2017年03月30日

多様性を結びつけるコミュニケーションをほめられた娘。

娘のゼミの「追い出しパーティー」のビデオを観た。

教授のコメントは、聞き取りにくかったが、「多様な人材を結びつけるコミュ二ケーションをした」と、賞賛されたのだという。

娘は偶有的な出会いに恵まれていて、なかなか知り合いになれない人たちと友人になっている。
彼らとの難しいコミュニケーションをなんとか繋いで、彼らをゼミに紹介する。彼らも教授のすばらしさを納得し、同じゼミで2年を過ごした。



煎じ詰めれば、人生のほとんどは「人と人の出会い」によって、大概が決まってしまう。
どんなにすばらしい人であっても、「人と知り合うこと」ができなければ、実力は発揮できない。

人付き合い下手な私を反面教師にして、娘が成長してくれたことを誇らしく思う。

posted by スポンタ at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | スポンタと娘…。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ファン
 メッセージを送る
 このブログの読者になる
 更新情報をチェックする
 ブックマークする
 友達に教える
RDF Site Summary
RSS 2.0