2020年02月23日

挟間美帆さんは「ジャズのターミネイター」である。

※ ターミネイターとは、「最終的に終わらせる人」の意味である。

挟間美帆嬢。


松田聖子の「ハートをロック」の歌詞で、作詞家・松本隆は、主人公をクラッシック音楽のコンサートに連れていかせ、

・「ビートがなければツマラナイ」

と嘆息させる。

クラッシックには「ビートがない」。

ロックには「ビートがある」。

ロックが耳に馴染んでいるヒロインには、「ビートがなければツマラナイ」。

松本作詞家の言葉を引用するまでもないが、「ロックの根幹」は「ビート」である。


では、ジャズでは・・・。

ジャズで一番重要なものは「スウィング」である。

スウィングを説明すると、音出しにおける「メトロノーム(タイム)からの微妙な乖離」。

スウィングとグルーヴは同義だが、コンピューターミュージックでは、グルーヴを生み出すために、「グルーヴ・クオンタイズ」というパラメーター(設定するための指標)がある。

「スウィングしなければ意味がないよ」というスタンダード・ナンバーをあげるまでもなく、「スウィング」はジャズ最大の魅力である。


だが、どうだろう。

直近のグラミー賞でノミネートされた日本人・挟間美帆嬢のジャズは「スウィング・グルーヴしない」。
続きを読む
posted by sponta at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ファン
 メッセージを送る
 このブログの読者になる
 更新情報をチェックする
 ブックマークする
 友達に教える
RDF Site Summary
RSS 2.0