2019年04月29日

TBSプレバトが凄い。


というのも、

テレビというジャンルの人たち を、一流の人たちに出会わせているから。

これにより、

「芸能人俳句王」的な人たちが、俳句界につながっていく、デビューしていく。

このあたり、夏井いつき嬢の凄さ・やさしさと思える。


カラオケ歌唱番組や、ピアノ対決番組など、芸能人をキャストした技能才能検証番組が多々ある。

だが、番組で優勝したからって、一流とはいえぬ。そんな「引きこもり系」番組がほとんどだが、「プレバト」では、審査員に、毎日俳句大賞の審査員をキャストして、春の特番を組んだ。

芸能人と対するのは、県立松山東高校。正岡子規と高浜虚子の母校であり、俳句の全国大会の常連校の文芸俳句部の精鋭たちだった。


ポストモダンのspontaが、夏井嬢をリスペクトするのは、形式批評(評価基準を明確にした評価)をしているところ。

この回でも、私にとっては「雲の上の、そのまた上の人」と評する三人の大先輩の俳人(宇多喜代子、井上康明、高野ムツオ)たちの奔放な発言たちを解説するとともに、大いに楽しんでいた。

この大御所審査員のキャスティング。夏井嬢の意見が大手をふるったに違いない。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ファン
 メッセージを送る
 このブログの読者になる
 更新情報をチェックする
 ブックマークする
 友達に教える
RDF Site Summary
RSS 2.0