2016年07月12日

石田純一氏の立候補したいって…。

ラジオを聴いていたら、友人のタレントが、彼は読書家だから、俳優よりも、政治家のほうが向いているかもしれない…。と、発言していた。

しかし、本で読んだことを実行するだけで、政治家として成立するはずもないだろう。

単純というか、直情というか…。



さて、彼は、「不倫は文化である…」との発言で有名だが、純潔教育・不倫批判・一穴主義は、日清日露戦争の頃、「徴兵された時に、妻が浮気する」と心配するなら、徴兵拒否につながりかねないため、巷間、純潔思想を広めたのであって、日本古来の文化ではない。

石田純一氏は、レヴィ・ストロース的な文化人類学の本を読んだことがないのかもしれぬ。
男女の関係、夫婦の関係は多様であり、不倫などという一言で批判できるようなものではない。

彼のような単純・直情な人は、テレビ的であり、魅力的でもあるが、政治的な手腕があるのかどうか…。

posted by スポンタ at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | ネットウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ファン
 メッセージを送る
 このブログの読者になる
 更新情報をチェックする
 ブックマークする
 友達に教える
RDF Site Summary
RSS 2.0