2019年12月06日

黒沢映画「影武者」。勝新太郎の降板を思う。

私が今村昌平の映画学校に通っている頃、事件は起きた。

「座頭市」で圧倒的な存在感を示していた俳優・勝新太郎が、世界的映画監督・黒澤明監督のひさびさの大型映画「影武者」を降板したのである。

公開初日、日比谷映画に行ったのを覚えている。
一緒に言った彼女は、巷間絶賛されていた原田美枝子の芝居を「複式呼吸ができていない」と唾棄した。娘婿演じる根津甚八をなじる場面である。

私は彼女から、「俳優座的な詠嘆調の芝居」が、演劇関係者たちから批判対象であることを知る。
その典型が、代役・仲代達矢氏である。

ショーケンこと萩原健一のセリフが聞き取りにくいので、英語字幕版で観るのがベスト。なる感想もあったっけ。

ラストシーンは兵士や馬の屍と瀕死状態のショットだが、私は「ソルジャーブルー」を想起した。


「合戦の画面構成は完璧」だったが、そう思わせてしまうところが、「作品の不備」である。

マルセル・デュシャンは「私の意図が100%実現したら、それは芸術ではない」と発言している。彼は、小便器を美術展に持ち込み作品とした芸術家である。


「鬼の今平」に対して「蛇の浦山」として、浦山桐雄監督は現場に君臨した。作品名は忘れたが、主演する中学生の女の子のロングヘアーが、どのシーンでも「いっさい乱れていない」ことに違和感を覚えた。

メイクヘア係は「監督を畏れる」あまり、中学生の「髪の毛をとかし続けた」に違いない。

女優・吉永小百合嬢は浦山監督のデビュー作「キューボラのある街」の大ヒットで頭角を現した。テレビドラマ「夢千代日記」の映画を担当したのは浦山監督。晩年の浦山監督の注目作品とだろうが、小百合嬢は監督の演出方針を拒否する。
「濃厚な人間ドラマ」を嗜好する監督に対して、「凛として交わらない・汚されない人物像」こそ、夢千代に相応しいと(もはや中学生ではない)大女優は考えた。

映画に君臨するのは監督。浦山はそう考えたのだが、国民的な大女優の意見が通る。つか、テレビ台本を書いた早坂暁氏の脚本は吉永の意見に従っている。監督の本直しが成立しなかったのは、当然の成り行きといえる。


映画「影武者」を観た当時は知らなかったが、東宝映画と大映京都の違いもある。

・東宝では、撮影現場で一番偉いのは監督。

・京都では、撮影現場で一番偉いのは主演俳優。

京都の映画は、歌舞伎の伝統を引き継いでいる。歌舞伎の演出家は、主演俳優(座長)である。
京都のやり方でいえば、主演の勝新太郎が「自分の芝居を確認する」のは当然のこと。フィルムは(現像が必要)その場で見れないから、勝の現場では、いつもビデオをまわしていたのかもしれぬ。
とはいえ、それは黒沢にとって「演出権の侵害」。ありえない。


高倉健の後半の作品は、降旗監督ではなく、カメラマン・木村大作氏が現場を仕切っていたとか。

脚本は、プロデューサーと脚本家がつくりあげ、それを監督が最終オーケーを下すのが、一般的なやり方だと思う。

だが、プログラムピクチャーでなくなった「座頭市」映画の、製作・監督・主演は、勝新太郎がつとめている。脚本家はもちろん居て、台本もあったが、すべては、勝新太郎の即興台本・即興演出となる。

撮影の朝、共演の原田美枝子に「どこに行きたいか?」を尋ね、「海」といわれると日本海の海に向かい、「即興でドラマをつくった」。
脚本家は屈辱を感じたが、できあがったドラマの濃密さには舌を巻いた。


現代において、モーツアルトの楽曲は「譜面通りに演奏する」のが常識である。カデンツァでも、過去の名演をなぞるのが当然。
だが、ご本人・モーツアルトは「演奏のたびに、自由に変えていた」。つまりは、「楽譜に縛られた演奏」は好まなかったという。

・本番のために準備をするのが「用意」。

・本番の状況により臨機応変に変えるのが「卒意」。

黒澤明監督は、「用意」の人。
一方、勝新太郎は、「卒意」の人。

である。


バーンスタインは、

・音楽は「演奏家と観客の間」で起きる

と言った。
同様に、

・演劇の感動は「俳優の生理とは異なる」

と、私は指摘することで、黒澤明監督の側に存在したい。


【構図】

黒澤明:
・用意
・東宝映画のディレクターシステム
・原典主義

勝新太郎:
・卒意
・大映京都の伝統(主演者が演出する)
・即興演出

posted by sponta at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | ドラマ・映画・演技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ファン
 メッセージを送る
 このブログの読者になる
 更新情報をチェックする
 ブックマークする
 友達に教える
RDF Site Summary
RSS 2.0