2017年02月14日

若手女優の突然の芸能界引退について…。

今回の件とは、まったく関係なく、具体的な事実だけを指摘しておく。



基本的に、霊視で見える世界は、この世界と同じということである。

つまり、始めて訪れた「過去の世界」で、人々は胸に名札をつけているのではない。したがって、映像としては見ることができても、それが誰なのかは、なかなか分からない。
テレパシーでコミュニケーションをとっても、相手が、自分の名前を偽らないかどうかは分からない。

とすれば、霊格の高い人物を名乗る人がいたら、疑ってみる必要がある。何故なら、霊格の高い人は、「名乗ることで、自分の優位性を誇ろうとはしない」から。

つまりは、私は霊界で、キリストに逢った、釈迦にあったという人がいたら、まず、疑ってみるべき。
というか、キリストが実在したか、釈迦が実在したかさえ、実は疑わしい。


シャーマンたちに限らず、歴史的事実は必ずしも過去の事実とは限らないのであって、その意味では、霊感のある人が語る文言が歴史的な事実と符合するなら、疑ってみる必要がある。



そのような現実?を踏まえていれば、おかしなことにはならない。
posted by スポンタ at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | メディアウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ファン
 メッセージを送る
 このブログの読者になる
 更新情報をチェックする
 ブックマークする
 友達に教える
RDF Site Summary
RSS 2.0