2019年10月14日

日本代表のラグビーを「武士道ラグビー」と名付けよう。(その4)

ブレイブブロッサム(勇敢なる桜の戦士)というのが、日本チームの別名だが、フランス代表の「シャンパンラグビー」にならって、日本チームの戦い方を「武士道ラグビー」と名付けたいと思う。

では、「武士道」とは何か?

簡潔にまとめたいと思う。


武士道の精神をマトメると以下。

・正義に殉じる。(我が身も惜しまない)


「武士道のカウンターカルチャー」を提示すると、わかりやすい。

・「勝利第一主義」
     〜武士道では、「勝ち負け」にこだわらない。

・ズルをしてでも「勝つ」。
    〜武士道では、「名誉」を第一に考える。

・「自分のサバイバル」にコダワる。
    〜武士道では、「自分の命にコダワる」のは見苦しいと考える。


上記は、「ラグビー精神」と親和性が高い。つか、ほとんど同じ。

サッカーでは、「マリシア(ズルガシコい)」が求められるが、ラグビーではありえない。PKをもらうために「ダイビング」や「わざと大げさに痛がる」など、日本人には馴染めない。

隣国では、「審判の買収」でサッカーチームが勝ったり、スケート選手が金メダルを獲っても、社会から批判されぬよう。

だが、「武士道」が国民に浸透している我が国では、ありえない。


日本代表がオールブラックス・ジュニアに勝利した1970年代。大西鉄之祐コーチは、「接近・展開・連続」という戦術を立てたとか。

当時の私は、ラグビーには、「前へ」の明治、「バックスによる展開」の早稲田という二つの選択肢しかなかいと考えていたが、そうではなかった。

つか、今思えば、「フォワード戦で勝つため」のフィジカル。そして、豊富なサインプレーによる「バックスでの展開」をハイブリッドすることが、日本チームが「勝利するための王道」である。

今回、ジェイミー・ジョセフが加えたのは、アンコンストラクション(混沌状態)における「選手の自由な発想によるプレイ」。

・命を賭けて戦う。(献身)

それは、

・一期一会。(今、この時を大切にする)

でもある。


一生懸命(一所懸命)などというイジマシサはない。
この記事へのコメント
武士道1から4まで何度も通読させていただきました。
とても爽快な気持ちになっています。
中村様のブログを通じ、日本人とは何者か?を理解し始めた気がします。
そして自分が日本人であることが誇らしいです。
いつもありがとうございます。
Posted by at 2019年10月14日 06:29
コメントありがとうございます。勇気づけられます。



アメリカでは、「原住民の文化伝統が、アメリカの精神になること」は、ありえない。
のに、
日本では、縄文(先住民)の「自給自足的スピリット」が、弥生(侵略者)によって、「引き継がれた」。

オーストラリアでは、現地人を全滅させたが、ニュージーランドは現地人の文化を取り込んだ。だから、ワラビーズはウォークライをしないし、ハカにも否定的である。

そして、痛快なのは、オールブラックスがワラビーズよりも強い事実。



一方の日本。
芸術では「もののあわれ(無常)」が第一。「人間の感情」は第二。
生きている人の感情よりも、先祖や土地への感謝が先行する。



嘉納治五郎の「自他共栄」の精神が、世界柔道では未完成(篠原選手に勝ったフランス選手は自らを告発しない)なのに、ラグビーでは完成している。
貴乃花光司氏が、大相撲で達成しようとしたけど、モンゴル勢に阻まれ、未完成に終わったのに、ラグビーでは完成している。

結局のところ、英国連邦の人たちの「帝国主義」への反発というエッセンスがなければ、「自他共栄」の精神は実を結ばなかったということでしょうか。



日本チームも、試合前に「横綱の土俵入り」をやってはどうかしら・・・。
Posted by spt at 2019年10月15日 10:53
興味があれば、

カテゴリー「この国のかたち」
にある、「この国のかたち」の一連の記事(12本)をお読みください。
Posted by spt at 2019年10月15日 18:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ファン
 メッセージを送る
 このブログの読者になる
 更新情報をチェックする
 ブックマークする
 友達に教える
RDF Site Summary
RSS 2.0