2020年05月22日

「鬼滅の刃」。spontaはゾンビが嫌い。

入院生活で時間があるので、いま人気だというアニメ「鬼滅の刃」を観た(第1回〜第8回まで)。

山奥で暮らす「父親のいない家庭の長男(主人公)」が、仕事で山を降りている間に、家族を「鬼」に食われる。

古来日本では、死人のことを「鬼」と言う。亡くなることを「鬼籍に入る」とも。このアニメの「鬼」は、「吸血鬼」の一種であり、その話の場合、ゾンビのよう。

主人公も「鬼」と化した家族から「喰われそう」になる。だが、妹一人だけは、完全に「鬼化」していなかったので、彼女を背負って主人公は故郷を離れる。

そして、「妹を正常に戻すため」。「鬼退治」のための修行を開始する。

spontaが観たのは、修行を終え、実践のために街に出るあたり迄である。


つか、そのあたりで嫌になって、観るのをやめた。


マイケル・ジャクソンは、ゾンビの話が好き。プロモーションビデオに採用し、世界的な人気を決定づけた。

「カメラを止めるな」も、ゾンビの話。低予算作品ながら、話題になり、ヒットした。


だが、spontaは、「ゾンビもの」が嫌いである。

その理由は定かではないが、「死者はリスペクトされるべきもの」という「人間としての自然な・素直な反応」に反するから。
理屈ではない。


17世紀フランス古典演劇理論の「ありえない」に反するのではない。

ファンタジーとしては、あっていい。「外的適合性」として、「死者へのリスペクトがない」という倫理観。「死者への恐怖」を「ゾンビの恐怖」に変化させていることに違和感がある。

アリストテレスのミメーシス理論の「現実のミメーシス(模倣・再現)」はともかく、過去の傑作のミメーシスという意味ではどうだろう。
「ドラキュラ映画」などが傑作として存在するのだろうが、不見識なspontaには語る資格はない。


posted by sponta at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | ドラマ・映画・演技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ファン
 メッセージを送る
 このブログの読者になる
 更新情報をチェックする
 ブックマークする
 友達に教える
RDF Site Summary
RSS 2.0