2018年05月18日

サッカー協会会長・田嶋氏は間違っていない。


ハリル監督の解雇につき、「コミュニケーションに若干の不備があった」と、解雇理由を公開した田嶋会長に批判があがっている。

直近の2試合で「ワールドカップに出場できなかった国」に勝たなかったことを理由にすべき、と。


私は、第一声として、

・「敗戦の責任をとって、辞任してもらう」

と発言し、時が経ってから、

・「選手とのコミュニケーションがうまくいっていなかった」

と発信すべきと考えた。

だが、それは間違い。田嶋会長が正しい。



「練習試合の結果を理由に、代表監督を更迭する」という前例を作ってはならない。
それが前例となれば、
「練習試合に結果」が求められ、「新人選手の起用」ができなくなる。


それにしても、私が中学生の頃、隣町の浦和市の高校生たち(浦和南、浦和西、浦和市立)が、サッカーで全国大会を席巻していた。

その時のスター選手たちが、日本サッカーの中枢を占めているのは、痛快である。
posted by sponta at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | メディアウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ファン
 メッセージを送る
 このブログの読者になる
 更新情報をチェックする
 ブックマークする
 友達に教える
RDF Site Summary
RSS 2.0