2020年02月16日

岸博幸(元通産官僚)さんへの公開メール。(日韓コンテンツ事情)

はじめまして。「元官僚の映画&ドラマ振興政策」(ダイアモンド・オンライン)を拝見しました。

【私の属性】
・ブロガー: sponta中村「令和は新古典主義の時代」
・世田谷区在住・60歳。
・今村昌平の映画学校卒業生。(大河ドラマ「麒麟がくる」の脚本家・池端俊策氏の生徒)


【本メールの主旨】
岸博幸さん(慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科教授)の

ダイアモンドオンラインの記事(2020.02.14.6:00)

・韓国がアカデミー賞をとって日本がとれない「根本的な差」

の感想を明らかにします。
感想の結論は以下。


(コンテンツの)評価に「妥当性・一貫性」がなければ(市場は混乱し)、日本のコンテンツは低迷したまま。

*

岸さんの「社会的な存在感」によって、「この国をあるべき形に導く」ことができるなら幸いです。




〜〜ということで、岸さんあてのポストを探してみる。(-_-;)




///////////////以下、メール本文////////////////////////////////////////////////////////



続きを読む
posted by sponta at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | 公開メール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ファン
 メッセージを送る
 このブログの読者になる
 更新情報をチェックする
 ブックマークする
 友達に教える
RDF Site Summary
RSS 2.0