2020年12月29日

「麒麟が来る」は、歴史を捏造している。(光秀はヒューマニストではない)

作家・堺屋太一氏は、「経済小説をなぞらえて、戦国を描くのもあり」と豪語していた。

休日を憩うサラリーマンが、「日曜8時の歴史ドラマで月曜からの仕事への触発とする」なんてことだろう。
続きを読む
posted by sponta at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | OZ評価 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ファン
 メッセージを送る
 このブログの読者になる
 更新情報をチェックする
 ブックマークする
 友達に教える
RDF Site Summary
RSS 2.0