2013年06月17日

コンフェデ、日本・ブラジル戦に思う。

引き分け狙いではなく、堂々と勝ちに行った試合だったと思う。
その結果が3-0であって、能天気に点を取りに行ったら、6-0だったかもしれない。

すべては試合冒頭に、ブラジルに点をとられた時点で崩壊した。ラテンな人達は乗せてしまったら、疲れを感じない。とすれば、日本人のコアコンピタンス(相手に勝てる要素)である持久力も有効に機能しない。



1点目は、フルショットのキックが2発続いた相手のスーパープレーだから仕方が無い。
2点目は、日本のゴールキーパーの凡プレーである。
3点目にはじめて、自力の差が出た。最終バックスのコンマ何秒かの諦めが、相手のシュートの正確さに影響したことを反省すべきである。



当然のことながら、本大会では、ブラジルには引き分けを目標に作戦を組むべきであり、引き分けを目標にしてこそ、偶然や奇跡で勝利することができる。

では、どうするか。といえば、メンバーの再編成。

昨日の私は2ちゃんねるのコメントなどを見ていたが、結論は二つ。



精神的な支柱として有効な役割を果たすのが本田だけでは物足りない。そこで、強烈な精神の柱として、田中マルクス闘莉王を参加させればいい。

さらに、スーパーサブとして、永井謙佑を呼ぶことだろう。彼が足が速いだけで、個人技が下手でもかまわない。彼が犬のようなチェイスをすれば、状況は変化するし、ダミーとして走るなら、個人技は必要ない…。



当たり前のことをしていたら、世界を驚かすことはできないし、せいぜいベスト16とまりだということが、今回の戦いでよく分かったと思う。
さて、どうするか。
このままでは、ドイツのジーコジャパンと同じ結果も予想できる。当時の中田英寿のような立場に、本田がなっていると推測する。
本田の眼の病気も心配だから、闘莉王の参加は必須と考えるのだが…。

posted by スポンタ at 20:12| 東京 ☀| Comment(0) | ウェブメソード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ファン
 メッセージを送る
 このブログの読者になる
 更新情報をチェックする
 ブックマークする
 友達に教える
RDF Site Summary
RSS 2.0