2019年01月20日

青山学院・原監督は大勝利。



正月恒例の箱根駅伝は、往路が東洋大学が優勝し、総合優勝は東海大学。

総合優勝のタイムは新記録。区間新記録も沢山出た。

青山学院は昨年よりも速いタイムでゴールしたが、3大駅伝制覇の野望は絶たれ、復路優勝。総合2位と面目を保った。


原監督は、ぼくらのライバルは、「サッカーや野球」。

運動能力の高いこどもたちを陸上競技に迎えることを目標と公言する。

その意味で、ここ数年の青山学院の一強時代から、東洋大学・東海大学・青山学院大学の3大学が鎬を削る状況。
そして、新・山の神は、法政大学の選手な状況は、「駅伝界・マラソン界の底上げ」がなされたといって良い。
posted by sponta at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | メディアウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ファン
 メッセージを送る
 このブログの読者になる
 更新情報をチェックする
 ブックマークする
 友達に教える
RDF Site Summary
RSS 2.0