2020年02月07日

水越伸先生のマクルーハンの誤読。


#水越伸 #メディア論

東京大学でラベリングされた学者が、マクルーハンを誤読しているので、困ってしまう。
マクルーハンの

・メディアは、メッセージである。

の意味は、
メディアの「本質」は、

・「コンテンツではなく、メディアに現れる」。

との意味である。

それを、竹村健一氏は、

・メディアにはメッセージ性があるから価値がある。

と、テレビ登場期の「一億、総白痴化」の大宅壮一氏に反論した。


放送大学のメディア論の講師・水越伸氏は、
小説「高瀬舟」が、中学の教科書でも、電子書籍でも読めることを通じて、

・メディアによって、作品の伝わり方が異なる(多様性)。

と結論した。
続きを読む
ファン
 メッセージを送る
 このブログの読者になる
 更新情報をチェックする
 ブックマークする
 友達に教える
RDF Site Summary
RSS 2.0