2019年07月03日

日本映画テレビプロデューサー協会会長にコンタクトする。EPAGOGIX


コンタクトするといっても、コミュニケーションルートがないので、「令和時代の映画ドラマの評価法」の営業書類一式を送付しただけである。


この協会には、ちょっとした縁がある。

協会のホームページには、

昭和61年(1986)には催物委員会初の試みとして「ザ・ヒットメーカー'86」が開催されました。これは、前年度各ジャンルにおいてヒットを飛ばしたヒットメーカーを協会員の投票によってノミネートし5〜7人を選んで顕彰すると同時にパネルディスカッションを行うというものです。初回は伊丹十三、ジェームス三木、林真理子、野田秀樹、川崎徹、司会に筑紫哲哉などの組み合わせが新鮮であったことから好評を博し、以後同委員会の目玉催物として毎年継続開催されています。


とあるが、

私の記憶では、登壇した伊丹十三氏は「映画業界の市場サイズは豆腐業界と同じ」なる奇天烈発言し、この会合の権威が決めかねた黒澤明監督の御曹司は、ジーパンの上にタキシードを羽織るという出で立ちだった。

私は、日活映画「ハレンチ学園」の監督がつくった会社の社員だったので、会場(東京会館)の誘導係をつとめていたのかもしれぬ。あまり記憶はないが、どちらにしても「ツカイッパシリ」。
客でさえなかった。

そして、今も、無名のまま・・・。





営業ツールとは別に、手書きの一筆箋を同封したのは、以下。

ATP会長 木田幸紀様

インターネットで木田会長がEPAGOGIXに興味をお持ちを知り、コンタクトしました。
本企画は、膨大なデータベースを必要とするE社のAIと異なり、人間による形式批評により、「客観的で、妥当性のある作品評価」を実現するものです。
広告宣伝の影響が大きく、真正な品質の評価が難しい現在、業界をあるべき道に導く唯一の方法
と思い、失礼とは存じつつ書類を送付致しました。
ご興味がありましたら「スポンタ」で検索していただけると、詳しい情報や私へのコンタクトが可能です。
                                  
                            SPONTA中村

※ EPAGOGIXとは、ハリウッドが導入している、作品の評価システムである。詳細は知らぬが、「巨大なデータベース」を使って、作品を評価するらしい。


EPAGOGIXの特徴。

脚本評価データの原点は、創業者であるNick Meaneyの大学時代の友人とその仲間(Epagogixでは敬意を込めてMr.ピンク&ブラウンと呼ばれている)が作った、脚本そのものを要素単位で分解し、それをさらに大まかなテーマ別に振り分けた映像の百科事典的データベースにあるようだ。より詳しく記述されている部分を一部、抜粋して翻訳しよう。


各映画の興行収入データに比べ、このように機械学習で使える脚本の細かく、正確な評価データを入手・構築することは容易ではない。Epagogixが実際に、過去何作品分の脚本解析データを持っているかは公表されていないが、創業者の友人がその基礎を作った脚本評価のデータベースと、過去10年近くの事業で蓄積してきた映画脚本の評価データとその興行収入結果は、この事業の参入障壁となっている。



BS.CS放送の番組表を見れば、韓流ドラマに対して、日本のドラマの劣性は顕著である。

その理由は、日本のドラマが、モダニズム幻想(オリジナル幻想)に囚われて、過去の作品に学ぶことをタブーにしているから・・・。

古代ギリシアのミメーシス芸術観に従って、業界を再構築すべきである。

・・・なんだけど、業界全体に影響力を行使するには、このレベルの団体のトップダウンでしか、「ありえない」(権威の無い人間が、現行を否定すれば、反発or無視されて終了)

そんな感じ。

木田さんは、大河ドラマ「独眼竜政宗」の演出家で、現在、NHKの専務理事という雲の上の方。

コミュニケーションが成立するとは、思えないが、NHKに向けても、営業書類を送っておこう。
(-_-;)


※ こんな図を描いた。






私の企画は「現場の人たち」を否定するものであり、木田氏が会長を務めるような団体でしか、「容認できない」から、「反発を食らう」だけである。

尚、本企画は、娘との共同研究。

卒論としての体裁を整えるために、放送大学・青山昌文教授の美学・芸術学の講義を視聴し、古代ギリシアのミメーシス理論、ディドロ、17世紀フランス古典演劇理論に出会うことができた。

つまり、娘がいなければこの企画は終結していない。
感謝しなければならない。
posted by sponta at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | 公開メール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ファン
 メッセージを送る
 このブログの読者になる
 更新情報をチェックする
 ブックマークする
 友達に教える
RDF Site Summary
RSS 2.0