2019年10月15日

日本ラグビーの躍進を思う。

ツイートした。
#ラグビー日本代表 #清宮副会長 #拡散希望

「外国人選手が過半」のため、日本代表ではないとの批判がある。
そこで、日本ラグビー協会はマスコミ報道各社に、「日本代表選手を紹介する時は、所属チームをテロップせよ」と要請すべき。
次回の南アフリカ戦まで。トップリーグの繁栄のために!


ラグビーの大躍進は、日本の高校ラグビー・大学ラグビー・社会人トップリーグの勝利だと思う。

なによりも、中心選手を年間240日間、代表合宿に貸し出した「日本トップリーグ」の所属チームたちの英断は、賞賛されてよい。

さらにいえば、日当1万円で1日4回の猛練習を許容し、耐えた選手たち。グラウンドの選手は同然だが、最終メンバーに残れなかった選手たちにも、惜しみない賞賛を贈るべきである。


「大会スポンサー、番組スポンサーへの配慮」もあるだろうが、選手紹介のテロップぐらい「なんとかなる」はず。

ラファエレティモシー選手にしたって、風貌は日本人とはかけ離れている(ニュージーランド出身・サモア生まれ)が、山梨学院大学、コカ・コーラ、現在は、神戸製鋼である。

われらがキャプテン・リーチマイケルは、札幌山の手高校、東海大学、東芝。

それら、高校・大学・社会人チームの関係者を賞賛するためにも、字幕での紹介は有効である。

ま、ちと、大相撲の力士紹介のアナウンスのようでもあるが・・・。

posted by sponta at 08:47| 東京 ☁| Comment(0) | ネットウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ファン
 メッセージを送る
 このブログの読者になる
 更新情報をチェックする
 ブックマークする
 友達に教える
RDF Site Summary
RSS 2.0