2007年10月19日

初音ミク現象に思う。ブロードキャストとジャーナリズムは相容れない。

さて、いま早朝5時だが、私はパジャマを着てパソコンに向かっている。どうも、「初音ミク」現象というのが、起きているようだ。

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0710/15/news008.html

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0710/18/news040.html

簡単にいえば、TBSで「初音ミク」という音声合成ソフトの特集で、おたく批判をした。
その後、それがネット言論で批判された。
すると、グーグルとヤフーで「初音ミク」で画像検索をしても、ヒットしなくなるという現象が起きた。



gooの画像検索、MSNの画像検索、livedoorの画像検索では、そのようなは起きていないので、なんらかの恣意的な処置をグーグルとヤフーがとったということだろう。



馬鹿な話だが、グーグルとヤフーともに、原因を調査中とのこと。
このような恣意的な行為が、末端によって行なわれることはないだろう。ネットでは、TBSと電通が関与したのではないか。との憶測が流れているようだが、未確認である。



さて、総務省の衛星放送に関する文書を読んでいる。これが何ともおもしろい。

http://www.soumu.go.jp/joho_tsusin/eisei/eisei.html

BSとは放送であり、CSとは通信である。だが、イノベーションによって、ほとんどBSとCSの区別がなくなっている。それが衛星放送の現状である。

総務省の考え方は、放送(ブロードキャスト:対不特定多数)は社会的影響力があり、その放送内容には偏向は許されない。というプロパガンダ許すまじ。つー感じ。

一方、有料チャンネルの衛星放送(マルチキャス:対特定複数)は社会的影響力が低いので、その放送内容については、あまり規制されるべきではない。
つまり、好きな人が集まって何かするんなら、わざわざ政府が監査してもねえ…。つーことか。

いやぁ…。(・_・)である。

ベルリンの壁崩壊後かなり経つ今、国民の総意と乖離する左翼者たちの言論が跋扈するマスコミ。
それって放送法に抵触しないのだろうか…。

仕事場の同僚と話をする。

同僚:ネット言論は右寄りですよね。
私:んな、こたぁない。戦後の日本は、村山富市が首相の時代を除けば、ずっと自民党という右側が過半数をとってきた。多数派が真ん中ではなく、右ということ自体がおかしい。
自民党が右になれば、野党は左になる。だが、自民党を中央に位置させると、野党は極左。つまり所謂右翼と相対的な位置にいることになる。


国民の総意とはある意味多数決の結果だろう。
そして、民主主義は、総意で進められるけれども、少数意見を抹殺しない。という規範ですすめられていく。

新聞というメディアが、左翼的言論を喧伝し、その主張を貫いてきたのは、それはそれでいいのかもしれぬが、放送については、偏向が許されない。とすれば、現実に対して批判的である姿勢はあらためなければならぬ。
批判的であることで、ジャーナリスティックであるなどというマスコミ人たちの職業規範は、少なくとも放送人にはあってはならぬ。

なのに…。

「アッコにおまかせ」である。

http://www.youtube.com/watch?v=97a5kL-Afr4&NR=1



放送行政は一方的な情報伝達を前提に構築されている。
だが、たとえ放送は一方的であっても、ウェブ言論が並存することによって、放送の一方向性は覚束なくなっている。それが2007年のウェブである。


ユーチューブにアップされた番組を観れば分かる。
あの映像には、制作者たちの他人(おたく者)の生き方・価値観に対する軽蔑・侮蔑・侮辱がある。
その姿勢は第三者である私にとっても不快であり、それをして社会の総意の一端などと合理化することはとうていできない。

ねずみ講に等しい会社組織に下っ端で入ることに合理性はない。

TBSや電通のようなブランドなら、鼠講だとしても就職の意味はある。

だが、会社に所属することが優位性を獲得できない無名企業に就職するのならその価値は低い。

ならば、コンビにでアルバイトをしながら、好きなことで頭角を現すことを目指すのは、成功の確率は低いにしても、合理のひとつである。


あの番組のスタジオの笑いや、嘲笑するかのコメントの文言は、放送人たちの傲慢を表現しているに過ぎぬ。
批判されて当たり前である。

そして、その対応が、検索エンジンの画像検索を不能にするというのも、彼らが混乱・混沌として動作不能になっていることを表している。

このようにして、ヤフーもグーグルもウェブの中で相対化されてしまうのだろう。
広告代理店とは、なんとも恐ろしいものである。
この記事へのコメント
結局、大手企業や国家官僚になるということだけが出世やエリートを意味していることがこの国をどんなにか貧しくしていることだろうと思います。かといってこうした上に立つ者達が「公」(おおやけ)のために尽くすという真の意味での「エリートの自覚」を持つわけではない。これが日本のいわゆる民主主義の姿なのかと思うと嘆かわしい。民間の中にいて、誇りを持って市民社会のために尽くす、そうした人に対して人々も敬意を持つ、というごく自然な感覚が必要です。なぜか私には、周りの学者や国民の一部が政府の委員会に入ることのみを出世と考えているようにしか見えないときがあります。この国は江戸時代以前かという気がいたします。
Posted by Critical Horizon at 2007年10月20日 01:18
>結局、大手企業や国家官僚になるということだけが出世やエリートを意味していることがこの国をどんなにか貧しくしていることだろうと思います。

おっしゃるとおり。
ただ、問題は、そういう人達が、日本の主導権を得ていることが問題なのです。

古い話ですが、クイズダービーの回答者だった鈴木武樹氏は、東京大学がオールマイティーのカードになっていることが問題であると指摘していました。

オールマイティーのカードがあることが、日本の職業環境を歪ななものにしている。まずは、東大と分離して、東京官吏養成学校というのを作るなら、その学生は、官吏という蛸壺の中のエリートでしかなくなり、その傲慢さは軽減されるに違いない。

職業に貴賎はないにしても、その従事者たちが偏差値によって規定されるならば、貴賎ができてしまう。そのように思っています。

人間の価値観は多様であり、特定の価値観で上下をつけることはできぬ。だが、それを総合大学というシステムはその多様性を排除するのです。


ありがとうございました。
Posted by at 2007年10月21日 07:25
 東大にも素晴らしい人もいれば、やはりどうしようもない人もいる。これはどの大学でもいつの時代も同じだと思います。要は、出身大学でなく人で判断するしかないのです。
 偏差値教育は、私のもっとも嫌悪するものです。日本人はこう言うものが好きですが、それは単に西欧の中世からあるような学問や教養の伝統が全くないから、手っ取り早く数値で優劣をつけようという安易な方法です。野口悠紀雄氏も仰られていたように、偏差値や試験勉強イコール学問ではありません。やはり「考える」プラス「議論する」というプロセスがいまの教育・学問の現場には欠落しているように思います。
 あと最近気になるのは、マスメディア言論に対するカウンターであったはずの2ちゃんねるなどのインターネットの言論が溶解してきたというブログの意見を読みました。互いが互いの言論を意識し過ぎて、共犯しているかのように「安倍首相」や「亀田三兄弟」や「朝昇龍」を扱き下ろす。本当は冷静になって、一方方向に偏りすぎた世論に対してこんな見方もあるよと提示する役割がインターネットの個の発言には期待されていたと思うのですが...。
 多様性というのは、人間や社会が持っている危機に際してのバランス感覚でもあるわけですが、これは民主主義には不可欠のものです。その意味ではあえて異端を貫くような強いスピリットをもった少数のボランティアがネットにも必要ですね。多様性を確保することはかくも困難な営みなのだと感じています。 
Posted by Critical Horizon at 2007年10月21日 14:14
2ちゃんねるのスレッドのテンプレから転記
----------------------------------------


-TBSがバラエティー番組内で取り上げた「初音ミク」の放送は、批判とも誹謗中傷とも受け
 止められる内容でした。率直な感想をお聞かせ下さい。
(「初音ミク」のクリプトン・フューチャー・メディア社長)
結局のところ、「ネットの住人が勝った」と感じています。たとえ影響力が高いテレビで報道
されたとしても、偏見めいた内容はネットを通じた民意により調整しうるということを実感
できたからです。
今回の件を通じて、人は本質的に事実を知りたがっているだけではなく、伝えたがっても
いるということも改めて分かりました。ネット社会においてはすでに、報道機関も政治家も、
常にその行動の是非を問われる環境になったと思っています。

※追記
 TBSに「初音ミク」の放送についてコメントを求めたところ、「謝罪のコメントを出す予定はない。
 具体的にどの辺が問題なのか指摘してもらいたい」とした。
 TBSは10月14日、「アッコにおまかせ」の放送の中で「初音ミク」を紹介。商品の内容よりも
 利用者の言動に注目し、番組終了間際には職業差別とも取れるTBS側のコメントがあった
 として、ネット上で批判が相次いでいた。(抜粋)
 http://japan.cnet.com/interview/biz/story/0,2000055955,20359336-2,00.htm

☆ネタ動画
ニコニコ動画(RC2)‐【初音ミク】TBSに捧ぐ(改)【ドラゴンボールZ】
http://www.nicovideo.jp/watch/sm1280066

☆関連スレ
【マスコミ】 「3次元に興味無し」「俺の嫁」…TBS「初音ミク」特集、「オタク印象操作」「職業差別」と批判相次ぐ★11
http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1192438411/
【ネット】googleなどが検閲?「亀田・反則」「初音ミク・画像」などがネット上から“消えた”…、電通やTBSの陰謀との説も★73
http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1193012787/
【Google問題】ひろゆき氏「ググったら亀田>P献金だけどP献金問題は大事。でも新聞にとっては亀田ほど報道する価値ないと…」
http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1193145563/

※前:http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1193234251/
Posted by at 2007年10月25日 05:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/61358261

この記事へのトラックバック
ファン
 メッセージを送る
 このブログの読者になる
 更新情報をチェックする
 ブックマークする
 友達に教える
RDF Site Summary
RSS 2.0