2019年04月06日

「中高年のひきこもり、61万人」。その原因は・・・。


中高年ひきこもり61万人以上 「ネット、ゲームやらない」初調査でわかった“イメージ”と異なる実態
 内閣府は29日、中高年で“ひきこもり状態”にいる人が全国で61万人を超えるとの調査結果を発表した。
 若年層を対象にした過去の調査でひきこもりの長期化が確認されたことから、政府は中高年を対象にした調査を初めて実施。この結果、全国の40〜64歳の男女で、推計で61万3000人が“ひきこもり状態”にあるという。15〜39歳が対象の2015年調査に比べ、中高年の方が7万人以上多く、男女比は4分の3以上(76.6%)で男性が多かった。
 「ひきこもり」の定義は、自分の部屋からほぼ出ない、外出は趣味の用事や近所のコンビニへ行く程度などの状態が、6カ月以上継続した人のことを指す(仕事をしている人は除く)。
ひきこもりの期間は、「3年以内」が27.7%で「3〜5年」が21.3%、「10年以上」が17%で「30年以上」も6.4%いるとされる。きっかけは、「退職」が36.2%で、「人間関係」「病気」がともに21.3%、「職場になじめず」が19.1%など。若年層は「学校」がきっかけとなりやすいのに対し、中高年は「職場」が多い。
また、普段利用しているものについて、「携帯電話での通話」はひきこもりが53.3%でそれ以外が84.4%、「携帯電話でのメール」はひきこもりが36.2%でそれ以外が66.6%、「ウェブサイトの閲覧・書き込み」はひきこもりが14.9%でそれ以外が22.6%、「SNSの閲覧・書き込み」が10.6%でそれ以外が13.3%と、ひきこもり状態の人の割合のほうが低かった。
ドラマなどで描かれがちな、「暗い部屋でパソコン画面に向かう」といったひきこもりのイメージ。BuzzFeed Japan記者の神庭亮介氏は「社会と繋がれていない、繋がる相手がいないからこそ孤立して、SNSに書き込みをしたりネットを閲覧したりする人が少ない」として、「(ひきこもりに)抱いているイメージを変えなければならない」と指摘する。
さらに深刻化しているのが、高齢の親(80歳)がひきこもりの子ども(50歳)の面倒をみる「8050問題」。神庭氏は「今回の調査で問題の根深さが浮き彫りになった。今のひきこもりの支援は“就労支援”が主だが、20〜30年と長期に渡ってひきこもり状態の人にいきなり『外に出て働け』と言うわけにもいかない。就労支援以前の、ワンクッション挟んだ支援が必要なのではないか」との見方を示した。
 中高年ひきこもりのきっかけとなっている「退職」。神庭氏は、クビや派遣切りにあった人も含まれているのではないかと指摘。「一度退場を余儀なくされてしまった人が、再チャレンジできるような仕組みづくりが必要」とも述べた。


引きこもりの原因は明確。

モダニズムの世界観、人間中心主義・主観論である。



人間も、動物である。

それを、モダニズム世界観(近代主観主義)は否定する。

人間の自我は尊く、絶対的である。と。


間違った育て方をされた犬は、「無駄吠え」・「噛みつき」になる。

「間違った」を具体的に言うと、「毎日、散歩に連れていく」、「遊んでやる」。そして、飼い主に愛された実感を与えた上でのしつけ。待て・お手・お代わりなど。

犬の幼少期である一定の期間に、それを行わないと、その後の修正・矯正はほとんど不可能である。
人間も同様。

ただし、女の子は猫的なので、間違った子育てをされても、危険は少ない。

問題は、男の子である。


spontaの理論に何の問題もなく、妥当性は高いが、近代主観主義と真っ向から対立するので、巷間、無視されている。

東儀秀樹氏が、自分の息子に「理不尽な経験をするから、同年代のこどもたちと遊ばせない」という育児書を書き、出版されたが、もっての他である。

幼児期に理不尽な思いをして「耐性」を身に着けられなかった男児は、「引きこもり」になる可能性が高い。


人間は、万能感(自分が一番)を持って生まれる。

それを「うまく挫折させてあげる」のが、子育ての要諦。

兄弟がいれば、万能感の当然のように、兄弟によって挫折させられる。

武道などで、負けることを経験することも効果的である。


つまり、「自分が一等賞」なる場を妨げる兄弟や、「自分が一等賞」にはなりえない集団活動の経験がないなら、男児が「ひきこもり」になる可能性は高い。


レポートでは、暗いところでパソコンを見ているという「引きこもり」のイメージは低いと指摘するが、当然のこと。

「引きこもり者」は、両親に噛みつき、無駄吠えをするのだ。

posted by sponta at 00:00| 東京 ☁| Comment(1) | メディアウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
自分が勝てると思ったら、家庭内暴力。

自分が負けると思ったら、引きこもり。



「引きこもり者」の行動原理はわかりやすい。
Posted by spt at 2019年04月06日 05:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ファン
 メッセージを送る
 このブログの読者になる
 更新情報をチェックする
 ブックマークする
 友達に教える
RDF Site Summary
RSS 2.0