2020年12月07日

「共演NG」の失敗・欠陥。(その3)

このドラマの本筋は、鈴木京香と中井貴一の「共演NG」である。

したがって、それ以外の要素は、不純物となる。


観客は、元カレと元カノの20ぶりの再会に行方を知りたい・楽しみたい。

したがって、久しぶりに出会った元カレ元カノが、「撮影でキスをするとどうなる?」を味わいたいのであって、「新番組の視聴率がどうなるか?」に興味はない。

同じ共演NGとしても、師弟関係の物語はどうでもいい。

ましてや、若い俳優たちの不倫・恋愛関係など、物語の集中力を下げるだけ。


シナリオライターは、共演NGなのに共演することになったベテラン男優・女優のドラマに集中すべき。


それぞれの現在を表現するために、元カレ・中井貴一の細君を登場させるのは仕方ない。だが、新たな展開として元カノ・鈴木京香のもうひとりの元カレを登場させるのは、ドラマを複雑にするだけであって、ドラマの純度を下げる。

「三角関係のドラマ」ではない。「ヤケボックイに火がつくか、つかぬか」。
輝いていた青春のひと時を過ごした男女が、時を経て、それを恨みに思うか、それに感謝するかのドラマである。


ユーミンの夫。つか編曲者の松任谷正隆氏がテレビに出ていて、彼の編曲のやり方を解説していた。
曰く、友人から電話が来て、「お前には指が7本あるのか?」「どうやって演奏しているのか?」と。

松任谷氏曰く、

・コードの抑え方に縛られたくない。

だから、右手のポジションで両手を使って弾いている。と。

そか。

Cの和音なら、ドミソ、ソドミ、ミソドという3種類の形があるが、それをイメージして弾くと「コード理論に縛られる」ことになる。
ファイナルファンタジーの作曲家のすぎやまこういち氏は、「ギターを使って作曲するのは、作曲ではない。作曲とは、純粋に頭の中でやるべき」と語っている。

コード理論は「解釈する人のため」のものであって、「作曲する人」はコードに縛られてはならない。


だが、シナリオの場合は逆。
シナリオのコード理論にあたるものが存在しないため、(プロもアマも)好き勝手にやっている。

ドミナントモーションが解決せず、ドラマに進行感がなくなっても、それが商品として流通する。

意味のない転調もお構いなし。


音楽っていいな。

すぎやまこういち氏・松任谷正隆氏ってすごいな。

なんて思っている。

posted by sponta at 04:41| 東京 ☀| Comment(0) | ネットウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ファン
 メッセージを送る
 このブログの読者になる
 更新情報をチェックする
 ブックマークする
 友達に教える
RDF Site Summary
RSS 2.0