2016年04月20日

お台場のテレビ局。

お笑い芸人が、「嫌いなら、観なくていい」と発言したテレビ局について、古い先輩が、「局舎をお台場に持って行ったのが、原因」と、分析した。



つまり、「わざわざお台場にやってきてくれた人(自分たちのファン)」しか、相手にしていない。ということか。

街中に会社があれば、「社会と折り合いをつけながら経営していく」。しかし、地域社会と隔離された場所では、「理想を追求できる」のかもしれないが、「社会性は欠如していく」のだろう。



「理想と現実」という言葉があるが、それは、対立概念ではなく、「理想は現実とともに語られなければならない」。もしくは、「理想を持ちながら、現実に対応しなければならない」ということか…。
posted by スポンタ at 06:57| 東京 ☀| Comment(2) | リアルウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ウチの上司は取引先に一切顔を出さずにひたすら事務所の中で理念理想を語り続け、現場感覚を失くしてしまっています。
あ、でもそれならそれで、上司の神輿を担いで取引先の面前に引っ張り出すのは部下の役目、今日も1日頑張ります。
Posted by 痛勤快速車内にて拝読 匿名ご容赦下さい at 2016年04月20日 07:58
通勤の電車の中で、こんな無名ブログを読んでいただけているなんて、感激です。

😊

あなたに勇気づけられて、今後も記事を書いていきます。
ありがとうございました。

Posted by at 2016年04月23日 21:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ファン
 メッセージを送る
 このブログの読者になる
 更新情報をチェックする
 ブックマークする
 友達に教える
RDF Site Summary
RSS 2.0