2020年12月25日

M-1グランプリは改革が必要。(M-3000その2)

若い頃、演劇活動で同じ時を過ごしたことがある江戸はるみさんは、「オーディションによって、有名人になる」ことが期待できる「お笑い」の道にすすみ、NSCを経て、NTV「エンタの花道」でブレークした。
女優になりたかったが、父親の反対にされ、明治大学演劇学部に進学した。だが、そこは演技を勉強する学部ではなく、研究者として演劇を学ぶ学部だった。
卒業後の彼女は、文学座の研修所で学び、フリーランスで活動していた。私が出会ったのは、その頃である。

お笑いなら、オーディションを経て、有名になれる。一本立ち出来る。だが、それも、漫才に限っている。 (すばらしい)

今、実力でのし上がれるのは、文科系なら将棋ぐらい。歌のオーディションも、バンドのオーディションも有名無実。

・テレビ番組のオーディションも、Nizi-Uを除けば、ブレークしない。

その理由は、オーディションとは名ばかりの、プロダクションの新人プロモーションの場だったり、つか、何よりも、JYパークレベルの審査員がいないから。アメリカンアイドルのサイモン・コーウェルのような審査員(審美眼があり、プロモーション能力も高い)はいない。

かつてのつんく氏がそうで、モーニング娘。誕生させた。だが、秋元康氏は、歌ダンスの専門家ではない。
続きを読む
ファン
 メッセージを送る
 このブログの読者になる
 更新情報をチェックする
 ブックマークする
 友達に教える
RDF Site Summary
RSS 2.0