2019年07月08日

田中みな実嬢の「危険な発言」。


私には妙なところがあって、彼女のような「自爆的なキャラ」の女性が嫌いではない。というか好みである。

さて、先日、興味があるので、ニュースサイトで、ふと見たら、こんな発言をしたのだという。

・私。性的にはかなり「しっかりしていて(尻軽ではないという意味?」。「彼氏やそうなってもいい人」としか、「夜ご飯」にはいかないんで
す。

ふむ・・・。

こんなことを言う女性は困る。

食事と房事を、過度に意味・関連づけてしまう。


そういえば、サッカーの左サイドバック氏と結婚した彼女は、出会った合同食事会の帰り道、イタリア・セリアAの所属選手が、夜道に危なっかしさを感じたので、「僕についてきてください」と言った。

俳優・唐沢氏に、「彼女は本物(= イかれているとの意?)」と形容された若手女優嬢は、それを「結婚してください」の意味だと勘違いする。

人生とは分からないもので、彼女はその後、彼と交際し、ゴールインする。

猿顔で小男。髭面の彼だが、サッカーの世界で知らぬ人はいない。年収は億を越える。そんな彼を彼女は射止めたのである。


TBSアナウンサーの安住紳一郎氏は、自宅にテレビを並べ、「全テレビ局のオンエアをすべて同時に見ている」と明かしている。

それを知ったフジテレビのアミーゴ・アナは、「それをテレビで公開している時点で駄目」と、容赦がない。


彼氏に求められれば、「自宅で水着で過ごしても良い」と明かす田中嬢。

彼女に素敵な男性が現れ「幸福な家庭を築けること」を祈っている。

だが、「彼女を幸福に導く」ような男性は、「自宅で水着で過ごすこと」を望むような個性ではない・・・。

posted by sponta at 00:00| 東京 ☔| Comment(1) | メディアウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
つか、彼女の論理なら、「一緒に食事をする」なら、「性交に同意」したことになる。

彼女の思いは、「同性たち」を窮地に落とし込む。

彼女の感性が同性たちに「嫌われる」理由である。
Posted by spt at 2019年07月10日 06:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ファン
 メッセージを送る
 このブログの読者になる
 更新情報をチェックする
 ブックマークする
 友達に教える
RDF Site Summary
RSS 2.0