2007年07月11日

アマゾンで先行予約開始。

サイバージャーナリズム論が、7/15にソフトバンククリエイティブ出版から、ソフトバンク新書として発売されます。

hyousi_CYB.JPG

…んでもって、アマゾンにも登録されている。

なんとも、素直に嬉しい。



いままで、テレビ番組のスタッフロールに名前が載ったことは多々あったし、それなりの露出もあった。新聞や本に名前を引用されたことも少なからずある。

だが、今回の出来事は、情報加工者としての私ではなく、情報発信者の私としての署名。

ここにおいて、根本的に異なる。

勿論、今回においても、研究会におけるさまざまな指導や、編集者の介在がある。だが、提示した言論の核は、私のものであり、私以外に
、それを紡ぐことはできぬ…。などと、一人ごちてもみたい。

ぜひとも、購入して、読んでもらいたい。

執筆者の末席を満たすに過ぎぬ私の印税は微々たるもの。できれば、ここからのリンクでアマゾンで購入していただけると嬉しい。


否、そうではない。
2007年のインターネットとジャーナリズム。否、日本のメディアを知るためにぜひとも読んで欲しい。

2007年の言論の主流である歌川令三、湯川鶴章、森健、そして、佐々木俊尚氏の言論を網羅的に知ることができる。

そして、異端である私を対比できる。
こんな本はめったにない。

*

それぞれの世代と立場と言論はめいっぱいに広がって、大きな帆を掲げている。
その大きな帆に風を吹き込むのは、ほかでもない読者の方々である。

帆が高く掲げられるだけで船が進むのではない。
風を孕むことによって、船が前進するのである。

発売まで一週間を切った。

スポンタ中村は風が来ることを信じている…。

その風が、日本の航路を変える。
そのことを考えたら、アマゾンで買うことなどどうでもいい。
本屋で見つけたら、購入して欲しい。

そして、本屋になかったら、アマゾンで買って欲しい。

増刷されて100万部にでもなれば、世の中が変わっていく。
そう、信じている。

Cnn_Prix.jpg


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/47418194

この記事へのトラックバック
ファン
 メッセージを送る
 このブログの読者になる
 更新情報をチェックする
 ブックマークする
 友達に教える
RDF Site Summary
RSS 2.0