2016年10月07日

映画「ジャッジ」を観た。満点の作品であった。

CATVで録画してあったので、観た。
何の問題もない作品である。喜劇だから、巷間の評判が上がらなかったのか、と思った。
だが、アマゾンの批評を観ると、まったく評価しない人が多いので驚く。


http://movies.yahoo.co.jp/movie/%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%83%E3%82%B8%EF%BC%81/346663/

人間というものは、「分からないもの、知らないもの」に対して、自らの劣等感から高く評価してしまうものである。

したがって、定石・王道を凡庸と見間違がえて、低評価する。


SNSに評価を書きこむような、自己主張をしたい人たちにとって、「謎」なさすぎる分かりやすい映画は…。



「君の名は。」「シンゴジラ」。
SNSの評価や、マスコミの宣伝を信じて行くと、落胆することになる…。
posted by スポンタ at 04:58| 東京 ☀| Comment(0) | メディアウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ファン
 メッセージを送る
 このブログの読者になる
 更新情報をチェックする
 ブックマークする
 友達に教える
RDF Site Summary
RSS 2.0