2017年08月29日

メディアゴンに記事が掲載される。

日本放送作家協会の理事さんがやっているサイトから原稿依頼がきたので原稿を送ると掲載された。

http://mediagong.jp/?p=23633

http://mediagong.jp/?p=23707


投稿者の自己紹介には次のように書いた。


マスコミが「ネガティブ情報&比較情報」を発信・流通できない現状に嘆き、ウェブからのイノベーションを模索している。
テーマは「プロフェッショナルの暗黙知の形式知化」「形式批評(評価基準を明確にした吟味)」。




「利他的」であることを条件に記事を書いてきたが、閲覧者はどう感じているだろうか。中学時代の親友は「お前って奴は、昔から変わらず・・・」と私を罵倒したから、「利他的な自分」に酔うための振る舞いでしかないのかもしれぬ。

昔からの友人と絶交した私だが、このブログを一ヶ月ほど休稿すると、誰かから「読んでますよ」と励ましのコメントをいただくので、諦めずに続けている。

・・・はてさて。

人気番組の放送作家をつとめてきた方がやっているサイトだから、執筆者も有名な方ばかり。難解な執筆動機を書いた自己紹介が果たして理解されるのだろうか・・・。
posted by スポンタ at 00:00| 東京 ☁| Comment(5) | ネットウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
スポンタさんにメジャーデビューして頂きたいとずっと思っています!これからも頑張って下さい!
Posted by 支持者 at 2017年08月27日 07:34
コメントありがとうございます。嬉しいなぁ。

でも、私の人生は、なかなかそういうふうには動いていかないんですよ。(-_-;)

「誰かに見つけてほしい」と思っているんですが、そういう人に限って、「警戒されてしまう」。自分が食われてしまうかもしれない。と。

私は、実力不足だから、世の中に出れない。そう思っていたんだけど、カミさんは、「あなたは嫉妬されたのよ・・・」と言う。

自分を過大評価する訳にはいかないから、同意はなかなかできないんだけど、そういうこともあるのかと、考えてもみる。

つか、フジテレビのドラマ班や、倉本聰に噛みついているのだから、無名の私は、支援者がないなら、明確に「潰される」。
それが必然。

…なんて、絶望している昨今です。(-_-;)
Posted by at 2017年08月27日 07:44
・・・というか、支持者さま。

最近の私のブログの記事。おもしろいですか?

本質的なことを書こうと思っているのですが、最近は、ドラマの話題が多いし、それもかなり、テクニカル・・・。

苦悶しています。
(-_-;)
Posted by at 2017年08月27日 07:47
面白いです!
でも学がないので具体的にどこがどう面白いかを表現できません(泣)
その代わりに申し上げられることとしては

インフルエンザにでも罹患しない限り、毎日欠かさず拝読してます。

そして今思うこと。

中村さんは全てを信念や確信に基づき堂々と書かれている。

でも

論議を仕掛けられてるメジャー側?に、それを受け止める覚悟がないから基本的に黙殺されている。

中村さんは、しばしば「反論をお待ちしている」と堂々と発信してるのに。

しっかりとタイム感を持ちグルーブしながら、かかるストレスを刻み続けてます。

中村さんから名指しで挑戦されてる各位
気づかぬふりはやめて、己の信念に基づき中村さんを論破しにかかれよ。

あんたら音楽愛してるんだろ?
Posted by 支持者 at 2017年09月14日 23:02
久しぶりにコメント。嬉しいです。

上野耕平さんから返信は来ません。しかし、この問題はとっても重要です。

レイドバックという手法があって、簡単に言うと、後ノリなんだけど、これが山田和樹的なクラッシックの手法だとできない。

だけど、アランフェス協奏曲の二楽章の冒頭のギターのフレーズは、これがないと絶対に音楽にならない。

彼らは、後進の人たちのことを考えないのだろうか。



結局のところ、私は、最後まで書きすぎる。だから、反論の余地がない。

そういうことなんだと、反省しています。

コメントありがとうございます。

とっても嬉しいです。
!(^^)!

Posted by at 2017年09月16日 14:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ファン
 メッセージを送る
 このブログの読者になる
 更新情報をチェックする
 ブックマークする
 友達に教える
RDF Site Summary
RSS 2.0