2019年05月25日

相撲協会の判断は正しかった。(栃の心の勝ちに物言い)



相撲協会に、抗議の電話が殺到しているとか。

しかし、この映像。

相撲協会は正しかった。

つか、ビデオ判定も万能ではないことを知らせる、一大事だった。



だが、このような明白な映像が出ても、いっさい論点を変えない発信者5ちゃんねるに多い。

ということは、彼ら発信者は、

・真実を追求すること。

を目的に発信しているのではなく、別の目的で発信していることは明らかである。

勿論、それは、

・日本人の自尊心の崩壊と、

・コミュニティーの求心力の低下。

つまりは、

戦後、日教組を通じて、義務教育の場で、自虐史観を植え付けられたのと同じことが、いま、ウェブで展開している。



posted by sponta at 09:54| 東京 ☀| Comment(0) | ネットウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ファン
 メッセージを送る
 このブログの読者になる
 更新情報をチェックする
 ブックマークする
 友達に教える
RDF Site Summary
RSS 2.0