2018年06月28日

ワールドカップを変えたのは、VAR


VARとは、ビデオ・アシスタント・レフェリーのことである。

いままでのレフェリーは、試合の進行を見ながら、「不公平感のないように笛を吹く」。
そんな感じだった。

だが、ビデオを観て、チェックする人たちがいることで、「審判が勝負を調整しない」試合が多くなった。
そこにこそ、ビッグネームが負けたり・・・・。ということが起きていると感じている。


クラブワールドカップで、鹿島アントラーズが、レアルマドリードに負けた試合は、まさに、「開催国枠で出場した日本」が優勝すると、「クラブワールドカップの価値がなくなる」。
そんな審判の意図で、アントラーズが負けたと記憶する。

だが、VARがあれば、そんなことは起きないのである。
posted by sponta at 16:59| 東京 ☀| Comment(0) | メディアウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ファン
 メッセージを送る
 このブログの読者になる
 更新情報をチェックする
 ブックマークする
 友達に教える
RDF Site Summary
RSS 2.0