2007年07月06日

「きっこの日記」とスポンタ通信の違い。ステークホルダーとルサンチマンを越えて…。

一世を風靡した「きっこの日記」に何らかの意味で、民主党が絡んでいることは、衆知のことだろう。

私のブログをブックマークしてくださったが、「きっこの日記」ブックマークされている。

「きっこの日記」に久しぶりに行くと、久間防衛大臣の「しょうがない」発言に関連して、安倍政権を批判している。
「しょうがない」発言の背景については、池田先生が詳しく述べていらっしゃるので、それを参照すれば、理解が深まるに違いない。



私が、民主党に関して指摘することはひとつ。

一神教のアメリカでは、二大政党制が機能したが、多神教の日本では二大政党制は似合わない。
第一党は、政権を担当することで求心力があるが、第二党には、求心力はない。そこで、「寄せ集め」の批判をさけるためマニュフェストを作成する。だが、そのことが一層、党としての散文化を印象付け、有権者の信頼を失い、党員たちの求心力を弱める方向になる…。

彼ら民主党員たちはわかっている。
マニュフェストを出すことは、党の求心力を弱める方向にしか機能しないことを…。

だから、仕方なく、党を唯一結束される思想である「政権奪回」を連呼する。
結果、国会は、法案審議の場ではなく、政権奪回のツールと化す。



今回の久間防衛大臣の「しょうがない」発言も、民主党寄りのマスコミが、ありふれた分脈から特定部分を切り取って指弾したに過ぎない。

「しょうがない」発言の背景がありふれたものであったから、久間大臣は、当初、発言を訂正しないという態度を示した。

だが、だが、である。

野党各党は、これをツール化し、選挙が近いことを匂わせ、更迭を要求した。

自民党としても、実は、これは願ったり叶ったり。
久間「しょうがない」発言により、年金記録抹消問題に関する批判言論が希釈されたのである。

テレビ報道では、更迭された数人の大臣が存在したことで、安部内閣の覚束なさを印象づけているが、そうではないだろう。

内閣の構成員をアジャストすることによって、安倍内閣の本体は揺ぎ無くなっている。

被批判者を処分することは、ある意味、批判のガス抜きである。だが、民主党はガス抜きでしかない処分を、自分たちに風が吹いてきたと勘違いをする…。

そういう構造がある。



さて、「しょうがない」発言がありふれたものであることは、池田先生に指摘されているので、私は言うことはない。

問題は、久間発言の批判者が、久間氏との対話を行なっていないことである。

テレビ報道を見る限り、ワンコメント・ジャーナリズムが跋扈している。

きっと新聞などでも、特定のステークホルダーにまみれた、一切の総合・統合・触発に関連しない言論が吐き出されているのだろう。

ワンコメント・ジャーナリズムは、ピンポンダッシュと同じ。

「馬鹿」「アホ」「マヌケ」「やめちまえ」「死んじまえ」と、基本的に等価である。

その言論は、ひとつの方向性は示しているものの、ほとんど感情情報であり、理知的な言論ではない。

あるべきは、久間氏と批判者が言論を戦わせる・対峙させる。
そういう対話を行なうべきであったのである。

池田先生が、ホンダ議員と同様に、原爆批判言論を日本人が展開すべきというのは、当を得ているだろう。

広島の原爆慰霊碑の文言に、納得できぬ池田氏…。同感である。



だが、だがである。

久間「しょうがない」発言は、年金記録紛失事件の情報を希釈するために、重要な機能を果した。
ならば、久間氏には、感謝の意味をこめて、退場していただく。

それが安倍首相の現実的な対応ではないかと思っている。



「きっこの日記」が、どのような意図において、運営されているのかは分からない。

ただ、女性の運営者の主観をメインに出して言論するというスタイルをとっていることは、感情に押し流された言論を提出しがちである。

だが、その一方で、リビドーの発露にすぎぬ言論を批判から遠ざける演出でもある。

*

私は、インターネットにおける理知的な言論とは、「言論本体とステークホルダー、ルサンチマンを分離すること」だと、継続して主張している。

その意味で、私は、「きっこの日記」と、対極にいる。

そして、蛇足ついでに言うならば、現場でおしゃべりばかりしているヘアメイクは嫌いである。

07sponta
posted by sponta at 09:30| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ネットウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
ファン
 メッセージを送る
 このブログの読者になる
 更新情報をチェックする
 ブックマークする
 友達に教える
RDF Site Summary
RSS 2.0