2020年02月14日

追悼、野村克也氏。ID野球とは、心理を探ること。

野村克也が逝去されて、知らなかったエピソードが明らかになってきた。

 日本シリーズの時、巨人の森昌彦捕手が西宮の野村氏(当時は南海)の家を訪れ、阪急の強打者・スペンサーに対する配球を朝まで議論したという。

 配球という「データ」の裏にある「心理」を分析し、対策を練った。

シンキング・ベースボールとは、「常に、考えること」。

だが、それが「結果に繋がらない」こともある。だからといって、「考えること」を止めてはならない。

「マー君、神の子、不思議の子」というのは、「勝ちに不思議の勝ちあり」であって、野村理論が成立しなかったことを表現しているに違いない。

 「直感に頼る」のは、(長島・王のような才能の塊)圧倒的な強者なら許されるが、弱者はダメ。

勿論、長嶋・王は「練習の虫」。心理戦を利用しなかっただけ・・・。
続きを読む
ファン
 メッセージを送る
 このブログの読者になる
 更新情報をチェックする
 ブックマークする
 友達に教える
RDF Site Summary
RSS 2.0