そして、サムライさんの感想を採録。


実は2週間前に始めたばかりなのだが、率直な感想、
ヌルイんだよねmixiは。 ネットの大海から隔離されている鎖国状態。 外来種から隔離されている無人島では近親交配が重なり、奇形や異型の種が繁殖する。 これと同じ様な事態が進行しているように感じる。 「私に注目して!」タイプ。 「私と共感して!」タイプ。 「単にネットを通じてのコミュニケーションで満足」タイプ。 これらが3大特徴じゅあないの? 金儲け目的の勧誘に利用しているヤツもいるけど、そのほうが俺的にはスッキリと理解できる。 


すべてはクローズドサーキット(閉鎖回路)の宿命的現象。閉鎖的コミュニティーは煮詰まっていく。

オープンであることは重要である。ただ、それが可視化されるか、それとも可視化されぬかは、その性向の問題。
そして、パノプチコン幻想をイメージすれば、可視化されぬ部分に知性が集まる。

と、いうことで、コメント待ってまーす。(^o^)
矛盾した私である。
posted by スポンタ at 00:00| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 集合的コミュニケーション論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメント!

って、馬鹿な冗談はさておき。

私の場合は、コメントを書くか書かないかは、
「気分の問題」だったり「時間の問題」だったりと・・・簡単に言うと「タイミングの問題」ですかね。^^;

コメントやトラックバックだけでなく、訪問(閲覧)者が0ゼロって場合でも、RSSリーダーで読めたからわざわざブログ側に読みに行かなくてもいいやって事かも知れないし。

変に気にする事はないと思うけど、私の場合は、
何らかの足跡を残してくれれば、お礼のコメントやメールをしたりしてますね。^^;

って的外れなコメントですみません。

サムライさんの感想も解らなくもないですが、
十人十色ってやつで、どう利用するかは個人の問題。

それを利用して、閉鎖的に終わりにしてしまうかどうかは利用する側の勝手で、外野が決め付けない方が私は良いと思いますが?
Posted by そらっち at 2008年02月06日 12:53
コメントありがとうございます。

十人十色。おっしゃるとおり。
つーか。多分10分類ぐらいであって、千人・万人いたとしても、パターンはせいぜい数十なのかな。

とても、示唆的でした。

ということで、セルフぶっくまーくをしないようにしている私でした。

…どもです。(^^;)
Posted by at 2008年02月07日 05:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/82389058

この記事へのトラックバック
ファン
 メッセージを送る
 このブログの読者になる
 更新情報をチェックする
 ブックマークする
 友達に教える
RDF Site Summary
RSS 2.0