2020年11月11日

ヒットラーは薬物中毒だった。

ナショナルジオグラフィックの番組。

ベルリン陥落の直前に、(自決を決めた)総統から暇を出され、飛行機で海外に逃亡した主治医が残した処方箋が見つかっていた・・・。

当該医師はベルリンの富裕層に重用されていた町医者だった。評判を聞きつけた総統が呼び寄せ、(医者の常識では考えられない量の)痛み止め(麻薬)を処方することで、総統の信頼を得た。
続きを読む
ファン
 メッセージを送る
 このブログの読者になる
 更新情報をチェックする
 ブックマークする
 友達に教える
RDF Site Summary
RSS 2.0