2019年04月17日

要約・古代の宇宙人。ピラミッドはエネルギーの受信施設だった。


ヒストリーチャンネルの「古代の宇宙人」を継続してい観ている。

このシリーズのもとになったのは、エーリッヒ・フォン・デニケンの著作「未来の記憶 : 超自然への挑戦 エーリッヒ・フォン・デニケン著 松谷健二訳 早川書房 1969年 (ハヤカワ・ライブラリ)である。



原題は、「チャリオット・オブ・ゴッド?」。

つまりは、聖書関連図案に描かれている「神の戦車」に疑問符をつけたもの。

デニケンさんか問題提起したのは、「神々」が万能なら、空中浮揚・空間移動のために「戦車」など必要ないこと。

キリスト教系の学校に通っていた彼は、教師・牧師に自分の意見を述べると、エノク書(古代においては、聖書のひとつだったが、のちに異端として排除された文書)を読むことを進められる。

スイスのホテルの支配人になった彼は、「未来の記憶」を出版し、スイス・ドイツだけでなく、アメリカでも大ヒットし、研究活動・著述活動を経て、今日にいたる。


哲学の本質は「存在論」と「処世論」。

「存在論」という意味で重要である。

ニーチェが「神は死んだ」と宣言したのも、存在論に関連して。この言葉は、キリスト教が「この世界の存在」を規定していた時代が終焉したことを象徴している。

近代という時代は、「我思う、ゆえに、我あり」という「人間の思惟」を存在の起点とした時代。ハイデッガーなどの実存主義とは、「思索を突き詰めていけば、存在が証明される」という学派。西田幾多郎の絶対矛盾的自己同一も同じ立場。

だが、そのような「認識論」では「存在を証明する」には至らぬ。それが、フランス現代思想の結論。

フランス現代思想は、「思考」から「言語」。「言語」から「メディア論」・「形式論・メタ論」へと進んだが、主観の限界に諦観する。

本居宣長が古事記の研究をしたのは、「存在論」を気にしてのこと。

「何故、私たちはここにいるのか?」の問いは根源的。

その意味において、「古代の宇宙人」シリーズは、単なるSF番組の範疇を超えて、きわめて重要である。


この番組が他のSF系番組と異なるのは、「現代の価値観」と異なる説を堂々と打ち出していること。

凡庸な番組では「信じるか、信じないかはあなた次第です」とナレーションされるが、この番組では「古代宇宙人説では、こう考える・・・」として、シーンが始まっていく。


古代宇宙人説の本質を要約すると、以下。


生命の起源は、巷間知られている「地球の歴史」だとしても、人類の起源には「地球外生命体」が介在している。

「地球外生命体」による遺伝子操作または異種交配によって、人類が創生された。(神話に描かれている神々とは、地球外生命体のこと。アヌンナキという巨人がそのひとつ)

地球の人類は4度壊滅している。4度目の壊滅が、旧約聖書に「ノアの箱舟」として記述されている。


余談だが、西洋の神話において、「巨人」は邪悪な存在。

にもかかわらず、東京を本拠地にするプロ野球チームが、それをニックネームにしていることは、野球がアメリカが仕組んだ「陰謀」と無縁ではないことを暗示している。



第42話、古代の発電所。

こんな説をspontaは知らなかったので、以下に要約して提示する。

・交流電流が採用され、エジソンよりも優れていることを示した二コラ・テスラは、無線送電装置を構想した。だが、彼は実現途中で死す。享年86だが、彼の死には陰謀説がある。


・地球には、定在波というエネルギーがある。ワールドグリッド・レイラインというのは、その脈路である。

レイラインの交差点が、いわゆるパワースポットとなる。

・エネルギーの受信システムが、ピラミッドやオベリスク。

・発電所のひとつがモヘンジョダロの遺跡。

モヘンジョダロの遺跡から見つかった人骨から放射線が検出された。遺跡から発見された陶器はガラス化しており、原子力爆弾でようやく到達するような高温で焼かれたとの説がある。

一方、この番組では、原子力発電所のメルトダウンによると断定する。



従来、ピラミッドは王家の墓とされてきたが、玄室(王様の棺が安置される部屋)は盗掘されたから何もなかったのではなく、最初から何もなかったと、番組は結論する。


なかなか接しえない情報なので、ここに記述した。


spontaの立場は、「古代宇宙人説」は、「パラサイト型スピリット」の起源であって、それは、弥生文明の起源のひとつかもしれぬが、縄文スピリットの起源ではないとする。

「古代の宇宙人」シリーズでは、「石器文明」に興味が深いが、日本民族は長く「土器文明」であった。

土器文明な「自給自足系のスピリット」は、石器文明な「パラサイト系スピリット」に凌辱・侵食されてきた。
ヒストリーチャンネル「古代の宇宙人」シリーズは、spontaの確信を深めてくれる。




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ファン
 メッセージを送る
 このブログの読者になる
 更新情報をチェックする
 ブックマークする
 友達に教える
RDF Site Summary
RSS 2.0