2020年02月20日

意味のないことを誇る人たち。(エリック宮代氏)

娘、エリック宮代氏と同じバスに乗り合わせる。

かつて二子玉川の駅で、エリック宮代(中高生トランぺッターのアイドル)を見かけたというから、

・歩いている時に、グルーヴしているか?

とメールしたら、

・していない。

と返事が来たのを覚えている。

渡辺貞夫が連れてきたアフリカ系のパーカッショニストが、演奏時ばかりでなく、日常でも「グルーヴしている」ことに起因する確認だった。


さて、就職した娘とは「会話することも、めっきり減ってしまった」が、突然、娘から、表題ことを話しかけられた。

娘としても、この話ができるのは、父親の私だけ。つーことだ。


さて、エリック宮代氏は、

・(トランペットの演奏で)ハイトーンを誇っている。

娘の師・日野皓正氏に言わせれば、

・技術的には凄いかもしれないけど、音楽的にはどうかな?

つーこと。

エリック宮代氏は勿論、彼のバンドもグルーヴしない。

ま、「あまちゃん」バンドもグルーヴしなかったし、スカバラも・・・。

そんなかんじ。


悲しい哉、世の中には「そんな意味もないことを誇る」愚者が多い。


先日、テレビ番組に出演していた小澤征爾氏のご子息・俳優氏が、

・父は早朝4時・5時に起きて勉強している。

とリスペクトしてみせる。

そんなこと、パン屋でも、豆腐屋でも、新聞屋でも当然のこと。

N響をボイコットされた理由が「タイム感の欠如」なのだから、そのための努力をすべきであって、早起きよりもすべきことがある。


国民的イケメン・木村拓哉氏は、現場スタッフの名前を全部覚えるのだとか。そんなことに神経をすり減らしているから、「演技力がない」と批判される・・・。

演技力とは、「セリフ・感情・動作」をアイソレーションすることである。これらを独立して自由に操れば、(ワンパターンな)「ちょっ待てよ〜」な演技など出るはずもない。


その他、

・年間○○本映画を観る。

つーふうに胸をはる人。

どのように鑑賞・解釈・読解・帰納批評したかが重要である。

・テキスト入力が速い。

と自慢する人。

書かれたテキストの「出来・不出来」が評価されるのであって・・・。


世の中には、グルマン(多食)を誇る人が多く、グルメ(美食)はわずかである。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ファン
 メッセージを送る
 このブログの読者になる
 更新情報をチェックする
 ブックマークする
 友達に教える
RDF Site Summary
RSS 2.0