2012年03月18日

アニメ「バクマン」が停滞している…。

漫画雑誌出版界の漫画のできるまでをリアルに描いているので興味を持ってNHKのアニメ「バクマン」を観てきたが、このところ面白くない。



具体的にいえば、

・作品論的なものを主人公たちが議論するばかりで、そこにドラマタイズしようという意図がない。(「漫画の理屈」を提示するばかりで、それが物語になっていかない)
・当然の立場で、当然のことを言うキャラクターばかり。(予定調和)
・女性キャラは、男の子をやさしく見守る/応援する。というような、男性の理想タイプのぶりっ子的行動ばかりしている。
・ドラマを避ける。(当事者同士が直接対決しない…)
・その言い訳とでもいうような、わざとらしいドンデン返し的な展開。(ストーリーのキャラクターによる反射/変容/予想外の展開がない。)

漫画の作法をテーマにしている作品が、ドラマ作成上の明確な瑕を持っているのは、皮肉というか…。

さらにいえば、その作品論的なものも、還元主義的なもの/論理的帰結であって、もっと作家論的に創造していかないと、作品はおもしろくなくなることが分かっていない。

*

そもそも、多様な作品を同一軸で批評しあうことに無理がある。
(一時期は、ストーリー漫画とギャグ漫画の対比/対照があったが、最近は捨象されている。)



先日、理想の時間を与えられるTBSの番組で、ナイツの漫才を見たが、その漫才の中盤では、わざとボケないという挑戦があった。その漫才では、ボケないのは、フリになっていて、それが最後のオチにつながっていくという演出であった。
ポケないところを、つっこみが、「これで○分間、笑いがありませんね。これでいいんでしょうか」と突っ込んで、笑いを誘う。だが、「バクマン」には、それさえない。

個人的な感想をいえば、「漫才で感心させてどうする…」。な、感じなんだけど、挑戦/新機軸という意味では、おもしろかったかな。と、思い肯定的に立場。



「バクマン」に限らず、最初はおもしろかったけど、途中からダメ/おもしろくなくなってしまう作品は多い。

「けいおん!」なども、その類で、アニメの最初の数回は、すこぶる面白かったが、回が進むにつれて、ストーリーの進行感もなくなり、単にだらだらと、その世界観を楽しむようなものになってしまった。
軽音楽部の漫画だけあって、オープニングとエンディングのバンド演奏も魅力だったが、それも、技巧的な曲に走りすぎて、アマチュア音楽家には演奏しにくいものになってしまった。
私などは、西武ライオンズのテーマソングを思い出した。曲としてはいいのだろうが、松崎しげるが歌うハイトーンな曲は、応援席の誰も歌えない。
ださいけれど、スワローズの東京音頭のように誰でも歌えるのがよい…。

ハイトーンがいい、刻んだリズムのほうがいい。というのは、安直な選択だということを制作者たちは分かっていない。

*

アニメの冒頭は世界観を出すために、疾走感があるが、ひとつの世界観が出来上がっていくと、その疾走感/進行感はなくなり、一気にドラマは停滞する。そこで、ねちねちと同様な世界を繰り返していく…。そういう演出が、所謂オタク系のファンの支持を得るのだろうか。

だが、それは「マニエリスム(様式趣味)」というものであり、ジャンルとしての袋小路に迷い込んだようなものではないか。と、私は思っている。



ところで、読者の側は越えていて、こんなまとめサイトがあった。

http://ansaikuropedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%82%AF%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%80%82

その先に行きついた…。

ヤンデレ。

http://ansaikuropedia.org/wiki/%E3%83%A4%E3%83%B3%E3%83%87%E3%83%AC

ツンデレ

http://ansaikuropedia.org/wiki/%E3%83%84%E3%83%B3%E3%83%87%E3%83%AC

読者・視聴者の集合知に、作家・編集者たちは太刀打ちができない…。



追記:
韓流ごり押しが話題になっているが、TBSの午前中の「私に嘘をついてみて」は、1、2話を観たところ、取り立てた破綻はない。

http://contents.innolife.net/listd.php?ac_id=3&ai_id=12031

日本のテレビ局は外来因子に侵食されおかしなことになっているとウェブは騒いでいるが、日本のドラマ界もその影響下にある。…などと、思ってもみないことを考えてしまうのは何故?
posted by sponta at 08:20| 東京 🌁| Comment(1) | メディアウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
アリストテレスのミメーシス理論、ルネ・ブレイの17世紀フランス古典演劇理論、T-メソッドにたどり着く前の私の思考です。
Posted by spt at 2020年03月31日 12:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ファン
 メッセージを送る
 このブログの読者になる
 更新情報をチェックする
 ブックマークする
 友達に教える
RDF Site Summary
RSS 2.0