2019年03月22日

イチロー選手は、花相撲をしなかった。


イチロー選手は、今年のキャンプで結果がでなかったので、引退を決意して、この二連戦に臨んだと引退会見で明かしている。

もっとも、オリックスで一緒だった、というか、イチロー選手の風よけになるために、パンチ佐藤と命名されたパンチ氏は、引退試合になることは、1年前からわかっていたが、それをいえない事情があったと推察した。

通常のパターンなら、シリーズの優勝チームが決まった日程消化試合で、引退試合が行われたり、オープン戦で引退試合が行われたりするが、真剣勝負の公式戦・開幕戦で引退する。それも、引退を宣言せぬまま、試合に臨んだ。

大相撲では、引退を決意した力士は、本場所の土俵に臨んではならぬという、掟があるが、今回のイチロー選手も、引退試合という「興業試合」・花相撲を選択しなかった。

それが、アスリートとしての王道を歩んできた彼の本意である。


イチロー以前の名選手・名監督たちは、本を読んだり、禅僧などの講話を受けて、自己啓発をしてきたと思うが、イチロー選手は、自らの思索で、「自らのスピリット」を築き上げてきたと確信する。

アメリカでは、イチロー選手は、野球というジャンルを越えた名声を得ているというが、日本においても、野球、スポーツを越えて、人間形成という意味でも、「素晴らしい」。その一言に尽きる。

・貴乃花光司氏の角界引退。

・イチロー選手のMLB引退。

このふたつの事象は、何故か、関連づけられる。

相撲道・野球道・・・。

1本もヒットがなかった開幕戦。
それができなかったのが、叶わなかった。

これこそが、イチローの野球の本質(打てた3割よりも、打てなかった7割に価値を求める)を表現している。



posted by sponta at 12:00| 東京 ☁| Comment(0) | メディアウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ファン
 メッセージを送る
 このブログの読者になる
 更新情報をチェックする
 ブックマークする
 友達に教える
RDF Site Summary
RSS 2.0