2019年10月06日

河村市長「天皇の写真をバナーで燃やす作品をやるのは考えられない。これが表現の自由?」


というのは、個人の主観の表出であり、説得力に欠ける。


あるべきは、

「天皇の写真を燃やす作品」は、「日本の公序良俗に反する」と分析すること。

公序良俗とは、公共の秩序と良好な風俗のこと。

つまりは、トイレでちんこを出してもよいが、道端でちんこを出してはいけない。法律違反でもあるが、公序良俗に反する。
もちろん、道端といっても、旦那氏の恐喝が話題のジェシカ嬢のことではない。

この記事へのコメント
テレビのニュース番組で、文化庁の補助金を給付しないとの判断にアンケートをしていた。賛成が40%台、反対が30%台。

これは、主観批評。つまりは、テレビの洗脳によって影響される。客観批評ではない。

あるべきは、評価基準を使った客観批評なんですよね。
Posted by spt at 2019年10月07日 19:22
5ちゃんのコメント

昭和天皇のお写真を燃やして踏みつけたり、特攻隊の若者が最後に書き残した寄せ書きを
「間抜けな日本人」
とか言って侮辱した展示内容が十分に報道されていたら、46%なんて数字では済まなかっただろうね

ま、そうだと思う。
Posted by at 2019年10月09日 09:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ファン
 メッセージを送る
 このブログの読者になる
 更新情報をチェックする
 ブックマークする
 友達に教える
RDF Site Summary
RSS 2.0