2020年06月01日

明智光秀に思う「歴史学」。

歴史家の磯田道史氏が番組での発言。

・光秀の生誕地の候補は岐阜県に5カ所。滋賀県に1カ所ある。

磯田・歴史家は、

・(清和源氏の流れをくむ土岐一族を誇る)明智家にとって、滋賀在住は黒歴史(あってはならない)。

と解釈する。


NHK大河ドラマ「麒麟がくる」を観ていれば分かる。

・明智家は「京都に連なる名家・土岐氏」の流れをくむ名家。

土岐家が役職をつとめたのは「美濃」。
番組では、近江の琵琶湖東岸から書状が見つかり、明智家が光秀の祖父の代に「美濃から退き」当地に移り住んだとあった。

つまり、

・明智家は「美濃でしくじり」があり、土岐一族から排除され、近江に移住した。

光秀は信長の家来として名をなしたが、「土岐一族」という名門の出であることを誇示するため、「近江に生まれた」ことを隠したのではないか。と。

磯田・歴史家は、さらに

・光秀は「自己アピール」の上手な人物だった。

と推理する。
続きを読む
ファン
 メッセージを送る
 このブログの読者になる
 更新情報をチェックする
 ブックマークする
 友達に教える
RDF Site Summary
RSS 2.0